komugikochigai3
小麦粉っていろんな種類がありますよね。
薄力粉、強力粉、中力粉、全粒粉・・など

種類が沢山あると、買い物に行ってもどの小麦粉を買ったらいいのか、
迷ってしまうのではないでしょうか。

同じ小麦粉なのに、薄力粉と強力粉はどう違うのでしょう?

今回は、薄力粉と強力粉の違いと使い分け、
そして、それぞれ代用はできないものなのか?

そんな疑問についてまとめてみました。

スポンサーリンク

薄力粉と強力粉の違いについて

小麦粉の成分について

それぞれの違いを理解するために、まず小麦粉から確認してみましょう。

小麦粉とは、その名の通り、小麦を精製して粉末状にしたもの。

小麦粉にはンパク質が含まれており、
その主成分は「グルジアン」「グルテニン」で出来ています。
これらの成分は、水分を含むと「グルテン」に変化します。

グルテンは、非常に粘り気があり、もちもちとした食感があります。
このもちもち感が、パンや麺類などの、小麦粉を使った食品に生かされているのです。

違いはグルテン

薄力粉と強力粉の違いは、
グルテンの元になる、タンパク質の含有量です。

同じ小麦粉でも以下の違いがあります。

薄力粉…タンパク質含有量が、全体の8.5%以下
強力粉…タンパク質含有量が、全体の12%以上

薄力粉はサラサラした感触になりますし、水を含んでもあまり粘りません

一方の強力粉は、粉自体にも少しだけ弾力がありますし、
水を含むと粘り気が出ます

他の小麦粉は?

ちなみに、薄力粉や強力粉の他にも小麦粉には種類があります。

「中力粉」は、
9%前後のタンパク質を含むものを指します。

その名の通り、薄力粉と強力粉の間ぐらいの粘りが出ます。

「全粒粉」は、
小麦粉を精製する際に、皮や胚芽などを取り除かず、
そのまま粉にしたものを指します。

そのため、他の小麦粉と比べて、薄く茶褐色の色が付くのが特徴です。

ちなみに「メリケン粉」は、
小麦粉がアメリカから輸入されたことでつけられた、小麦粉の別名です。

ですので、メリケン粉という粉があるわけではありません。

スポンサーリンク

薄力粉と強力粉の使い分けは?

では、薄力粉と強力粉の使い分けはどうすればよいのでしょうか。

薄力粉の場合

薄力粉の特徴は、粘り気の少ない、サラサラしたところ。

小麦粉がメインとなる料理ですと、クッキーやケーキが適していますね。

他の材料を混ぜあわせて焼くことで、
サクサクの食感になったり、フワフワした食感となります。

また、天ぷらや揚げ物の衣は、粘り気が少ない薄力粉が適しています。

料理のレシピで、小麦粉と指定されている場合は、
薄力粉を使用すれば問題ないでしょう。

強力粉の場合

強力粉の特徴は、粘り気とモチモチ感です。

小麦粉がメインとなる料理というと、
パンやパスタ、ラーメンが適しています。

料理のレシピで、小麦粉の種類が指定されてない場合に、
強力粉を使っても問題はないでしょう。

ただし、大量に使用する場合、
想定した仕上がりよりも、粘り気が出るので注意が必要です。

komugikochigai2

中力粉や全粒粉は?

うどんやそうめんの場合は、中力粉が適しておます。
中力粉が、別名「うどん粉」と呼ばれているのは、うどん用に使うからですね。

お好み焼きやたこ焼きなどの「コナモノ」も中力粉が適しています。

また、全粒粉は、主にパンやビスケットに使用されます。
ただ全粒粉のみですと、あまり口当たりが良くありません。
そのため、パンにする場合は、
強力粉を混ぜたり、ライ麦を混ぜることが多いですね。

代用はできるのか

薄力粉と強力粉は、どちらも同じ小麦粉なので、
それぞれ代用は出来なくもありませんが、
出来上がりは、予想したものとは大分違うと思った方がいいでしょう。

例えば、

○パンに薄力粉を使用したら・・
ふわふわしすぎた、頼りないパンが出来上がります。
これはこれで好みの方もいるかも知れませんね。

○パスタを薄力粉で打つと・・
独特の「コシ」が消えてしまい、
パスタっぽくない不思議な麺となります。

○強力粉でケーキやクッキーを焼いた場合
かなりカチカチの出来上がりになります。
クッキーなら、歯ごたえ充分で好み、という人もいるかも知れませんが、
ケーキがカチカチなのは、ちょっと失敗ではないでしょうか。

用途にあわせて使い分けて

komugikochigai1

同じ小麦粉だからといっても、
パンを薄力粉で代用したり、
ケーキを強力粉で代用する・・というわけにはいかないようです。

薄力粉も、強力粉も、また中力粉や全粒粉も、
それぞれに特徴があり、使い道があるということですね。

小麦粉それぞれの役割をしっかりと理解して、
上手に料理で使い分けていきたいものですね。