よさこい祭り

近では全国各地で、「よさこい」と名前のついた祭りやイベント開催されています。

全国でよさこい祭りが見られるようになって忘れがちですが、何と言っても本家本元は、高知県の「よさこい」

その「高知のよさこい祭り」は、徳島の阿波踊りと並んで、四国では全国的に大規模で有名なお祭りです。

全国地方でこれだけ盛り上がってる”よさこい”ですが、本家である高知のよさこい祭りがまだの方はぜひ一度は見ておきたいですよね。

よさこい発祥地の地である高知の「よさこい祭り」。2018年の日程や見どころ・楽しみどころ、そしてアクセスや駐車場情報についてまとめましたので参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

高知・よさこい祭り、2018年の日程

kouchiyosakoi1

よさこい祭りは、高知県高知市で1954年(昭和29年)から始まった伝統のあるお祭り。毎年8月9日から8月12日の日程で、高知市の各所にて開催されます。

  • 開催日程:2018年8月9日(木)~12日(日)
  • 開催内容:
  • 8月9日(木) 祈願祭・前夜祭
    8月10日(金)~11日(土・祝) よさこい祭り本番
    8月12日(日) よさこい全国大会・表彰式・後夜祭
  • 開催場所:高知県高知市の各所

主なスケジュールは次の通りです。

◎8月9日(木)祈願祭・前夜祭

内容 時間 場所
祈願祭 16:00~17:15 中央公園
前夜祭 17:20~22:00 中央公園
高知市納涼花火大会 19:30~21:00 鏡川河畔(みどりの広場)

◎8月10日(金)~8月11日(土・祝)よさこい祭り本番

内容 時間 場所
踊り 11:00~22:00 帯屋町演舞場
中央公園競演場
12:30~21:30 高知市内各競技場・演舞場
13:15~17:15 追手筋本部演舞場(昼の部)
17:45~21:30 追手筋本部演舞場(夜の部)
18:30~21:30 柳屋演舞場(11日のみ)

◎8月12日(日)よさこい全国大会・表彰式・後夜祭

内容 時間 場所
よさこい全国大会オープニング 12:30~ 高知城
よさこい全国大会 13:15~21:30 高知城・追手筋・帯屋町・中央公園
よさこい全国大会フィナーレ 21:30~ 高知城
表彰式/よさこい祭り後夜祭 18:30~22:00 中央公園

スポンサーリンク

高知よさこい祭りのみどころ・楽しみ方

どこでもよさこい!

高知のよさこい祭りは、祭本番である8月10日・11日の2日間に注目です。

高知の街中あちこちでよさこいの演舞が楽しめます。大きい会場はもちろん、ちょっとした街かどや駐車場も、よさこいの会場に大変身!

□高知よさこい ほにや (はりまや橋)

*こちらは小さい会場の一つ、はりはま橋での演舞です。

毎年約200チーム、18,000人が参加するよさこい祭りは、会場はいくつあっても足りないほどなんです。

ですので、祭本番の2日間は、文字通り街がよさこい一色にそまります。

  • チームごとの演舞の違いを楽しむのも
  • チームを追いかけてあちこち移動するのも

面白いですよ。

参考(公式ページ):よさこい祭り各競演場・演舞場

□十人十彩 高知よさこい祭り・本祭1日目(愛宕競演場)

*こちらは、2014年の最優秀チームの演舞です。狭い路上でもこの迫力です!

よさこいの全国大会

各地で活躍するよさこいチームが本家本元の高知に集結して、統一ルールで演舞を競うのが全国大会です。

各地の精鋭が集結するため、演舞はどれもハイレベル。次々披露される演舞は、あまりの迫力に圧倒されることまちがいなしですよ!

東京・大阪・愛知などから、沢山のチームの出場が予定されています。中には祭本番には出場しないチームもあるため、貴重な演舞は見逃せませんね。

□十人十彩 よさこい全国大会 高知城会場

*路上の演舞もよいですが、会場での演舞も迫力がありますね。

花火大会も見逃せない

大迫力なのは、よさこいの演舞だけではありません。8月9日の前夜祭には、花火大会も開催されます。正式には「高知市納涼花火大会」と呼ばれる花火大会は、鏡川河畔(みどりの広場)付近にて計4000発打ち上げられます。

4000発と聞くと普通の花火大会より規模が小さいと思いませんか?

