エアコンが稼働

アコンを本格的に使う季節になると、気になるのがエアコンの汚れ。ホコリが気になるけど、業者に頼むと高そうで…と思って躊躇してしまいますよね。

実はエアコンは、業者に頼まなくても、自分で掃除が可能なんですよ!定期的に掃除をすることで、内部のホコリも取り除けますし、カビの発生を押さえて嫌な匂いも出なくなります。それに自分で掃除すれば、費用も抑えられて経済的です。

そこで知っておきたい、自分で出来るエアコンのお掃除方法、そして掃除する際に気をつけるポイントについて紹介していきます!

スポンサーリンク

自分でエアコンを掃除する時に気をつけるポイント

コンセントは抜く

コンセントを抜く

アコンの説明書に必ず書いてあることですが、掃除をする時は必ずコンセントを抜きましょう!

通電したまま掃除してしまうと、最悪の場合、漏電して感電する危険があります。あるいは掃除している時にエアコンが起動してしまい、思わぬ事故を招く恐れもあります。そうでなくても、掃除をしていると故障する恐れもありますね。

何度も確認するぐらいの慎重さで、コンセントを抜いたかどうかを確認しましょう。コンセントさえ抜いていれば、作業は安心ですよ。

無理だと判断したら業者に任せる

手順通りに掃除をしていても、思わぬことでエアコン内部を壊してしまうこともあります。あるいは元々古い機種だったものを掃除した結果、不調にしてしまう…なんてこともあるかもしれません。

掃除中にこれ以上は掃除出来ない、あるいは壊したかも・・と思ったら作業を止める勇気も必要です

おかしいと思ったら、必ず業者に連絡して調査と修理点検をしてもらいましょう。その時には、どういう状況でおかしくなったかを説明するようにして下さいね。

エアコンフィルターを掃除する方法とコツ

用意するもの

フィルター掃除をする際はホコリが舞うので、

  • 汚れても良い服
  • マスク

を用意しましょう。

その他に必要なものは、

  • 住まいの洗剤
  • 柔らかい歯ブラシ
  • 掃除機

です。

フィルター掃除の手順

エアコンの機能に、内部を掃除する機能があるのなら、その掃除機能を一度稼働させます。その後に電源を切り、コンセントを抜いてから掃除を始めましょう。

そして、次の順序で行います。

  1. エアコンを開き、フィルターが見える状態にします。
  2. エアコン周辺やフィルター周辺のホコリを掃除機で吸い取ります。
  3. フィルターを取り外します。
  4. フィルターの外側に大量のホコリがついているので、掃除機で吸い取ります。
  5. フィルターをぬるま湯につけてから優しくスポンジで全体をこすり、頑固な汚れを落とします。
  6. *洗剤を薄めた水に一度つけ、歯ブラシでこするのでもOK

  7. ぬるま湯でよくすすぎ、陰干しをします。
  8. 乾いたフィルターを戻してエアコンを閉じます。
  9. 吹き出し口を掃除する場合は、フィルターを戻す前に行います。

  10. 30分程度送風運転を行いフィルターを乾燥させます。

【関連記事】
エアコンフィルターを掃除する頻度やタイミングは?掃除しないとどうなるの?

フィルター掃除のコツ

掃除道具

フィルター掃除の際に、覚えておくと良い便利なテクニックと言えば、

  • 掃除機のノズルは、ブラシのついたタイプだとホコリが取れやすい。
  • 水洗いの際、フィルター内部から流水を当てると、ホコリを押し出して簡単に落ちる。

ということ。

また注意する点は、

  • フィルターの骨格は、柔らかいプラスチックなので、無理にホコリを取ると破損するので注意が必要。

ということです。

フィルター掃除で特に気をつけないといけないことは、フィルターを壊さないことです。汚れがひどいからと言って、無理に力を入れないように気をつけてくださいね。

もしも破損してしまった場合は、メーカーから交換用フィルターを取り寄せましょう。また掃除する前から破れていたり、ひどい汚れの場合も交換したほうが良いですね。

スポンサーリンク

吹き出し口を掃除する方法とコツ

用意するもの

吹き出し口は、フィルター掃除と一緒に行うと非常に効率的です。

先にフィルター掃除を行っていて、「フィルターを取り除いている」という前提でご説明します。

軍手をはめて掃除しようとしている

吹き出し口の掃除では、

  • 雑巾複数枚
  • 軍手
  • 住まいの洗剤

を用意しましょう。

更に、

  • フィルター掃除の時とは別の柔らかい歯ブラシ
  • エアコン内掃除用のスプレー

を用意します。

吹き出し口の掃除の手順

準備ができたら、次の順序で掃除していきましょう。

  1. 吹き出し口下部にある「ルーバー」を手でゆっくり回し、隙間を水で濡らした軍手で拭きます。
  2. 乾いたきれいな雑巾で乾拭きをして、水気をしっかり取ります。
  3. フィルターを取った内部には冷却板(冷却フィン)があるので、歯ブラシでホコリを払います。
  4. 冷却フィンに、エアコン用スプレーを吹きかけます。
  5. スプレーの説明書に従って、泡などを処理します。
  6. 冷却フィンを乾燥させます。
  7. その後フィルターを元に戻します。
  8. コンセントを刺し、「送風」モードで30分ほど稼働させて内部を乾燥させます。

吹き出し口の掃除のコツ

吹き出し口の掃除は、無理をしないことと、あまり奥まで掃除しようと思わないことが大切です。

特に、冷却フィンは、あまり触りすぎると故障の原因になります。冷却フィンに触るのが怖いなら、自分で掃除せずに業者にお願いしましょう。

その他、吹き出し口の掃除のコツは以下の通りですね。

  • ルーバーは電源を入れると自動で元通りになるので、あまり気にせずに回す。
  • 強い力でルーバーを回すと、破損する可能性があるので扱いは慎重にする。
  • 冷却フィンに吹きかけるスプレーは、垂れることがあるので下に新聞紙などを敷く。
  • ルーバー奥のファンは、手が届かないので無理に掃除をしない。
  • 電源を入れて送風モードにした時に、異臭がしたらすぐに止めて修理依頼を出す。

【関連記事】

きれいな空気で爽やかな夏を!

eakonclg4

期的にエアコンを掃除することで、ホコリも取れて、効率的に暖めたり冷やしたり出来るようになります。

そうすると、電気代も幾分抑えられて、とても経済的という嬉しい効果もありますよ。更に綺麗な空気が出てくるので、健康面でも安心。掃除をすることはいいことずくめですね。

夏には大活躍するエアコンをぜひ自分で掃除して綺麗にしてくださいね!