七夕まつり

湘南地方で夏の始まりを告げるイベントがあるのをご存知でしょうか?

それは毎年7月に開催される、「湘南ひらつか七夕まつり」

関東三大七夕祭りの一つにあげられ、一番早く行われる七夕祭りとしても有名です。

平塚の七夕飾り「竹飾り」は、仙台の七夕祭りにも負けないほど豪華で華やかなんですよ。

そんな平塚の七夕祭り、2018年の日程や見どころ、そしてアクセス・交通規制情報などを紹介します!

スポンサーリンク

2018年の日程や見学時間について

七夕の灯り

7月7日の七夕開催にならない年も?

「平塚の七夕祭り」で知られている「湘南ひらつか七夕まつり」ですが、もともとは7月7日を挟んだ4日前後の開催でした。

現在は最終日を7月の第1日曜日か第2日曜日にすることになっています。そのため、年によっては7月7日を含まない日程になることもあるんですね。

とは言え、2018年は、7月7日の七夕が土曜日ということもあり、この7日をはさんだ3日間の開催となります。丁度七夕前後の日程になるので、例年以上に盛り上がりますね。

  • 開催日程 :2018年7月6日(金)、7日(土)、8日(日)
  • 開催時間 :終了は21時まで(最終日は20時まで)
  • 開催場所 :JR平塚駅北口商店街を中心とした平塚市内全域
  • 入場料  :無料
  • 問い合わせ:0463-35-8107(湘南ひらつか七夕まつり実行委員会)

■JR平塚駅北側の「紅谷町」が開催場所の中心です。

夜は意外と早じまい

お祭りと言えば、夜遅くまで見物を楽しめるイメージがありますよね。

ところが、平塚の七夕祭りは、夜9時までの開催なんです。露天も9時には店じまいしますし、見学できるのも夜9時まで。また、最終日は夜8時までとさらに1時間早くなります

遅い時間に祭りに行こうと思っている場合は注意が必要ですね。

湘南ひらつか七夕まつりの見どころや楽しみ方は?

圧巻の竹飾り

平塚の七夕祭りといえば、「竹飾り」は外せません。

メイン会場となる「湘南スターモール商店街」に行くと、その年の流行を取り入れた竹飾りがみられます。

平塚の吹流しは、骨組みに竹・吹流し部分にビニールが使われている、巨大で丈夫なもの。その丈夫さを生かして、電飾が施されているのが最大の特徴です。

*電飾がとても綺麗ですが、吹流しはお触り厳禁ですよ!

*こちらは昼間の様子。昼と夜に分けて見に行くのもおすすめですね。

露天で流行をつかめ!

一時期よりは出店数が減りましたが、平塚の七夕祭りといえば露天でも有名です。

ここの露天は数も多いのですが、流行に敏感。大流行した「クロワッサンたい焼き」も一説では平塚の屋台から始まったとも。

比較的早い時間から露天は開いていますので、流行りそうな食べ物をチェックするのも楽しいですよ。

街全体で七夕祭り!

湘南ひらつか七夕まつり期間中は、「七夕踊りの千人パレード」や、祭りを象徴する「織り姫のパレード」など見所満載です!

「七夕踊りの千人パレード」では、七夕をテーマにした様々な踊りが次々とパレードにのって楽しめます。浴衣を着た外国人の団体もいますので、応援したくなりますね。

「織り姫のパレード」では、毎年選ばれる3人の「湘南ひらつか織り姫」が登場します。七夕にふさわしい華やかさは見逃せないですよ。

□七夕おどり千人パレード with 湘南ひらつか織り姫

短冊の販売

平塚七夕まつりでは、七夕らしく「短冊の販売」も行われています。願い事がかなうと密かに評判を呼んでいるんですよ。

ちなみにこの短冊、平塚八幡宮に奉納される由緒正しい短冊なんですね。

公認イベントもいろいろ

実行委員会が主催するイベント以外にも、「公認イベント」という形で市内各所でイベントが開かれています。

例えば、短歌のイベントや郷土芸能の披露、他にも珍しいところではゲートボール大会なんてものも。平塚市中心部に行けば、何かしらのイベントに巡りあえ、街が七夕一色に染め上がりますよ!

スポンサーリンク

湘南ひらつか七夕まつりの歴史

戦争の傷跡からの復興

「湘南ひらつか七夕まつり」の歴史は、戦争からの復興が一段落した1950年(昭和25年)から始まります。

戦前に海軍の火薬庫があった平塚は、1945年(昭和20年)の大空襲で市街地の7割が焼失する被害を受けました。終戦後に皆が力を合わせて復興に取り組んだ結果、5年後には一段落と言える状態にまで回復。

それを記念した「復興まつり」が昭和25年に開催され、大いに盛り上がりました。これが現在の「湘南ひらつか七夕まつり」につながっています。

市の祭りから市民の祭りへ

かつて七夕祭りは、平塚市の主催で行われてきました。それが2011年の東日本大震災がきっかけとなって、市民主催の祭りへと生まれ変わりました。

元々七夕祭りは「戦後の傷跡からの復興」から始まった祭り。大震災への復興を応援する流れは自然なものともいえました。

現在の七夕祭りは、様々な形で一般市民が参加出来るような祭りへと変化を続けています。

これだけの規模でありながら変わり続ける、平塚の七夕まつりは毎年新しい発見で一杯ですよ。

七夕の短冊

アクセス情報

公共交通機関でのアクセス

東京方面から行く場合も、名古屋方面から行く場合も、JRでの移動が便利です。

JR東海道線を利用し、平塚駅で下車するとそこはもう会場です。

  • メイン会場となる、「湘南スターモール商店街」へは徒歩5分ほど
  • 一番遠い「見附台公園」へも、徒歩10分ほど

で行く事が可能です。

車で行く場合は?

相模川河川敷に臨時の無料駐車場がありますので、車で行く場合はその場所に駐車しましょう。そこからはシャトルバスが運行されています。片道100円(小人50円)ですので気軽に利用できますね。

また、開先期間中は、見附台公園錦町公園にも臨時で無料駐車場が開設される予定です。

会場近くには、他にも有料の駐車場もいくつかありますが、開催期間中の臨時駐車場もあり1回1000円前後と少し高め。普段の駐車場も特別料金となっている場合が多く、会場近くは交通規制で入れない場合もあります。

交通規制は?

七夕まつり期間中は、平塚駅周辺は午前10時から午後9時半まで車両の通行が出来ません。湘南スターモールのある東海道本通りや駅前大通り線、プラザロードも同様に通行禁止となります。

その他にも一方通行の規制が敷かれる道路も多数あり、通り抜け可能な道路は大混雑します。車で行こうとすると余計な時間がかかりますので、出来るだけ車は控えたほうが良いでしょう。

七夕のお祭りに願いを込めて

夜の七夕

始まりが「戦争からの復興」という、平塚の七夕祭り。祭りが賑やかなのは、何事もなくみんなが楽しんで欲しいという「願い」があるからなのかも。

東日本大震災の年には、開催を取りやめる話も出たところを、復興支援の為に開催したという話も聞きます。短冊に「みんなの幸せ」を願ってみるのも、このお祭りらしくて良いか知れませんね。