土佐高知のよさこい祭り、2017年の日程や見どころ。駐車場は?

kouchiyosakoi2

近では全国各地で、「よさこい」と名前のついた祭りやイベント開催されています。

全国でよさこい祭りが見られるようになって忘れがちですが、何と言っても本家本元は、高知県の「よさこい」

その「高知のよさこい祭り」は、徳島の阿波踊りと並んで、四国では全国的に大規模で有名なお祭りです。

全国地方でこれだけ盛り上がってる”よさこい”ですが、本家である高知のよさこい祭りがまだの方はぜひ一度は見ておきたいですよね。

ということで、よさこい発祥地の地である高知の「よさこい祭り」、2017年の日程や、見どころ・楽しみどころ、そしてアクセスや駐車場情報などをまとめましたので参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

高知・よさこい祭り、2017年の日程

2017年のよさこい祭りは、8月9日から8月12日の日程で高知市の各所で開催されます。詳細は次の通りとなります。

kouchiyosakoi1

◎8月9日(水)  祈願祭・前夜祭

内容 場所 時間
祈願祭 中央公園競技場 16:30~17:00
前夜祭 中央公園競技場 17:30~22:00
納涼花火大会 鏡川河畔 19:30~21:00

◎8月10日(木)~8月11日(金・祝) 祭本番

内容 場所 時間
踊り 帯屋町演舞場 11:00~22:00
中央公園演舞場
市内各競技場・演舞場 12:30~21:30
追手筋本部演舞場(昼の部) 13:15~17:15
追手筋本部演舞場(夜の部) 17:45~21:30
柳屋演舞場(11日のみ) 18:30~21:30

◎8月12日(土) よさこい全国大会・表彰式・後夜祭

内容 場所 時間
よさこい全国大会オープニング 高知城 12:45~
よさこい全国大会 高知城・追手筋・帯屋町・中央公園 13:30~21:30
表彰式/よさこい祭り後夜祭 中央公園 18:30~22:00
よさこい全国大会フィナーレ 高知城 21:30~

スポンサーリンク

高知よさこい祭りのみどころ・楽しみ方

どこでもよさこい!

高知のよさこい祭りは、祭本番の2日間に注目です。

街中あちこちでよさこいの演舞が楽しめます。大きい会場はもちろん、ちょっとした街かどや駐車場も、よさこいの会場に大変身!

□高知よさこい ほにや (はりまや橋)

こちらは小さい会場の一つ、はりはま橋での演舞です。

200チーム以上が毎年参加するよさこい祭りは、会場はいくつあっても足りないほどなんです。

ですから、祭本番の2日間は、文字通り街がよさこい一色にそまります。チームごとの演舞の違いを楽しむもよし、チームを追いかけてあちこち移動するのも面白いですよ。

□十人十彩 高知よさこい祭り・本祭1日目(愛宕競演場)

こちらは、2014年の最優秀チームの演舞です。狭い路上でもこの迫力です!

よさこいの全国大会

各地で活躍するよさこいチームが本家本元の高知に集結して、統一ルールで演舞を競うのが全国大会です。

各地の精鋭が集結するため、演舞はどれもハイレベル。次々披露される演舞は、あまりの迫力に圧倒されることまちがいなしですよ!

東京・大阪・愛知などから、沢山のチームの出場が予定されています。中には祭本番には出場しないチームもあるため、貴重な演舞は見逃せませんね。

□十人十彩 よさこい全国大会 高知城会場

路上の演舞もよいですが、会場での演舞も迫力がありますね。

花火大会も見逃せない

大迫力なのは、よさこいの演舞だけではありません。

9日の前夜祭では、鏡川河川敷など3ヶ所で合計4000発の花火が打ち上げられます。

4000発と聞くと、普通の花火大会より規模が小さいと思うでしょうがそれは大間違い。打ち上げ花火に加えて、スターマインナイヤガラなどが楽しめ、よさこいの前夜祭を大いに盛り上げます。

