grapefruits1

グレープフルーツは、栄養価も高く、とても美味しい果物。

ですが、その一方で食べるにはちょっと面倒な果物でもあります。外皮が硬いですので、手でそのまま剥くことは出来ないものですし、皮を剥いてからも、中の小房も硬いので、食べにくいですよね。

特にグレープフルーツは皮を剥くのが面倒!という方は多いんじゃないでしょうか。できれば簡単に皮を剥けて、食べたいときにすぐ食べたいですね。

そんな方に教えたい、グレープフルーツの簡単な剥き方と美味しいレシピを紹介します。

スポンサーリンク

簡単にできるグレープフルーツの剥き方

grapefruits3

らせん式皮むき!

ナイフでグレープルーツの皮を剥くときは、「らせん」を描いて剥きましょう

剥き方の順番は、次の通りです。

1・頭とおしり部分を切り落とす
この時に果肉が少し見える位切り落とすのが、皮むきのコツです。

2・厚めに皮を剥く
果実を回しながら、らせんを描くように剥いていきます。白い部分が残らないように、実の部分まで厚く剥くのがここでのポイントです。

3・実にナイフを入れる
実と実の間の房部分にナイフを差し入れます。房の中心部までナイフしっかり通すと、実が取り出しやすくなります。

4・剥がすように押して実を取る
反対側の房へもナイフを入れ、一房づつ実を取り出していきます。

5.3、4を繰り返す
実を一つづつナイフで取り出していきます。実に種が残っていたら、取り除いて完成です。

全体的なポイントとしては、もったいないと思わず厚めに皮を剥くことです。少しぐらい実が削れてもいいや、位の気持ちの方がきれいに剥けます。

こちらの動画では、1分30秒ほどでグレープフルーツの皮を剥いています。慣れると、こんなに手早くできるようになりますよ。

□たかシェフのグレープフルーツの剥き方

グレープフルーツを茹でる!

ナイフで皮を剥くのは不器用で…という人におすすめしたいのが、一度茹でてしまう方法です。

方法はとっても簡単。

1.グレープフルーツが入る大きさの鍋にお湯を沸かします。
2.沸騰したら、その中にグレープフルーツを入れ、3分ほど茹でます。
3.氷水に入れて冷やします。
4.皮が柔らかくなるので、手で皮を剥いて実を取り出します。

茹でたら味が変わるのでは?と心配する方もいるかもしれません。確かに茹でると、独特の苦味と酸味が少し抑えられますが、その分普段より甘いグレープフルーツに変化します

これは苦味成分が、茹でたお湯に溶け出すからなんです。それでもグレープフルーツ独自の酸味と苦味は程よく残るので、しっかり美味しいんですよ。

栄養面でも、茹でる前とほとんど変わらないので、その点も安心してくださいね。

どうして茹でると皮が柔らかくなるのかというと、ペクチンという成分に秘密があります。

柑橘系に多く含まれるペクチンは、グレープフルーツの白い部分に多く含まれてる成分。グレープフルーツの皮が剥きづらいのは、ペクチンという成分がノリの役割を果たしているからなんです。

熱に弱いペクチンは茹でることで分解され、その結果、皮が剥がれやすく変化するんですよ。

スポンサーリンク

グレープフルーツ、おすすめレシピ

グレープフルーツの面倒な皮むきが簡単にできるようになってくると、食べる機会がきっと増えますね。

そのまま食べるのも良いですが、
ここでは、グレープフルーツを使ったおすすめのレシピを2つご紹介します!

grapefruits2

刺し身とグレープフルーツのカルパッチョ風

意外に思われそうですが、魚介類と柑橘系は味の相性が抜群

いつものお刺身にグレープフルーツを加えて、おしゃれなカルパッチョ風にアレンジします。

◎材料(4人分)
刺し身        2,3種類を1さくづつ
グレープフルーツ   1/2個
ベビーリーフ     1袋(50g)
玉ねぎ        1個(お好みで量を加減する)
グレープフルーツ果汁 大さじ1
オリーブオイル    大さじ1
黒胡椒(あらびき)  適量
塩(できれば岩塩)  適量

*刺し身は、鯛などの白身魚と、マグロ・サーモンなどの赤身魚を用意すると彩りが綺麗です。

◎作り方
1.グレープフルーツの皮を剥いて実を取り出します(らせん剥きの方法で)。
2.刺し身は薄切りにします。
3.玉ねぎは薄くスライスします。
4.玉ねぎを冷水に10分ほど晒して辛味を抜いてから水気を絞ります。
5.大皿にベビーリーフと玉ねぎを敷きます。
6.その上に、刺し身・グレープフルーツ・刺し身と、きれいに並べます。
7.皿全体にグレープフルーツ果汁・オリーブオイルをふりかけます。
8.黒胡椒・塩を全体にふりかけて完成。

食べるときは、刺し身とグレープフルーツを一緒に食べもよいですし、別々に食べても大丈夫。簡単なのに彩りが素敵なので、みんなが集まった時のメニューにおすすめですよ。

苦味がアクセント!グレープフルーツの砂糖漬け

グレープフルーツは美味しいけれど苦味と酸味が…という方におすすめのレシピです。

◎材料
グレープフルーツ  あるだけ
砂糖(グラニュー糖) グレープフルーツ1個につき大さじ1

◎作り方
1.グレープフルーツを茹でてから皮を剥き、実を取り出します。
2.フタ付きの容器に、グレープフルーツを並べ入れます。
3.その上にまんべんなく砂糖をふりかけます。
4.蓋をして冷蔵庫で1日置きます。
5.砂糖が溶け、水分が出たら出来上がり。

冷蔵庫で1周間ほど保存が可能なので、その間に食べきるようにしましょう。

そのまま食べても美味しいですし、ヨーグルトに水分ごと入れても美味しいですよ。容器に溜まった水分はグレープフルーツの果汁なので、そのまま飲んでも大丈夫。ちょっと味が濃いようなら、砂糖の入っていない炭酸で割るとサイダーになりますよ。

これなら毎日食べられる!

いかがでしたか?

グレープフルーツは、毎日でも食べたい美味しい果物だけど、あの硬い皮さえ簡単に剥ければ…なんて思っていた方もこれで大丈夫ですね。

今回ご紹介した、らせん状にナイフで剥く方法と、茹でてから剥く方法は、どちらも簡単に出来る方法ですので、あなたに合った方法で、ぜひ一度試してみて下さい。

また、剥き方によって少し味が変わるので、食べ方やレシピにあわせて使い分けると便利ですね。