イースターの飾り

近では日本でも海外のイベントを取り入れ、楽しむようになって来ました。

その中でも、特にここ数年、日本でも少しずつですが定着しつつあるのが、
「イースター」です。

雑貨店で、カラフルに彩られた卵やうさぎが飾られているのを、見たことはありませんか?

あれらはイースターに用いる道具なんです。

名前だけは知ってるけれどイースターって何? という方も多いでしょう。

そんなイースターの由来やお祝いする意味、2019年にイースターがお祝いされる日についてまとめてみました。

スポンサーリンク

イースター(復活祭)とは何をする日なのか

日本でのイースターは一種のイベントですが、本来のイースターは、キリスト教におけるもっとも重要な祭日です

日本語に訳すと「復活祭」となりますが、これはキリストの復活をお祝いするお祭りだからです。

イースターエッグ

ごちそうを食べたり卵を使って遊ぶ日

キリスト教徒の方はイースターの日に、クリスマスと同じように、家族でごちそうを食べてお祝います

ごちそうと共に、卵を使った料理や、ゆで卵が振舞われるのもイースターならでは。

というのも、キリスト教において卵は生命の誕生を意味するもので、重要なものだと教られているからです。

卵を使った遊びを行うのも、イースターの特徴です。

例えば、

  • 家や庭に隠した卵を探し当てる、「エッグハント」
  • スプーンに乗せた卵を割らずに、誰が一番早く運べるかを競う「エッグレース」
  • 卵を割らないように転がして遊ぶ「エッグロール」

これらは全て、綺麗に色付けされた「イースターエッグ」が使われています。

関連記事:簡単手作り♪可愛いイースターエッグの作り方を一緒ご紹介!

うさぎと卵はイースターの象徴!

イースターにおいてうさぎは、沢山子供を生むことから、豊かな生命の象徴とされています。

また、イースターエッグを生んだのはうさぎである、という伝承も伝わっています。そのためイースターエッグと共に、うさぎをかたどったチョコレートなども飾られます。

飾られたうさぎや卵は、お祝いで集まった家族や友人でプレゼントとして交換します

飾られている卵も、チョコレートで出来た卵であることが多く子供たちに大人気。卵型のチョコレートは、中にちょっとしたプレゼントを入れて渡すことも。

指輪をいれて、恋人にプロポーズ、なんて事もよくあるそうですよ。

イースターの由来とは

キリスト教会

予言された奇跡の復活

キリストの生涯は、弟子の一人に裏切られ、十字架にかけられて処刑されてしまいます。

ですがキリストは復活すると予言があり、3日目に復活したことで、予言を現実のものとしました。

キリストが生涯起こした、数々の奇跡の中で最大のものがこの復活と言われています。

そのためキリスト教では、キリストが復活した日を、最も重要な祭日として扱っているのです。

※こちらも、教会でのイースターの風景ですね。

キリストの復活とともに、冬から春へと変わる季節をお祝いする祭日。それが、イースター(復活祭)なのです。

イースターの名は春の女神から

キリスト教は、各地に広まる過程で、その土地に伝わる風習などを取り込んでいったところもあります。

イースターの名称も、実は他の地域の伝承を取り込んだ名残りなのです。

アングロサクソン(今のデンマークやドイツ周辺)に伝わる、春の女神の名前がその由来。

春をお祝いするお祭りを象徴する女神と、キリストの復活祭が融合し、現在に伝わる「イースター」となりました。

スポンサーリンク

イースター2019年はいつ?日程の決め方は?

2019年のイースターは?

2019年のイースターは、4月21日(日)です。

イースターはクリスマスと違い、毎年日付が変わりますが、その年のイースターの日付は、
「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」
と定められています。

このため、イースターはその年によって、最大1ヶ月ほどの「ずれ」が生まれるんですね。

2019年は3月21日が春分の日ですので、この日から一番近い満月の日を探します。すると一番近い満月は4月19日(金)。そこから最初の日曜日は4月21日(日)になります。

この算出方法は一見面倒に見えますが、春分の日のあとの、最初の満月がわかれば簡単ですね

ちなみに2018年のイースターは4月1日でした。2019年は4月21日なので、半月以上日付が違っています。

うさぎとたまご

西暦以外を採用してる場合もある

これまでお伝えしているイースターの日というのは、カトリックやプロテスタントなどの「西方教会」での話。ギリシャ正教などの「東方教会」の場合は、算出方法は同じですが、基準となる暦が別のものになります。

私達が一般的に使っている暦は西暦と呼ばれ、別名グレゴリオ暦とも言います。西方教会で祝日を計算するときに採用しているのが、このグレゴリオ暦なのです。

一方、ほとんどの東方教会では、ユリウス暦という暦を採用しています。

どんな暦なのかは省略しますが、基本的にはグレゴリオ暦とユリウス暦のイースターの日は日付が違うのだと考えて下さい。

2019年度のユリウス暦でみた場合のイースターは4月28日(日)

グレゴリオ暦でのイースターとは1週間の違いになりますね。4月1日に友達と集まれない時は、ユリウス暦を採用して、4月28日に集まるのも面白いですよ。

ちなみにイースターの日は、年によってグレゴリオ暦(西方教会)・ユリウス暦(東方教会)とも同じ日になることもあります。

最近では、2017年が4月16日で同じ日になりました。次にグレゴリオ暦とユリウス暦のイースターが同じ日になるのは2025年。少し先になりますね。

関連記事:イースター休暇とはいつ?グッドフライデーやイースターマンデーとは?

来年以降のイースターの日付は? 

イースターは広い範囲で毎年ごとの日付が変わります。わかりやすいように過去から未来にかけて、西方教会・東方教会のイースターの日付を一覧にしておきましたので、参考にしてみて下さいね。

年度 イースターの日付
グレゴリオ暦
(西方教会)
ユリウス暦
(東方教会)
2014年 4月20日
2015年 4月5日 4月12日
2016年 3月27日 5月1日
2017年 4月16日
2018年 4月1日 4月8日
2019年 4月21日 4月28日
2020年 4月12日 4月19日
2021年 4月4日 5月2日
2022年 4月17日 4月24日
2023年 4月9日 4月16日
2024年 3月31日 5月1日
2025年 4月20日
2026年 4月5日 4月12日

春をお祝いしよう

イースター

イースターは、イベントとしても知名度が上がってきていて、少しづつ日本でも定着しつつあります。ディズニー・イースターも毎年人気ですね。

参考記事:春のディズニーイースター!見どころや楽しみ方は?

でもイースターは本来はキリスト教の祭日。イースターのお祝いに参加する場合も、祭りの意味を知って、あまりハメを外しすぎないようにしましょう。

と言っても難しく考えることはありません。春が来たことをみんなで楽しくお祝いすれば大丈夫ですよ。

3月下旬~4月にかけては、場所によっては桜も見頃を迎えています。日本の春の象徴である桜とともに、イースターのお祭りで春を楽しみたいですね。