綺麗になりたい人の間で注目を集めているのが、
糖質制限ダイエットです。

簡単に説明すると、糖質の多いご飯を控えて、
低糖質のものを主食とするダイエット方法。

そこでご飯の代わりになるものとして、
今とても注目を集めているのが、
低糖質で栄養価も高い「ふすまパン」なんです。

でも、パン屋さんに行っても、
ふすまパンはどこでも売っているわけではありません。

売ってないなら、自分で作ってみませんか?

そんなふすまパンが、女性を中心として注目されている理由、
そしてふすまパンを使ったオススメのレシピ
などをまとめてみました。

スポンサーリンク

ふすまパンとは?

fusumapan1

ふすまって何?

ふすまパンの「ふすま」とは、
小麦の表皮だけを粉状にしたもの

普段目にする小麦粉は、
小麦の「胚乳」とよばれる部分を粉にしたものです。

小麦粉が白く、焼いたパンの中が白いのは、
表皮などを取り除いているから。

表皮は茶色なので、ふすまパンも中まで茶色くなります

全粒粉とは違うの?

中まで茶色いパンと言えば、
全粒粉パンを思い浮かべる人もいるかも知れません。

全粒粉とは、小麦をまるごとすりつぶして粉にしたもの。

そのため、全粒粉にはふすま(表皮)が含まれていますが、
胚乳も含まれています。

全粒粉パンは、まるごと粉にしているので栄養価は高いのですが、
胚乳を含むために糖質も高めとなります。

ふすまパンが注目を集める理由

fusumapan2

欲しい栄養素が取れる!

ふすまパンが注目を集める理由は、
普通のパンよりも必要な栄養素が多く取れるからです。

小麦粉の原料となる小麦の胚乳には、
糖質や脂質が多く含まれています。

一方で取り除かれた表皮(ふすま)には、
胚乳にはない食物繊維がタップリ!

他にも、カルシウム鉄分が含まれています。

100g当たりで換算すると、
カルシウムが牛乳並みの約100mg。

鉄分は、ほうれん草2.5束分に相当する約15gも含まれています。

白米や小麦粉のパンを食べていても、
食物繊維やカルシウム・鉄分はこれほど摂取出来ません。

主食として食べるだけで、女性に嬉しい栄養素が取れるのが、
注目を集める第一の理由です。

糖質制限ダイエットに使える!

fusumapan4

欲しい栄養素が取れるパンなら、
表皮を含む全粒粉パンでも取れます。

ですが、ふすまパンが全粒粉パン以上に注目を集めている理由が、
糖質制限ダイエットに活用出来る点。

全粒粉は、先にも説明しましたが、
小麦をそのまますりつぶして粉にしたものです。

そのため、糖質を含む胚乳も含まれ、
糖質も小麦粉並となってしまいます。

その点ふすまなら、表皮だけを粉にしているので、
糖質小麦粉パンと比べて約90%もカットできます

カロリーも、小麦粉パンと比較して約半分
とてもヘルシーなので、食べる量にあまり気にしなくて良さそうですね。

この点が、ふすまパンが注目を集めている第二の理由です。

スポンサーリンク

ふすまパンを使ったオススメのレシピ

ホームベーカリーで焼くふすまパン

ふすまパンはそれ自体美味しいですが、
普通のパンを食べ慣れていると、少し甘味が少なく感じられます。

そこで、健康的な甘味をプラスした、
ふすまパンレシピを紹介します。

fusumapan3

材料(食パン1斤分)

・ふすま粉         70g
・グルテン粉        60g
・大豆粉          40g
・塩         小さじ1/2
・水(あるいは水+卵)  170cc
・三温糖          20g
・オリーブオイル      15g
・ドライイースト       5g

ふすま粉は「ブラン」という名前で販売している場合があります。

グルテン粉は、小麦粉からもちもちとした食感を出す「グルテン」を取り出したもの。
お麩の原材料でもあり、糖質が取り除かれておりタンパク質を豊富に含みます。

大豆粉は生の大豆を挽いて乾燥されたもの。
こちらも低糖質でタンパク質を豊富に含みます。

グルテン粉と大豆粉は、ふすま粉にはない栄養素を補えるので、
更にバランスが良くなりますよ。

作り方は以下の通りです。

1・ふすま粉・グルテン粉・大豆粉を2・3回ふるいにかけてから、ホームベーカリーの容器に入れる。
2・ドライイースト以外の材料を入れる。
3・ホームベーカリーで「早焼き」機能があれば、それをセットする。無ければそれに近い機能を選ぶ。
4・イースト投入のお知らせが鳴ったら、一度取り消して機能を止める。
5・ドライイーストをセットした上で、もう一度「早焼き」をセットしてスタート。
6・焼き色設定があるのなら、「淡い焼き色」に設定する。
7・焼き上がれば出来上がり。

ポイントは、
・小麦パンよりも焼き時間は短めにすること
・二度こねること

です。

一度だけだとあまり膨らまず、
硬い焼き上がりになってしまいます。

材料にお好みで牛乳を少し加える(加えた分だけ水を減らす)と、
味が柔らかくなりますよ。

砂糖ですが、上白糖は糖質が高めですので使用せず、
三温糖キビ糖にしたほうが良いでしょう。

上にご紹介したレシピと少し作り方が違いますが、
こちらの動画のレシピもぜひ参考にしてみて下さいね。

◆ホームベーカリーで作る低糖質ふすまパン。

美味しいけれど程々に。

いかがでしたか?

ふすまパンは美味しく、
それでいてダイエットにも最適の食べ物です。

だからといって、ふすまパンだけを食べていれば良いわけではありません。

ダイエットには食事のバランスも、運動も大切です

なにより一つの食べ物だけを食べ続けることは、
却って不健康な体を作る原因にもなりかねません。

ふすまパンは健康にダイエットにおすすめではありますが、
他のものもバランス良く食べ、
そして運動して、健康的な毎日を送りましょう!