gogatsubyo3

4月に新しい環境になり、慣れた頃に5月の連休で一休み。

「GW明けにがんばろう!」と思っても、やる気が…。

この時期に、やる気が出ない・仕事や学校に行きたくない・・・といった症状の事を「五月病」と呼びますね。

ところで、五月病は「病気」なのでしょうか。そうだとしたら対策次第では予防できるのでしょうか?

症状と原因それに対策が分かれば怖くない、五月病についてまとめてみました

スポンサーリンク

五月病の症状や原因とは

「五月病」という病気はない

gogatubyo1

五月病の名前についてですが、新しい生活に慣れだした頃に症状があらわれるため「五月病」と表現されています。

これは5月だから表れるのではなく、実はどの季節でも発生します

ただ5月に

  • やる気がでない
  • 仕事に行きたくない
  • 学校に行きたくない

といった症状が表れやすく、分かりやすい表現として「五月病」と言われているだけなのです。

医学的に見て「五月病」という病気はありません。病名として表すなら、「適応障害」という診断となりますね。

五月病(適応障害)の原因

「適応障害」とは、緊張状態が続くことでストレスを蓄積してしまい、心身に不調が現れてしまう症状を指します。

4月に新生活を迎え、緊張した中で何とか頑張ってきたものが、5月頃に一気に症状として出てしまう…。

そのため五月病というかたちで、適応障害が出てしまっているのです。

例えば・・

  • 新しい職場に上手く溶け込めない。
  • 頑張っているけれど叱られてばかり。
  • 仕事がきつく残業が続いて上手く休めない。
  • 上司とうまく関係を持てていない。
  • 入社や入学自体の目標を達成し、次の目標が見つからず燃え尽きてしまった。

…こういった事でストレスを溜め込み、心身の不調を招いてしまうのです。

五月病の主な症状

五月病だという自覚がある人もいるでしょうが、中には自覚がなく、五月病を抱えている人も。

自分は大丈夫だと思っていても、次の症状が複数ある人は注意が必要です。

  • 寝不足でもないのに布団から出られない、起きられない。
  • 疲れているのに寝付けない。
  • 頭痛や肩こりが最近ひどくなった。
  • 出勤や登校する気力がわかないし、その身支度がおっくうだ。
  • 会社が学校が近づくととにかく具合が悪くなる。
  • ミスが増え、仕事や作業がはかどらない。
  • 色々考えてしまい、自分はとにかく駄目だと考えてしまう。

心当たりがありましたでしょうか?

もし複数あるのでしたら、要注意ですね。

スポンサーリンク

五月病への対策方法

体を動かしてストレス解消!

ストレスを貯めこんでしまうのが五月病の原因であるなら、まずは、ストレスを発散することがとても大事です。

ストレス発散には、何と言っても軽い運動が効果的ですね。

何も考えずに30分ぐらい散歩してみませんか?

好きな音楽を聞きながら、いつもの道を早足で歩くと、心地よい汗をかきますよ。

ぬるめのお風呂でリラックス!

運動した後は、ぜひぬるめのお風呂にゆっくり浸かり、汗と汚れを洗い流しましょう。半身浴にして、ぬるいお風呂に30分から1時間程度浸かると更に効果的です。

お風呂から上がれば、心地よく体が疲れてるはずです。そのまま眠ってしまっても良いですね。

  1. 軽い運動で汗を流し、
  2. お風呂でリラックスをして、
  3. たっぷりと睡眠を取る。

これだけでもかなり体が楽になり、ストレスが解消されますよ。

規則正しい生活を

gogatubyo2

普段の生活で、なんとなく

  • 体調が優れない
  • 眠れない
  • 朝が起きられない

といった現象があるのは、体のリズムが崩れているから。

特に疲れているからと、休みの日に「寝溜め」を行うのは、体にとって逆効果にもなりかねません。

規則正しい生活は、ストレスを少なくしてくれ、結果的に五月病からも守ってくれるのです。

難しいかもしれませんが、寝る時間と起きる時間は、毎日同じ時間にするようにしましょう。

その上で起きたらまずカーテンを開け、朝の光をたっぷり浴びましょう!

同じ時間に起きて、朝に光を浴びるだけでも、毎日続けると、体のリズムは整ってきますよ。

病院へ行く勇気を

いくらストレスを発散しても、規則正しい生活を心がけても、症状が改善しない場合もあります。

仕事が辛いけど休んだら迷惑を掛ける、という考え自体が、もう五月病、適応障害の表れと言ってもいいかもしれません。

適応障害は放置して悪化させてしまうと、うつ病を発症させてしまう恐れがあります。あるいは既に、軽度のうつを発症している可能性も考えられます。

つらい症状が2週間以上続くなら、早めに病院への診察をおすすめします。

病院で診察される場合は、心療内科、あるいは精神科への受診となりますが、なんとなく行きづらいかも知れませんね。

でも、怪我をしたら外科に、風邪を引いたら内科を受診するのと同じ事なのです。

心がちょっと疲れたのを、病院で相談して診察を受ける程度の気軽さで、受診してみると良いですよ。

大切なのは自分自身!

gogatubyo4

真面目で一生懸命であればあるほど、五月病になりやすい傾向にあるとも言われています。

周りの期待に応えないといけない、しっかりしなきゃと思うのは、人として当たり前のことではあります。

ですが、頑張りすぎて体を壊してしまっては台無し。

時には頑張り過ぎないことも必要です

仕事も大切です。ですがそれ以上に自分自身が一番大切。五月病かも?と思ったら、仕事よりも自分自身のことを優先するようにして下さい。

周りが何と言おうが、心から自分をねぎらって下さいね!