よさこいではなく、この花火が楽しみという人がいるほどなのも納得ですね。

□高知市納涼花火大会 ダイジェスト

高知よさこい祭りへのアクセス

kouchiyosakoi3

公共交通機関でのアクセス

よさこいの開催中は、全国各地から約100万人もの人が訪れます。会場は高知駅から近いため、可能であれば公共交通機関で行く事をおすすめします。

遠方からの場合、羽田・伊丹・福岡の各空港から高松龍馬空港への便が運航されています。そして、空港から高知駅までは連絡バスが運行されています。

電車の場合は、新幹線などでまずは岡山駅へと向かい、特急で瀬戸大橋を経由して高知駅を目指しましょう。

車でのアクセス

車で行く場合、岡山方面からでしたら、山陽自動車道の倉敷JCから瀬戸大橋を経由して高松自動車道・高知自動車道。

大阪方面でしたら、山陽自動車道・三木JCから神戸淡路鳴門道で淡路島を通り抜けます。淡路島を抜けたら、徳島自動車道・高知自動車道を利用し、高知市内へと入ります。

どちらのJCからも所要時間は4時間前後となりますので、出発地から選ぶと良いでしょう。

おすすめの駐車場は

車deトレインを利用して

高知へ車で行きたい場合、問題は駐車場をどうするかですね。

ホテルに連泊予定ならホテルの駐車場を利用するのが確実ですが、1泊だとそうも行きません。またよさこい会場の影響で交通規制もありますので、なかなか駐車場に辿りつけない可能性だってあります。

そこでおすすめしたい駐車場の一つが、
「土讃(どさん)線の後免(ごめん)駅の駐車場」
です。

ここでは、「車deトレイン」という制度があり、事前予約すればこの駐車場が使えます。後免駅から高知駅までは5駅ほどと、それほど離れていませんので上手く活用したいですね。

 *車deトレインの詳細は こちらで確認下さい。

駐車料金が1日2000円と少々高めですが、渋滞に巻き込まれることを考えれば安いもの。事前申込みが必要なのと、駐車台数がかなり少なめなので、早めに予約して下さいね。(既に満車の場合はご了承下さい)

故郷の迫力を楽しんで!

全国各地のよさこいも迫力満点ですが、高知のよさこいは本家の迫力と意気込みが違います。派手な衣装も賑やかな音楽も、全てはここが原点なんだと納得できる迫力ですよ。

その上で改めてほかのよさこいをみると、その違いと地域ごとの特色が楽しめることまちがいなし。

ぜひ一度高知まで足を運んで、よさこいの故郷を体験してくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

成田山節分会2017の日程とアクセス情報!芸能人ゲストは?

節分には、大きな神社やお寺などで、有名人が豆まきをしている映像が流れることがありますね。 中で

記事を読む

水郷潮来のあやめ祭り。2017年の見頃・開花時期はいつ?

何かと忙しく時間に追われる現代、たまにはゆっくり休みたいですし、のんびりと過ごしたいですよね

記事を読む

熊谷うちわ祭、2017年の日程と見どころ!交通規制は?

祇園祭と言えば京都の祇園祭が有名ですが、実は全国各地で祇園祭は行われていることをご存知ですか?

記事を読む

雪と氷の祭典!札幌雪祭り2018年の日程と見どころ!会場へのアクセスは?

雪が降る季節、代表的なお祭りと言えば、北海道の札幌市で冬に行われる「さっぽろ雪まつり」です。

記事を読む

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれていることがあります。 そんな

記事を読む

浅草神社の三社祭。2017年の日程や見どころ!交通規制は?

祭りと聞くと、どの様な光景が浮かびますでしょうか? 法被(はっぴ)を来た威勢のよい男集

記事を読む

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。 そんな神戸で見逃せないイベント

記事を読む

浅草ほおずき市の由来。2017年はいつ?ほおづきの値段は?

夏の訪れを感じるものは様々ですが、「ほおずき市」の開催で感じる人も多いのでは。 初夏になると全

記事を読む

富士芝桜まつり2017!見頃はいつ?見どころやアクセス情報も

https://youtu.be/SECyRjYBr1I 春は、行楽シーズン。旅行とまではいか

記事を読む

札幌オータムフェスト2017!おすすめの会場とイベントは?

北海道をイメージするものは?と聞かれると、何を思い浮かべますか? 広大な自然ですか? それと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

固い鏡餅の簡単な切り方!切ったあとの保存方法はどうする?

お正月飾りに欠かせない鏡餅は、最近では真空パックの商品を飾るこ

1月31日は愛妻の日!始まったのはいつから?イベントを楽しむには?

突然ですが、妻のことを愛していますか?そしてそのことを今でも口にしてい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