shigaisencrm2

お肌の事を考えると、「紫外線」はどんな時も防ぎたいもの。そのために使うのが、日焼け止め効果のあるクリームなどですが、時には肌荒れが起こることも・・

お肌のために塗っている日焼け止めクリームなのに、肌荒れが起こるのはとても悲しいですよね。

そんな時には、「紫外線吸収剤不使用の日焼け止め」を使うと、お肌に安心です。

そんな吸収剤不使用、日焼け止め効果はきちんと発揮されるのでしょうか。

今回は、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めについて、その効果や仕組み、またオススメの紫外線吸収剤不使用についてまとめてみました。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤不使用とは?

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

shigaisencrm1

日焼け止めクリームや化粧品は、主には、紫外線吸収剤、紫外線散乱剤という成分を配合して、紫外線を防いでいるのです。

「紫外線吸収剤」は、紫外線を吸収する作用を持つ成分、
「紫外線散乱剤」は、紫外線を反射する作用を持つ成分となります。

紫外線吸収剤とは?

「紫外線吸収剤」は、自ら紫外線を吸収する作用を持っています、

配合したクリームは、粒子が小さく、軽くて伸びがよいので、使いやすく、また高いSPFを出せるのが特徴。

ただし、紫外線吸収剤は、主成分に「ベンゼン骨格」と呼ばれる化学物質を使っていて、紫外線を吸収した際に、化学反応を起こしてしまいます。

これが、敏感肌の場合には負担を与えてしまい、肌荒れの原因ともなってしまいます。

紫外線散乱剤とは

一方の「紫外線散乱剤」は、紫外線を別方向にそらす作用があります。

肌に乗せると白浮きしやすくて、こまめな付け直しが必要という欠点はあります。

ただし、紫外線散乱剤の主な成分は、自然界に存在する、酸化チタンや酸化亜鉛。ミネラルファンデーションにも配合されている、お肌にやさしい成分です。

そのため、紫外線散乱剤は、敏感肌の人でも肌荒れしにくいメリットがあるんですね。

紫外線は防げるの?

紫外線を防ぐ効果の点から見ると、伸びもよくて使いやすい点から、紫外線吸収剤入りのほうが、効果があって優れているとも言えます。

海水浴などの紫外線が強い場所に行くのなら、紫外線吸収剤配合の日焼け止めはとても有効でしょう。

ですが、日常的に使う場合、そこまで高い効果が無くても、紫外線散乱剤配合のものでも充分紫外線を防ぐ効果はあります。

むしろ、お肌への負担も考えると、普段使いには「紫外線吸収剤不使用品」を使うほうがオススメですね。

スポンサーリンク

紫外線吸収剤不使用品のオススメは…

キュレル・UVカットシリーズ

花王から発売されている「Curel(キュレル)」は、敏感肌のための化粧品シリーズです。

特に乾燥肌対策に優れているので、潤いが不足しがちなお肌にやさしい使い心地です。

キュレルから発売されている日焼け止めは、全て「紫外線吸収剤不使用品」。その他にも無香料・無着色で、エチルアルコール不使用なので、お肌に負担をかけにくくなっています。

ラインナップも豊富で、SPF30と日常生活で使えるものから、SPF50という商品もあります。

紫外線吸収剤使用品に劣らないUVカット率ですから、これなら海に行くときでも使えますね。

ジョンソンベビー・UVローション SPF15

ジョンソン&ジョンソンといえば、ベビーローションやベビーソープなどの、赤ちゃん用品で有名。

そこから発売されている日焼け止めは、赤ちゃんにも使える肌に優しい製品です。

SPF15とやや抑え目ですが、長時間外に出ない日ならばこれで充分。石鹸で洗い流せる手軽さが、日常使いには嬉しいですね。

面白い点では、こういった製品では珍しく、薄く香りが付いています。赤ちゃんに塗るときに嫌がらないための配慮だと思いますが、大人も癒されるふんわりとした香りですよ。

ORBIS(オルビス)・サンスクリーン(R)オンフェイス

通販化粧品ブランドのオルビスから発売している、化粧下地にもファンデーションにもなる日焼け止めです。

クリームタイプとローションタイプの二種類があり、お肌の体質にあわせて使い分けもできるのが嬉しいところ。美容成分がたっぷり配合されているので、お肌に潤いも与えられますし、肌色が明るくなる利点もあります。

しかも、化粧下地タイプとしては珍しく、ファンデーションをつけて無ければ石鹸で落とせるんですよ。ファンデーション代わりにも使えるので、忙しいお母さんにもピッタリですね。

まずはパッチテストを

関連記事:
日焼け止めの効果的な塗り方とは?塗る順番や量はどれくらい?
紫外線が髪に与える影響とは?髪へのUV対策はどうする?
紫外線対策に有効なおしゃれグッズとは?選ぶポイントも紹介!
紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

敏感肌にやさしい日焼け止めも、最終的には自分のお肌で確認することが大切

二の腕や太ももなどに10円玉大に塗り、24時間経過を観て皮膚が赤くならないか確認してみましょう。

この作業をパッチテストと言いますが、この確認を怠ると、紫外線吸収剤不使用品でも荒れてしまうかも。

自分のお肌に合う製品を見つけ、その上で上手に紫外線対策を行いましょう!