でもそれは大間違い。打ち上げ花火に加えて、スターマインや、長さ約650mものナイヤガラなど、本格的な花火が楽しめるんです。

よさこい祭りの前夜祭を大いに盛り上げますよ。

実は、高知のよさこい祭りではなく、この花火の方が楽しみ・・という人がいるほどなのも納得ですね。

□高知市納涼花火大会 ダイジェスト

高知よさこい祭りへのアクセス

kouchiyosakoi3

公共交通機関でのアクセス

よさこいの開催中は、全国各地から約100万人もの人が訪れます。会場は高知駅から近いため、可能であれば公共交通機関で行く事をおすすめします。

遠方からの場合、羽田・伊丹・福岡の各空港から高松龍馬空港への便が運航されています。そして、空港から高知駅までは連絡バスが運行されています。

電車の場合は、新幹線などでまずは岡山駅へと向かい、特急で瀬戸大橋を経由して高知駅を目指しましょう。

車でのアクセス

車で行く場合、岡山方面からでしたら、山陽自動車道の倉敷JCから瀬戸大橋を経由して高松自動車道・高知自動車道。

大阪方面でしたら、山陽自動車道・三木JCから神戸淡路鳴門道で淡路島を通り抜けます。淡路島を抜けたら、徳島自動車道・高知自動車道を利用し、高知市内へと入ります。

どちらのJCからも所要時間は4時間前後となりますので、出発地から選ぶと良いでしょう。

おすすめの駐車場は

「車deトレイン」を利用して

高知へ車で行きたい場合、問題は駐車場をどうするかですね。

ホテルに連泊予定ならホテルの駐車場を利用するのが確実ですが、1泊だとそうも行きません。またよさこい会場の影響で交通規制もありますので、なかなか駐車場に辿りつけない可能性だってあります。

そこでおすすめしたい駐車場の一つが、土讃(どさん)線の「後免駅(ごめんえき)」の駐車場です。

ここでは、「車deトレイン」という制度があり、事前予約すればこの駐車場が使えます。後免駅から高知駅までは5駅ほどと、それほど離れていませんので上手く活用したいですね。

*車deトレインの詳細は こちらで確認下さい。

駐車料金が1日2000円と少々高めですが、渋滞に巻き込まれることを考えれば安いもの。事前申込みが必要なのと、駐車台数がかなり少なめなので、早めに予約して下さいね。(既に満車の場合はご了承下さい)

他におすすめの駐車場は?

高知駅周辺で台数が多く停められるおすすめの有料駐車場には次のものがあります。

  • 青:はりまや地下駐車場(はりまや町3-3、200台収容)
  • 紫:中央公園地下駐車場(帯屋町1-11-27、325台)
  • 黄:天神橋駐車場(天神町20-1、250台)
  • 橙:鷹匠町白洋パーキング(鷹匠町2丁目4-94、311台)
  • 緑:セントラルパーキング(廿代町10-5、303台)
  • ピンク:パーキング24追手筋店(追手筋1丁目11-3、210台)
  • 灰:高知市中央公園地下駐車場(帯屋町1-11-27、325台)
  • 赤:イオンモール高知駐車場(秦南町1丁目4-8、3100台)

他にも有料駐車場はたくさんありますので、高知県で掲載している高知市中心部駐車場マップも参考にしてみてください。

なお、時間帯によっては道路は大変混雑しますし、交通規制もありますので、早め早めの行動を心がけるようにしましょう。

【関連記事】

故郷の迫力を楽しんで!

国各地にはたくさんの「よさこい」があり、どれも迫力満点です。ですが、高知のよさこいは本家の迫力と意気込みが違います。

派手な衣装も賑やかな音楽も、全てはここが原点なんだと納得できる迫力なんですね。

その上で改めてほかの「よさこい」をみると、その違いと地域ごとの特色が楽しめることまちがいなしです!

ぜひ一度高知まで足を運んで、「よさこい」の故郷を体験してくださいね!