hawaiifuku3
結婚式の招待状が届くと、
出席する際の服装を考えなければなりませんね。

結婚する方の関係や会場・季節などを考えて、
挙式にふさわしい服装で出席したいものです。

招待された結婚式が国内の場合は、ある程度想定できますが、
海外の場合はどうしましょう。

特に人気が高い「ハワイ」での挙式に招待されたら・・
国内の時と同じように考えても良いのでしょうか?

ハワイでの結婚式に招待された時の参列者の服装のポイントについて、
男性、女性それぞれについてご紹介します!

スポンサーリンク

参列者の服装のポイント

式の形式について確認を取る

hawaiifuku1

ハワイでの挙式の場合、現地風に式を挙げる
「ハワイアンウエディング」
なのかを確認しましょう。

というのも、ハワイの現地の方が結婚式を挙げる場合、
参列者の服装は、多少ラフでも許されるからです。

日本で言うところの正装でも良いのですが、
温暖な気候ですので、かなり汗をかきます。

それに荷物が増えてかさばりますし、
日本から持って行く際にシワができることも。

ラフでも良いのなら、
わざわざ暑苦しいスーツスタイルで出席する事もありませんよね。

ラフにも限度がある

服装は少しラフでも良いとは言いましたが、
ラフな服装にも限度があります。

女性ですと、
必要以上に胸元を露出したり、
スカート丈が短すぎる服装は避けましょう。

男性ですと、
ハーフ丈のパンツやジーンズは、ラフ過ぎるのでNGです。

足元では、サンダル・スニーカーは避けましょう。

ただし女性の場合は、ヒールのあるサンダルはOK
いわゆる、ビーチサンダルやクロックスタイプのサンダルは駄目!
という事ですね。

どこまでならいいかの判断は、
難しいと思うかも知れません。

そういった場合は、
相手に失礼にならない範囲で、楽な服装
と考えておけば大丈夫ですよ。

現地の正装で!

一見ラフに見えますが、正装として扱われ、
しかもハワイらしい服装で出席するのはいかがですか。

男性の場合は「アロハシャツ」
女性の場合は「ムームー」「ハワイアンドレス」
が該当します。

スポンサーリンク

日本人の感覚では、
柄が派手ですのでカジュアルに思いがち。

でも実はハワイではアロハやハワイアンドレスは正装なんですね。

実際に現地の結婚式の参列者は、
アロハシャツやハワイアンドレスで参列する方がとても多いです。

ハワイの気候にも合っているので、
暑さ対策もできて、なによりもハワイらしい服装です。

ハワイに到着してから購入も可能なので、
荷物がかさばらないという利点もありますよ!

参列者の服装・メンズ編

hawaiifuku2

スーツで出席する場合

ハワイでの挙式であっても、
日本式の式を挙げる方もいます。
その場合は日本の時と同じくスーツで出席しましょう。

ただし黒一色のスーツは、ハワイでは暑過ぎます。
少し明るい色のスーツを選びましょう。

ハワイの気候には明るい色が似合います。
国内なら浮く様な色でもハワイなら意外と馴染みますよ。

アロハシャツ+チノパン

ハワイアンウエディングに参列する場合は、
ぜひアロハシャツに挑戦してみましょう。

基本の組み合わせは、
アロハシャツに綿パン・チノパンに革靴

肌寒い時は、
アロハシャツの上に、ジャケットを一枚羽織るとよいでしょう。

シャツにあわせるパンツは、
落ち着いた濃い目の色のものを選ぶとシャツが引き立ちます。

アロハシャツには、サンダルを合わせたくなりますが、
結婚式にはNGですので、革靴を履きましょう。

気候も良いので、帽子も欲しくなりますが、
帽子もカジュアル過ぎるのでかぶらないほうが良いですね。

参列者の服装・レディース編

hawaiifuku4

ハワイアンドレス+お花のレイ+ヒールのあるサンダル

女性がハワイアンウエディングに参列する場合は、
ハワイアンドレス(ムームー)に挑戦してみましょう。

組み合わせとしては、
ハワイアンドレスにヒールのある靴が基本。

ムームーは胸元・肩が出ますので、
ショールやストールを用意すると、
暑さ・寒さ対策にピッタリです。

通常でしたら、ストッキングを履く所ですが、
ムームーの場合はストッキングははかなくてもOK

素足に抵抗がある方や冷え性の方、
当日の天候が肌寒いようだったら履きましょう。

足元に関しても、通常ならパンプスですが、
ヒールがあるならサンダルで大丈夫です。

グラディエータータイプのサンダルなどは、
ムームーによく似合いますよ。

アクセサリですが、
ここはハワイらしくハイビスカスを取り入れましょう。

レイ(首飾り)も良いですし、
髪飾りに一輪差すだけでハワイらさが演出できます。

ラフ過ぎないかと思われそうですが、
レイもまた正装になるので安心して下さい!

正装にもハワイ風を

日本式での挙式が行われる場合は、
服装も日本での参列時と同じようにします。

ドレスと重なる白は避け、
極端に露出した服装は選ばないようにするのは、ハワイでも同じ。

そこに胸元のコサージュとして、
ハイビスカスをあしらってみるのもハワイらしいですよ。

または、アップにした髪にハイビスカスを添えるのも素敵ですね。

hawaiifuku5

ちぐはぐには注意!

ハワイでの結婚式なのですから、
参列する際にもハワイらしい服装で参加したいもの。

ハワイアンドレスを着る機会はめったにないので、
ぜひ着用したいですね。

最後に、一つ気をつける点としては、
一緒に参加する方と服装を合わせること

自分だけハワイアンドレスで、
他の方がフォーマルドレスだと、
ちょっとちぐはぐですよね。

参列する知り合い同士連絡をとり、
ハワイアンにするかどうか、しっかり合わせておきましょう。

全員でハワイアンスタイルに揃えて参加して、
ハワイらしい挙式をぜひ盛り上げて下さいね!