お食い初めのやり方や食べる時の順番は?歯固めの儀とは何?

| 日本の習慣・行事 | , ,

okuizome1

食い初めは、子供が初めて母乳以外を口にする儀式ですね。

でも、「お食い初め」は、やり方などの要領が良くわからず、実家に聞いたりされる方が多いんじゃないでしょうか?結局、実家のお母さん、あるいはお姑さんが簡単に済ませてしまったなんてこともあるかもしれませんね。

実際のところ、「お食い初め」ってどのようにするのでしょうか?やり方や、食べる時の順番、そしてマナーなどは、ぜひ知っておきたいたいものですね。

今回は「お食い初め」の様々についてまとめてみました。

スポンサーリンク

お食い初めとはいつやるものなの?

お食い初めとは、どのような行事で、いつやるものなのでしょうか?

okuizome5

お食い初めとは

お食い初めとは、赤ちゃんが、生後百日の時に行う儀式です。

地域によっては、百十日、百二十日というところもあります。

この儀式は平安時代から続いており、母乳以外のものを初めて口にし、赤ちゃんの健康と、食べ物に一生困らないことを願うことが目的です。

吉日に行います

実際には、子供に食べさせず、食べる真似だけに留めることがほとんど。この日の前に、既に離乳食を食べ始めていても問題ありません。

日にちは、赤ちゃんが生まれて百日前後にある吉日や、赤ちゃん本人の体調に合わせて行われます。

お食い初めに必要なものは?

okuizome3

それではお食い初めには、何を用意すれば良いのでしょうか。

正式なお膳は一汁三菜、尾頭付き

まず、赤ちゃんのための食事を用意します。

正式な献立は、地域によって違いがありますが、

  • 尾頭付きの焼き魚(出来れば鯛)
  • すまし汁やお吸い物(具は鯛など)
  • 煮物
  • 香の物(お漬物)か梅干しか酢の物(紅白なます)
  • 白米、あるいはお赤飯

といったものを用意します。

自分で用意するのが難しい場合、最近では「仕出し料理店」で宅配してくれることもあります。

また、歯固め石と呼ばれる、神社の境内で拾っていた石を用意する地域もあります。

これは、子供の歯が丈夫になりますようにと願う、「歯固めの儀」で使用するものです。

正式には漆の御膳で

お食い初めで使う食器は、正式な手順で行うならば、漆の食器と柳箸が必要になります。

漆の食器は、お嫁さんの実家が用意するのが昔からの習わしですが、漆の食器は高価ですし、最近では使う機会も少ないもの。現在では漆ではなく、子供用の普通の食器を用意する場合も多いですね。

漆の食器にこだわるのであれば、食器をレンタルする方法もありますよ。

スポンサーリンク

お食い初めのやり方、食べ方の順番は?

お食い初めのやり方や、気をつける点などについて解説します。

okuizome4

年長者に食べさせてもらう

お食い初めの儀式は、「養い親」が儀式の進行を行います。

「養い親」とは、参加している親族の中で、祖父母など、一番の年長者にお願いしておきます。赤ちゃんが男の子なら男性の年長者に、女の子なら女性の年長者になります。

もし夫婦だけでお食い初めを行う場合は、子供の性別に関係なく、父親が行います。

次に、「養い親」が子供を膝にのせ、その年の恵方に向かって、食べさせる真似をします。あくまでも食べさせる真似ですので、食べ物を触れた箸を、子供に唇に触れる程度で充分です。

関連記事:恵方の意味・方角の決め方!恵方巻きの方角は?

*前日までに今年の方角を確認しておきましょう。

お食い初めでの食べる順番は?

儀式で食べる、食べ物の順番は地域によって様々。広く知られているのは、次の順番になります。

ご飯 → すまし汁 → ご飯 → お魚 → ご飯 → すまし汁

これを3回繰り返します。

次に紹介する順番は、「歯固めの儀」も行う場合です。

ご飯 → すまし汁 → ご飯 → お魚 → ご飯 → すまし汁 →

ご飯 → 煮物 → ご飯 → すまし汁 → ご飯 → 香の物(酢の物) →

ご飯 → すまし汁 → ご飯 → 歯固め石 → ご飯 → すまし汁

歯固めの儀とは

「歯固めの儀」は、用意した石を唇に触れさせたり、あるいは箸でさわり、その箸を子供の唇に触れさせます。

また、子供の唇に触れますので、綺麗に洗ってから儀式に使用しましょう。

神社によっては、歯固め石を用意してますので、あるのならその石を使われるといいですね。

使用した食器や小石などはどうするの?

