部屋に入る女性

生活をスタートする女性の中には、初めての一人暮らしとなる方もいるのではないでしょうか。

自分だけの部屋なので、可愛い部屋を作りたいなど、あれこれ思い描いくのはとても楽しいですよね。

けれども、女性の一人暮らしは、楽しいだけではいられない側面も。油断はしていなかったのに、トラブルにまき込まてしまった…となると、大変です!

そこで、気をつけるだけで安全度が変わってくる、女性の一人暮らしの防犯対策の方法についてまとめてみました。

防犯対策: 住居編

防犯対策は、お部屋選びから始まっています。

駅チカ、オートロック、カメラ付き

マンションの住居

借りる部屋のポイントは、オートロックで、カメラ付きのインターホンがある部屋がお勧めです。

オートロックがあれば、部外者は入りにくいもの。万が一入ってきても、インターホン越しに相手が確認出来れば、不用意にドアを開ける事も減らせます。

可能であれば、最寄りの交通機関より、徒歩10分以内の「駅チカ物件」がベストです。一人歩きの時間を減らせるだけでも、犯罪に巻き込まれる確率を大幅に減らすことにつながりますよ。

オートロックでも防犯意識を

実はオートロックは、万能ではありません。

他の住人が開けた隙に入り込む不審者もいますし、中には、不用意に開けたままにする住人もいるかもしれません。また、マンション住人がトラブルの原因、なんてことも無いとは言えないでしょう。

ですので、オートロックがあっても過信しないことです。

帰宅したら、玄関の鍵は掛け、出入りする時以外は、短時間でも施錠しましょう。

不在時は窓も全て施錠し、空気を入れ替える時も、一定以上開かない防犯グッズを利用したいですね。

防犯対策: 生活編

新しい部屋に暮らし始めてからも、次のことに気を配るようにしましょう。

洗濯は外に干さない

女性の一人暮らしだという事が外部に漏れるだけで、犯罪者に目をつけられやすくなります。

一人暮らしと悟られない定番の対策としては、「洗濯物に男性物の下着を一緒に干す」というのがありますよね。

ただ、この対策は今では良く知られていて、1枚だけではカモフラージュしていることがバレてしまうことも。

洗濯物は出来るなら、外に干さないで室内干しにしましょう。どうしても外に干したい場合は、男物の衣服上下を用意し、一緒に干す工夫をするといいですね。

選択ものを干す

ゴミ捨ては慎重に

捨てた後のゴミをあさり、その内容から住人を把握する犯罪者もいるようです。

可能であれば、ゴミ回収時間ギリギリに出すようにして、他人の目にできるだけ触れない努力をしましょう

明細書やカード類はシュレッダーにかけてから、数回に分けて捨てる工夫も大切です。

また、女性だと判ってしまう様な物は、細かく切り刻んで原型をとどめないようにしましょう。

窓から見える部分に気をつける

可愛いものや、自分好みの雑貨で、素敵な部屋にしたい気持ちはすごくわかります。

ですが、外から見える部分に、いかにも女性が住んでると分かる物を置くのはちょっと危険です

窃盗犯は、見える部分に隙のある家に、狙いを定めます。

3階以下の部屋に住む場合は、できれば窓には何も飾らないようにしましょう。

また、カーテンも、外から透けない遮光タイプのカーテンを選ぶと、中の住人が分りづらくなりますよ。

スポンサーリンク

防犯対策: 通勤・通学編

通勤・通学時は、意外と他人に見られているもの。油断は禁物です。

スマホの「ながら」は厳禁!

スマホのながら操作

歩きながらのスマホ操作はとても危険!歩きスマホは止めましょう。

【関連記事】歩きスマホが迷惑で危険な理由。どう対策したらいい?

音楽を聞きながらの通勤も、出来れば控えた方がいいですね。

周囲の音が聞こえづらい状態だと、周辺への注意力が下がりますので、もし後をつけられた場合、気づきづらくなります。

また、電車内でのスマホ操作も、周囲の人が覗き込む可能性があります。メールの内容、SNSへの書き込みを見られると、そこから個人を特定される恐れがありますよ。

住まいを特定されないように

帰宅ルートは複数持つようにしましょう。

帰宅するルートが1つだけだと、毎日同じ時間に通る人と認識され、そこから住まいを特定される危険があるんです。

また、よく利用するコンビニやスーパーは1つに固定せず、複数利用するようにしましょう。特にコンビニで公共料金を支払う場合は、毎回同じところを利用せず、時々は別の所を利用するのもいいですね。

コンビニ店員経由で、住まいが特定されることもある世の中。用心にこしたことは無いですよ。

更に、マンションへの出入り時は、周囲に不審者がいないか必ず確認してから入りましょう。

もし、不安を覚えるような人がいた場合は、別の場所へ移動して時間をずらして帰宅するようにして下さい。

【関連記事】

警戒しすぎても良くないですが・・

最後に確認!

性の一人暮らしは、何かと不安がつきまといますよね。防犯意識を高めて、対策をすることはとても大事なことです。

いろいろと女性の一人暮らしの対策をご紹介はしましたが。ガチガチに緊張し続けでも、精神的に疲れてしまうもの。油断してはいけませんが、警戒心むき出しでも、逆に目立って狙われてしまいます。

気は緩めず、普段どおりにさりげなく防犯意識を高めていくようにしましょう。