mynumber1

マイナンバー制度が始まるまでもう少し。どうやら便利そうではある一方で、よくわからないから怖いと思う人もいるのではないでしょうか。

またマイナンバー制度が開始されると、私達の生活にどんな変化があるのか、どう便利なのかも気になりますよね。

これからの私達の生活に関わってくる「マイナンバー制度」いつから始まるのか、またそのメリットやデメリットなど生活への影響について調べてみました。

スポンサーリンク

マイナンバー制度とは?

一人に一つづつ番号が振り分けられる

イナンバー制度とは、国民一人ひとりに12ケタの番号が振り分けられる制度のこと。

この番号を持つことで、国が住所・氏名・現在の所得・年金や税金の状況を一括して管理出来るようになります。一方の私達も、この番号一つで書類手続きが楽になり、知りたい情報がすぐ入手できるようになるんです。

このマイナンバーは一生変わりませんし、またその人が死んだ後に別の人に割り振られることもありません。とても大切なものなので、個人情報と同じく、他人に知られないように気をつける必要も出てくるんですね。

mynumber2

マイナンバーの対象となる人は

マイナンバーの対象となる人は、現在日本国内に住民票がある人。まず、現在日本国内に住んでいる、日本国籍を持つ人はマイナンバーが貰えます。

次に、日本国内に在住していて住民票を持つ外国籍の人も、マイナンバーがもらえます。

逆に貰えない人としては、日本国籍を所持していても長く外国に滞在している人が挙げられます。住民票が日本国内にある人が対象となるので、ずっと日本に住んでいるならもらえると覚えておきましょう。

どうして導入することになったの?

マイナンバー制度が導入されることになった理由としては、各行政が持っている情報を一つにまとめるためです。

現在被保険者番号、運転免許番号、基礎年金番号などは、それぞれ担当する行政が国民に発行しています。これを一つの番号で代用出来るようになれば、管理する側も、番号を持つ側も楽になりますよね?

・・ざっくりとした説明ですが、このような考えからマイナンバー制度は導入されることになりました。

マイナンバー制度はいつから適用される?

mynumber3

通知は2015年(平成27年)10月から

マイナンバー制度は、順序を踏んで実施となります。まずは、2015年10月5日現在住民票のある国民に対して、住民票に書いてある住所へ郵送で通知されます

この時点で届くものは「通知カード」というもので、マイナンバーの他に住所・氏名・生年月日・性別などが印刷されたもの。

間違って紛失してしまうと大変ですので、届いたら、必要な時以外は持ち歩かず大切に保管しておきましょう。

なお「通知カード」は、身分証の代わりとしては使えません。その代わり、希望する方全員に顔写真とIC付きとなる、「個人番号カード(マイナンバーカード)」が発行されることになります。

こちらは15年10月以降から受付開始となり、16年1月以降に順次発行予定。自動的にもらえるものではないので、必要ならば必ず自分で申し込みましょう。初回の発行手数料は無料です。

運用は2016年(平成28年)1月から段階的に

マイナンバー制度の運用開始は、個人番号カードの発行開始と同じく2016年1月から

この時点で利用出来るのは、本人でないと出してもらえない書類や情報の確認。その後段階的に、行政間や金融機関などで情報共有が始まり、利用出来る範囲が拡大されていく予定です。

スポンサーリンク

マイナンバー制度のメリットや生活への影響は?

書類提出がとても楽に!

マイナンバー制度で私達が受けられる最大のメリットは、行政や金融機関などでの手続きが楽になること

マイナンバーで照合出来るのは、その人の住所や氏名・現在の収入状況や納税状況などです。

その為、「この書類と一緒に所得証明や住民票を添えて提出してください」という時に、とても楽になります。

現在は会社などから所得証明を発行してもらい、市役所へいって住民票を取得して…と手間がかかるもの。それが「書類+マイナンバー」だけで良くなるので、手間と時間の短縮に繋がります。

書類を受ける側もバラバラに管理されていた情報が、マイナンバー一つで一度に照合出来るのでとても楽に。時間がかかる書類提出や審査の時間が短縮されて、面倒な手続きもスムーズに行えるようになるメリットがありますね。

mynumber4

最終的には自宅にいながら

今後予定されている機能に、「マイポータル」というものがあります。

これはパソコンを利用して、自分の納税状況や健康保険の納付状況などを確認出来るようになるシステム

今までは税務署や年金事務所に出向かないと、これらの情報は教えてもらませんでした。それが自宅で確認が可能となり、あるいは印刷も可能となる事が考えられます。

機能が充実すれば、自宅のパソコンから各種申込みや書類提出も可能…なんてことも。セキュリティは大丈夫?といった課題はありそうですが、そうした問題がクリア出来れればとても便利になりますね。

マイナンバーの管理は厳重に

イナンバーは、名前や住所以上に、「自分自身」の情報が詰まった大切なもの

その為、行政側での管理体制も厳重となり、何重にも漏洩を防ぐシステムが構築されています。番号をもらった私達も、マイナンバーの管理は厳重に行う必要が出てきます。

マイナンバーを聞き出そうとする詐欺も発生する可能性はありますが、安易に他人に番号を教えてはいけません。万が一の場合に番号は変えてもらえるようですが、その前に悪用されてる危険は充分考えられますよね。

マイナンバーは便利な制度であるからこそ、各個人個人でマイナンバーの管理はしっかり行うようにしましょう