namacream4
ホットケーキを焼いた時、
「ホイップクリームがあれば”カフェ風”になるのに!」
と思ったことはありませんか?

けれども、そんな時に限って、
「冷蔵庫に生クリームが無い!」
・・ということが多いもの。

牛乳は常備していても、
生クリームを常備してる家庭って中々ないですよね。

そもそも、牛乳と生クリームは作り方からして違うものですが、
牛乳を生クリームの代用に使うことはできるのでしょうか?

今回は、牛乳と生クリームの特徴や、作り方の違いなどについて
まとめてみました。

スポンサーリンク

牛乳と生クリームの違いを教えて

「牛乳」「生クリーム」は、
どちらも同じ乳製品。

原材料は同じ「牛の乳(生乳)」です。
その違いは、主に乳脂肪分の違いにありました。

牛乳とは?

namacream1

牛乳は、
・生乳の乳脂肪分を粉砕機で砕く
・その乳脂肪分を均等化する
・殺菌処理

をして出来たものです。

生乳の乳脂肪分は、そのままだとお互いにくっつく性質があり、
粉砕処理をしないと、飲みづらくなるのです。

イメージとしては、牛乳に細かなバターが浮かんでいる、
といった感じでしょうか。

作られる過程で、乳脂肪分の粉砕処理や殺菌処理は行われてはいますが、
牛乳は、牛から絞ったお乳をそのまま利用しているんですね。

また、「牛乳」は、
・無脂乳固形分8.0%以上、
・乳脂肪分3.0%以上の生乳100%

で作られたものと定められています。

ちなみに、低脂肪牛乳は、普通の牛乳とは違って、
「乳飲料」という扱いの加工乳です。

俗にいうコーヒー牛乳も乳飲料ですね。

生クリームとは?

生クリームは、生乳から遠心分離機などを使って取り出した、
乳脂肪分を濃縮して作ります。

乳脂肪分だけで作られており、
「種類別:クリーム」と表記され、
商品名に「純生」が入るものが生クリームです。

更に、
・乳脂肪分が18%以上のものが「ライトクリーム」、
・乳脂肪分が30%以上が「ホイップ用」

と定められています。

スーパーなどの売り場では、
生クリームとともに「ホイップ」が売られていますが、
これは生クリームではありません。

ホイップは植物性油に添加物を加えて加工したもの。
生クリームとは別の商品となります。

スポンサーリンク

牛乳から生クリームは作れないの?

・牛乳→ほぼ生乳からできている
・生クリーム→生乳から取り出した乳脂肪分から作られる

となれば、牛乳から生クリームは作れそうな気がしますよね。
実際はどうなのでしょうか?

namacream2

牛乳から生クリームは作れない

実は家庭では、
牛乳から生クリームを作るのはちょっと無理だと思われます。

牛乳に含まれる乳脂肪分は平均3.5%で、
生クリームの乳脂肪分は30%以上。

牛乳を煮詰めて水分を飛ばすなどしても、生クリームにはなりません。
そもそも加熱した時点で「生」ではないですね。

バターを足して代用生クリームに

ただ、牛乳に乳脂肪分を加えて、
代用の生クリームにすることは可能です。

乳脂肪分を固めて作られたバターを溶かして牛乳に加える事で、
生クリームの代用にすることは可能です。

バターと牛乳の比率は、
 ・バター1
 ・牛乳3
にすれば、乳脂肪分の上では生クリームになります。

ただ、本来の生クリームと比べると、
バターの香りが強く、
泡立てて使うホイップクリームには向いていません。

あくまで代用として、
料理に使うときに活用する程度に留めたほうがよさそうです。

余った生クリームの活用法は?

namacream3

生クリームをスーパーなどで購入した場合、
それなりに量があるので、なかなか一度には使い切れませんよね。

うっかり全部泡立てて、使い切れなかった時や、
普通に余った時の使い道は無いものでしょうか。

ポークソテーのソースに

泡立てる前の状態なら、
料理のソースに活用してはいかがでしょうか。

ポークソテー似合うマスタードソースなら、
簡単に作れて本格的な味になります。

材料(2人前)

・ポークソテー用のお肉 300g
・粒マスタード 大さじ3
・生クリーム 100cc

作り方

1・ポークソテー用のお肉を焼く。塩コショウでした味を付けて、中火でじっくり焼くと柔らかく焼ける。
2・小鍋に粒マスタードと生クリームを入れてひと煮立ちさせる。
3・焼きあがったお肉に綺麗にソースを掛ける。

お好みで、ソースにはちみつ大さじ1を加えると、更に味に深みが出ますよ。

沢山ホイップが余ったら

ホイップした生クリームが余ったら、
冷凍保存してしまいましょう。

クッキングシートに少しずつ絞りだし、
それをそのまま冷凍庫に入れ凍らせます。

お互いくっつかなくなったら、
冷凍用ビニール袋に入れて保存が可能です。

生クリームは冷凍保存に向いていませんが、
ホイップしたものなら冷凍保存が可能です。

ただしあまり長期間保存すると、
冷凍焼けを起こして味が悪くなるので、
長くても2ヶ月をめどに使いきりましょう。

小分けして冷凍してあるので、
ちょっと使いたい時にとても重宝します。

例えば、
・そのままホワイトシチューに入れてコクを出したり、
・パンに乗せてトーストしたり。
・コーヒーに浮かべてウインナーコーヒー風・・

というのもお洒落ですよ。

それぞれ特徴があるから

namacream5

いかがでしたか?

同じ生乳から作られていても、製造方法の違いにより、
牛乳と生クリームには違いがあることをご紹介しました。

生クリームの代用に牛乳を使って・・というのは、
出来そうにも見えますが、結局の所は、
生クリームを素直に使うほうが美味しく出来上がりそうです。

牛乳と生クリーム、それぞれに特徴があり、
似てるから代用しようというのは、牛さんに失礼でしたね。

ホイップすれば冷凍も可能ですし、
機会があれば生クリームをたっぷり使いたいと思います。