何かとお客様の集まることの多い。お盆休みになると親族全員集合!なんてこともありますよね。

人数が多いからお待たせしたくないけれど、出来合いの惣菜を出すのも心苦しいもの。かといって、凝った料理も作れませんし、暑い時期に長時間コンロの前に立ちたくないのも本音。

そんなときに、手早く簡単に作れるのに豪華に見えて、みんなが喜ぶようなおもてなし料理を出せたら嬉しいですね。

そこで個人的にとってもお勧めな、夏の簡単おもてなし料理を4つ厳選して紹介します!

スポンサーリンク

簡単で豪華!海鮮ちらし&手巻き寿司

お寿司

簡単で失敗が少なく、どの年代にも喜ばれる料理といえばお寿司。そこでお勧めしたいのが、海鮮ちらしと手巻き寿司です。二つのお寿司を紹介してますが、集まるメンバーによってどちらにするかを考えましょう。

例えば・・

  • 自分でやりたい盛りのお子様が多い → 自分で作られる手巻き寿司
  • 会食しながらゆっくりおしゃべりをしたい → 食事に集中できる海鮮ちらし

事前に用意するものは、

  • お刺身各種
  • 寿司飯

だけ。

火を使わないので暑い日も楽ですよ。

○寿司飯の作り方

お酢で「寿司酢」を作ります。

割合は、ご飯3合に対して、お酢大さじ4・砂糖大さじ4・塩小さじ2

炊きたてご飯に混ぜて作りましょう。そして少し固めに炊いたご飯に寿司酢を入れ、うちわで扇ぎながら切るように混ぜれば完成です。

野菜もたっぷり、鶏肉入りラタトゥイユ

ラタトゥイユ

和食もよいけれど、若い人が多いから洋食もてなしたいし、子供もいるから野菜も食べさせたい…。それならイタリアンの家庭料理、ラタトゥイユがお勧めです。

本来のラタトゥイユは野菜だけで作りますが、お子様も喜ぶ鶏肉を入れて作ってみませんか。

○材料(4~5人分)

  • 鶏もも肉      1枚
  • トマト       大きめ4個
  • 玉ねぎ       2個
  • にんにく      1片
  • しょうが      1片
  • オリーブオイル   大さじ1
  • コンソメスープの素 1個(小さじ2)
  • 塩・こしょう    少々
  • ☆なす       2~3個
  • ☆パプリカ     2~3個
  • ☆ズッキーニ    1~2本
  • ☆ピーマン     1~2個

*トマトが無い場合はホールトマト1缶でもOKです。

○材料の切り方

  1. しょうがとにんにくをみじん切りにします。
  2. ☆印の野菜を1センチ角に切ります。
  3. 鶏肉を一口大に切ります。
  4. トマトと玉ねぎはくし切りにします。

○作り方

  1. 厚手の鍋または深めのフライパンに、オリーブオイル・にんにく・しょうがをいれ、中火で炒めます。
  2. にんにくとしょうがの良い香りがたったら、鶏肉を加えて炒めます。
  3. 鶏肉の表面が白っぽく火が通ったら、玉ねぎを加えて炒めます。
  4. 玉ねぎに軽く火が通ったら、トマト以外の野菜を加えて炒めます。
  5. このとき油が足りないと感じたら、少しだけオリーブオイルを追加します。
  6. 全体に火が通ったらトマトを入れ、一度軽く混ぜます。
  7. コンソメスープの素・塩コショウを入れて蓋をし、弱火で15分ほど煮込みます。
  8. 時々かき混ぜて、全体が柔らかくなったら味見をして、塩コショウなどで整えて出来上がり。

ポイントは野菜の水分で蒸し煮にするので、あまり強火にしないことです。火加減が強すぎると野菜が焦げてしまうので、それだけは注意してくださいね。

温めても冷えてもおいしいですし、ご飯にもパンにも合うのでお勧めです。

□男子大学生のオトコ飯 「ラタトゥイユ作ってみた」

*ホールトマト缶を使う場合も、トマトを入れるときと同じタイミングでOKです。

スポンサーリンク

切るだけ!カプレーゼ

ラタトゥイユと一緒に出したい、おつまみにもなるおしゃれなイタリアンといえばカプレーゼです。

作り方はとっても簡単。

  1. モッツァレラチーズとトマトを同じぐらいの厚みで切ります。
  2. モッツァレラチーズとトマトを交互に重ねて皿に並べます。
  3. モッツァレラチーズとトマトの間にバジルの葉を挟みます。
  4. オリーブオイルをおしゃれにかけ、黒こしょうをかけて完成です。

□簡単カプレーゼ ~Caprese~

たったこれだけなのに、おしゃれに見えて味もしっかりおいしいんですよ。盛り付けにもこだわれば、簡単なのにキッチン上級者に見えるかも!

簡単!おいしい!ナスの煮浸し

おしゃれなイタリアンも良いのですが、年配の方にはほっとする和食の一品も用意したいところ。

そんなときには夏にたくさん収穫されるナスを使った、簡単煮浸しです。

○材料(4~5人分)

  • なす   5~6本
  • めんつゆ 大さじ3~4
  • しょうが 少々(すりおろしておく)

○作り方

  1. なすは縦に厚さ1センチぐらいに切り、水にさらしてあく抜きをします。
  2. 耐熱皿になすを並べてラップをし、電子レンジで4~5分加熱します。
  3. 熱い内にボールに移し、めんつゆとしょうがと混ぜます
  4. 味がしみたら出来上がり。

めんつゆの代わりに、

  • しょう油 大さじ2
  • ごま油  大さじ1/2
  • お酢   大さじ1
  • 砂糖   大さじ1/2

を混ぜれば、中華風になります。

中華風たれに、豆板醤を小さじ1/2 加えると、ピリ辛味となってお酒にも良く合いますよ。

□なすのあげびたし

*なすは電子レンジでチンするのではなく、油で素揚げしてからタレに浸すのもお勧めです。

手早くおいしく楽しく!

みんなが集まる時に、自分だけずっと台所で料理を作り続ける…なんてことは出来れば避けたいもの。台所での料理は火を使えば熱いですし、久々に会う人ともゆっくり話をしたいですよね。

そのため、できれば手早く料理を済ませて、出した後は自分も会話に参加したいところです。事前に準備が可能ならば、後はみんなが集まってお出しするだけにしておくのもおススメ。

楽できるところは楽をして、手早くおいしい料理でみんなを楽しませましょう!