人前での妻の呼び方はどうしてる?奥さん?妻?嫁?女房?

| 生活・ライフスタイル | , ,

tsumayobikata1

あなたは女性配偶者を、人前ではどう呼びますか?

本当はきちんと名前などで呼びたいのに、ついつい「うちの」とぶっきらぼうに言ってしまう事も…。あるいは人前でどう呼ぶのが正しいのか迷ってしまい、つい言葉を濁すこともありませんか?

妻を表す言葉はいくつか有りますが、相手にも、自分にも、妻にも、失礼に当たらないように、状況によって上手に呼び方を使い分けたいものですね。そのためには妻の呼び方についての意味を知ることが大事です。

そこで、今回は人前での妻の呼び方やそれぞれの違いについて、様々な角度からご紹介します。

スポンサーリンク

妻の呼び方について

女性配偶者を表す日本語は様々ですが、代表的な呼び方となると、「妻」「奥さん」「女房」「家内」「嫁」でしょうか。

実はそれぞれ意味が違いますので、その違いについて説明しますね。

tsumayobikata2

「妻」の意味は、女性の配偶者のことです。

実は「妻」という字は当初、「夫」という漢字を使って「つま」と読み、性別を問わず配偶者を表す言葉でした。それが時代を経て「妻」という漢字に変わり、女性の配偶者を表す言葉へと変化したんです。

なので、女性配偶者を「妻」とした時には、男性配偶者は「夫」とするのが正式なものとなります。

女房

「女房」の「房」とは部屋の意味で、元々は宮中に私室がある貴族女性に仕える女官を指す言葉でした。その為、特定の女性配偶者を指すのではなく、一種の職業として「女房」という言葉が用いられました。

この「女性一般を女房と表すこと」から転じて、現在では妻を指す言葉として定着したと考えられてます。

家内

「家内」の本来の意味は、家の中を指す言葉。

そこから、家にいることが多い女性配偶者を表す言葉となりました。

本来の意味から考えると、妻が専業主婦の場合に使うのが一番ふさわしいでしょう。ですので、妻も働いているのでしたら、家内は使うべきではないですね。

奥さん(奥様・奥方)

元々武家などの広い家の、入り口から少し奥まった所を「奥」と表現していました。そこから、人前に出ることの少ない、武士階級の配偶者のことを「奥様」「奥方」と呼びました。

なので、「奥さん」は自分の妻を表す言葉ではなく、知人の妻への丁寧な呼びかけとして使う言葉。自分の妻への呼び方としても使いますが、本来は違うという事を覚えておいたほうが良いでしょう。

実は「嫁」という言葉は、両親から見た息子の配偶者を差す言葉。更に細かいことを言うと、息子の配偶者が新婚の時に用いる言葉です。

現代では、配偶者を表す言葉として使われていますが、言葉に厳しい方が耳にすると不快に思う可能性も。そこまで気にすることはないかも知れませんが、念の為、気をつけたほうが無難でしょう。

スポンサーリンク

その他の呼び方について

その他の呼び方としては、「カミさん」という言い方があります。

これは女性店主を表す「女将さん」からきている言葉。旅館などでも使われますね。ですので、家で商売をしている夫婦の、妻を指す言葉として最適です。

気をつけて欲しいのが、「お母さん」「ママ」という言い方。
子供がいると、ついそう呼びかけてしまいがちですが、配偶者は母親ではありません

ママ友・パパ友同士なら良いのですが、きちんとした場でうっかり言わないように注意してくださいね。

状況別・妻の呼び方

tsumayobikata3

上司など目上の方の場合

職場の上司取引先、あるいはお世話になっている方の場合、「妻」とするのが無難です。

妻が専業主婦で、自分も相手も年齢を重ねているのであれば「家内」でも大丈夫。

女房や嫁ですと、夫婦関係において夫が上位に立っているかの印象を与える可能性もあります。人によってはこの点を不快に感じたり、逆に共感することもあるので注意しましょう。

同僚・知人などの場合

それなりにお互いを知る同僚知人の場合、こちらも無難に「妻」としておきましょう。

酒の席などの多少砕けた雰囲気であるならば、カミさん女房でも良いかも知れませんね。特にカミさんは、砕けつつも愛情が感じられる表現。愛妻家の側面がうまく相手に伝わりますよ。

親しい間柄の場合

気心のしれた友人・知人が相手でしたら、妻の名前も知っていると思います。
普段、家で名前呼びをしているのなら、そのまま名前で呼んでも大丈夫です。

男同士の飲み会で「カミさん」を使うと、惚気にも愚痴にも使えて意外と便利。もし表現に迷ったならば、やはりここも無難に「妻」としておきましょう。

愛しているからこそ

日本人は感情表現、特に愛情表現が下手だとよく言われます。夫が妻を表現する時に、上手く愛情を示せずに、ついつい偉ぶった言い方になってしまいがちです。

それが照れ隠しのつもりであっても、相手からしてみたら、夫婦関係は大丈夫なの?と不安に思えてしまいます。あるいは家で妻を蔑ろにしてるのではないかと、仕事上でも少々問題になってしまうことも。

相手によって使い分けることも確かに大切ですが、妻を愛しているのなら、それが感じられる呼び方を使うようにしたいですね

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

簡単手作り♪可愛いイースターエッグの作り方をご紹介!

最近では、日本でも少しづつですが、 ポピュラーになってきたイースター。 かわいい小物を扱

記事を読む

とってもカワイイ!手縫いで作る簡単シュシュの作り方!

少し前に大流行したシュシュは、ヘアアレンジの定番アイテムとしてすっかり馴染んでますね。 日

記事を読む

加湿器の効果的な置き場所は?湿度設定はどれくらい?

空気が乾燥する冬は、お肌や唇が乾燥しがちでつらい季節でもあります。また空気が乾燥すると風邪を

記事を読む

2016年の祝日カレンダー一覧!今年は連休が少ない?

★2017年の祝日カレンダーと連休の特徴はこちら 新しい年が近くなるとそろそろ‥と

記事を読む

健康診断前日の食事メニューは何がいい?NGな食べ物は?

普段、健康には自信があるとしても、実はちょっとした異変が体内に潜んでいる‥といった可能性もあるかもし

記事を読む

ひんやり涼しい!アイスノンの効果と上手な使い方とは?

熱が出た時に、冷凍庫からアイスノンを出してもらった記憶はありませんか? 熱っぽい頭にアイスノン

記事を読む

お気に入りの花で作る!手作りプリザーブドフラワーの作り方!

定番のプレゼントである花束は、とても素敵ですが長持ちしない欠点がありますよね。また花粉アレルギーや香

記事を読む

リラ冷えとはどういう意味?その語源は?北海道以外でも使われてるの?

季節の移り変わりを表現する言葉は様々ですが、実は全国的でない言葉もたくさんあります。 例えば「

記事を読む

イヤーマフの防音効果は?商品を選ぶポイントと活用法!

日々の生活の中で騒音に悩まされることってありませんか? 掃除をしたり、洗濯をしたりする時に、

記事を読む

実は怖い!スマホ依存症の症状とは?原因と対策方法を紹介!

ゲーム・メール・LINE・ネット・電話など、スマホは便利で生活に欠かせないアイテムとなってい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

春一番の意味とは?気象庁の定義や名前の由来について

https://youtu.be/Urp6lWZ82io 天気の

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