tsumayobikata1

あなたは女性配偶者を、人前ではどう呼びますか?

本当はきちんと名前などで呼びたいのに、ついつい「うちの」とぶっきらぼうに言ってしまう事も…。あるいは人前でどう呼ぶのが正しいのか迷ってしまい、つい言葉を濁すこともありませんか?

妻を表す言葉はいくつか有りますが、相手にも、自分にも、妻にも、失礼に当たらないように、状況によって上手に呼び方を使い分けたいものですね。そのためには妻の呼び方についての意味を知ることが大事です。

そこで、人前での妻の呼び方やそれぞれの違いについて、様々な角度からご紹介します。

スポンサーリンク

妻の呼び方について

女性配偶者を表す日本語は様々ですが、代表的な呼び方となると、「妻」「奥さん」「女房」「家内」「嫁」でしょうか。

実はそれぞれ意味が違いますので、その違いについて説明しますね。

tsumayobikata2

「妻」の意味は、女性の配偶者のことです。

実は「妻」という字は当初、「夫」という漢字を使って「つま」と読み、性別を問わず配偶者を表す言葉でした。それが時代を経て「妻」という漢字に変わり、女性の配偶者を表す言葉へと変化したんです。

なので、女性配偶者を「妻」とした時には、男性配偶者は「夫」とするのが正式なものとなります。

女房

「女房」の「房」とは部屋の意味で、元々は宮中に私室がある貴族女性に仕える女官を指す言葉でした。その為、特定の女性配偶者を指すのではなく、一種の職業として「女房」という言葉が用いられました。

この「女性一般を女房と表すこと」から転じて、現在では妻を指す言葉として定着したと考えられてます。

家内

「家内」の本来の意味は、家の中を指す言葉。

そこから、家にいることが多い女性配偶者を表す言葉となりました。

本来の意味から考えると、妻が専業主婦の場合に使うのが一番ふさわしいでしょう。ですので、妻も働いているのでしたら、家内は使うべきではないですね。

奥さん(奥様・奥方)

元々武家などの広い家の、入り口から少し奥まった所を「奥」と表現していました。そこから、人前に出ることの少ない、武士階級の配偶者のことを「奥様」「奥方」と呼びました。

なので、「奥さん」は自分の妻を表す言葉ではなく、知人の妻への丁寧な呼びかけとして使う言葉。自分の妻への呼び方としても使いますが、本来は違うという事を覚えておいたほうが良いでしょう。

実は「嫁」という言葉は、両親から見た息子の配偶者を差す言葉。更に細かいことを言うと、息子の配偶者が新婚の時に用いる言葉です。

現代では、配偶者を表す言葉として使われていますが、言葉に厳しい方が耳にすると不快に思う可能性も。そこまで気にすることはないかも知れませんが、念の為、気をつけたほうが無難でしょう。

スポンサーリンク

その他の呼び方について

その他の呼び方としては、「カミさん」という言い方があります。

これは女性店主を表す「女将さん」からきている言葉。旅館などでも使われますね。ですので、家で商売をしている夫婦の、妻を指す言葉として最適です。

気をつけて欲しいのが、「お母さん」「ママ」という言い方。
子供がいると、ついそう呼びかけてしまいがちですが、配偶者は母親ではありません

ママ友・パパ友同士なら良いのですが、きちんとした場でうっかり言わないように注意してくださいね。

状況別・妻の呼び方

tsumayobikata3

上司など目上の方の場合

職場の上司取引先、あるいはお世話になっている方の場合、「妻」とするのが無難です。

妻が専業主婦で、自分も相手も年齢を重ねているのであれば「家内」でも大丈夫。

女房や嫁ですと、夫婦関係において夫が上位に立っているかの印象を与える可能性もあります。人によってはこの点を不快に感じたり、逆に共感することもあるので注意しましょう。

同僚・知人などの場合

それなりにお互いを知る同僚知人の場合、こちらも無難に「妻」としておきましょう。

酒の席などの多少砕けた雰囲気であるならば、カミさん女房でも良いかも知れませんね。特にカミさんは、砕けつつも愛情が感じられる表現。愛妻家の側面がうまく相手に伝わりますよ。

親しい間柄の場合

気心のしれた友人・知人が相手でしたら、妻の名前も知っていると思います。
普段、家で名前呼びをしているのなら、そのまま名前で呼んでも大丈夫です。

男同士の飲み会で「カミさん」を使うと、惚気にも愚痴にも使えて意外と便利。もし表現に迷ったならば、やはりここも無難に「妻」としておきましょう。

愛しているからこそ

日本人は感情表現、特に愛情表現が下手だとよく言われます。夫が妻を表現する時に、上手く愛情を示せずに、ついつい偉ぶった言い方になってしまいがちです。

それが照れ隠しのつもりであっても、相手からしてみたら、夫婦関係は大丈夫なの?と不安に思えてしまいます。あるいは家で妻を蔑ろにしてるのではないかと、仕事上でも少々問題になってしまうことも。

相手によって使い分けることも確かに大切ですが、妻を愛しているのなら、それが感じられる呼び方を使うようにしたいですね