お食い初めで使用した漆の食器は、その後の祝の席で使用しても問題ありません。子供用の食器を用意したのであれば、そのまま普段の食器として使用して下さい。

尚、歯固めの石は地域によって扱い方が違ってきます。へその緒と共に、半紙に包んで保管したり、神社の元の場所に戻すなど様々ですね。

いつの時代も子供を思う気持ちは同じ

okuizome2

時代の移り変わりで、お食い初めの儀式も最近は簡略化が進んではいます。しかし、儀式が簡略されても、親が子供の成長を願う気持ちは同じ。そうでなければ、平安時代から脈々と受け継がれてはいきませんよね。

お食い初めの儀式を行うことも大事ですが、赤ちゃんの健やかな成長を願うことの方が大切です

もし、子供がむずがったりしても、無理に行わないで、子供の気持ちを優先してあげて下さいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

帰省(きせい)の意味とは?帰郷(ききょう)との違いは何?

年末年始やお盆になると、故郷へ帰省する人も多いかと思います。 その結果、高速道路が大渋

記事を読む

立秋の候の時期はいつからいつまで?挨拶の例文もご紹介!

お盆の頃に届く手紙で、挨拶文に「立秋の候」と書いてあるのを見たことはありませんか?真夏の8月に立秋と

記事を読む

新盆・初盆の読み方や迎える時に行う事。盆提灯はどうする?

身内が亡くなられてから初めて迎えるお盆は、慣れないこともあって準備でまどうことばかり。特に気になるの

記事を読む

「すだれ」と「よしず」の違いと使い分け。涼しいのはどっち?

暑い夏にはクーラーなどが大活躍しますが、出来れば自然に涼みたいと思う方も多いのでは。また窓か

記事を読む

浅草寺の初詣、2017年の混雑予想!参拝時間はいつがいい?

浅草と言えば、江戸の「粋」がぎゅっと詰まった下町。国内外で大人気のスポット。 中でも浅

記事を読む

お中元を贈る時期はいつからいつまで?マナーで気を付けることは?

日頃お世話になっている方へ送るお中元は、夏の欠かせないご挨拶ですね。目上の方へ贈ることの多い

記事を読む

立冬の意味とは?2017年はいつ?何の食べ物を食べるといい?

秋も深まり朝晩が冷えてくると、そろそろ冬かな?と思う季節になります。 そんな頃、カレンダーを見

記事を読む

社日の意味や由来とは?2017年はいつ?

昔より日本では、その時期に合わせた様々な行事が行われています。カレンダーを見ていると、そんな行事の日

記事を読む

蚊取り線香の効果と範囲は?蚊以外にも効果はあるの?

夏になると気になるのが、嫌な羽音で飛び回る蚊のこと。 どこからか入り込んだ蚊に刺されると不愉快

記事を読む

小暑(しょうしょ)の意味は?2017年はいつ?その時期の食べ物には何があるの?

日本の季節を表す言葉は色々とあり、中にはあまり馴染みのない言葉もあります。 そういった言葉はカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

黒糖に含まれる栄養とカロリーは?効果的な摂取方法もご紹介!

料理やお菓子に欠かせない砂糖は、健康のことを考えるとあまり摂り

体や心に良いジャスミン茶の効果とは?おすすめの飲み方も紹介!

毎日口にすることの多いお茶は、香りで選ぶという人が多いのではな

健康にも美容にも!ルイボスティーの効果とおすすめの飲み方!

毎日の生活でホッとしたいときに、ふと飲みたくなるのがお茶。おな

高血圧気味の方におすすめの飲み物5選!飲料を選ぶポイントは?

高血圧を放置すると、動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞を引き起こす可能性が

DHAとEPAの違いとは?健康に優れたその効能と効果的な摂り方は?

毎日の食事では、お肉・野菜・魚・穀物などをバランスよく食べるこ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