hotaruika4

行に行く目的は様々ですが、ここでしか見られないもの、というのはありますよね。それもロマンティックで、非日常的なものなら、尚更見たいと思うもの。

そんなあなたにおすすめなのが、富山で期間限定で見られる、
「ホタルイカの身投げ」

”身投げ”ってビックリしますが、実はとてもロマンチックでもあるんですね。

その「ホタルの身投げ」の時期や見どころ、また「ホタルイカすくい」についてご紹介します!

スポンサーリンク

ホタルイカの身投げ?場所はどこ?

言葉だけ聞くとちょっと”ギョ!”としてしまいますが、「ホタルイカの身投げ」とは一体どういうものなのでしょうか?

富山名物「ホタルイカの身投げ」

hotaruika1.namerikawa.jpg

ホタルイカの主な生息地は、日本海全域と太平洋の一部地域ですが、特に富山県は、「ホタルイカ群遊海面」という、特別天然記念物があるほどです。

その富山湾周辺で毎年見られるのが、「ホタルイカの身投げ」

特に、富山県東部の滑川市付近が、ホタルイカが多く水揚げされてくるところとして有名です。

次世代へつなげる「身投げ」

ホタルイカは、触手の先端に発光機がついており、何かに触れると淡く発光します。その様子が、ホタルのように見えるためこの名前がつきました。

ホタルイカは、産卵の時期を迎えると、大量に海岸へ押し寄せます。やがて力尽きて浜に打ち上げられる様子を「身投げ」と呼ぶのです。

海岸線に延々と、青白い「線」を作るその光景は実に幻想的です。

◯富山、春の絶景 – ホタルイカの身投げ (Firefly Squids in Toyama)

人間が美しいと思うこの光景の裏では、次世代に命をつなげるリレーが行われているのです。だからこそ、幻想的で美しいのかも知れませんね。

身投げの時期や時間はいつ頃なの?

ホタルイカの身投げは、いつ頃見られるのでしょうか。

hotaruika2

産卵時期は4月頃

ホタルイカの身投げが見られるのは、毎年2月下旬から5月頃です。普段は深海にいるホタルイカも、この時だけは産卵のために浅瀬に上がってきます。そして、一斉に海岸沿いに向かって泳ぎだすわけです。

ただ、この時期であればいつでも「身投げ」が見られるというものではありません。ホタルイカの身投げが見られるのは、ある条件を満たした時なのです。

新月の夜、身投げが見られる

その条件とは、
「新月の夜」ということです。

これは、地元の方の長年の経験から言われています。

一節には、月の光を頼りに泳ぐホタルイカが、新月で方向を見失い、Uターンできなくなるから、と言われていますが、他にも様々な理由があるようです。地元の方の経験に優るものはないですね。

「新月の夜」以外にも
・波が穏やかな日
・晴天で、海中が綺麗な日
・深夜から未明にかけての満潮時

が、身投げが見られる条件とも言われています。

ただし、自然の生き物が相手。絶対この時に見られるというわけではありません。もし見られなくても、それもまた自然、という、おおらかな心構えでいる方がきっと楽しいですよ。

スポンサーリンク

新月はいつ?

2017年の2月から5月の新月の日程は次の通りです。

2月26日(日) 23時59分
3月28日(火) 11時58分
4月26日(水) 21時17分
5月26日(金) 4時45分

このうち、2月26日はシーズン序盤ですので、あまり期待できません。3月28日は日中に新月が来ますので、これもあまりお勧めはできませんね。

なので、シーズン最中である、4月26日、または5月26日あたりが一番の見頃ではないでしょうか。

ホタルイカすくいって?

hotaruika3

ホタルイカの身投げを堪能したら、次は身投げをすくいませんか?

食べるなら身投げ前

身投げ後のホタルイカですが、浜に打ち上げられて砂まみれです。さらに、産卵で体力を使い果たしてますので、実はあまり美味しくありません。

そこで、浜に打ち上げられる前に網などですくい取り、美味しく頂くのが「ホタルイカすくい」なのです。

ホタルイカすくいには、特別な許可証は不要です。誰でに気軽に楽しむ事ができます。

必要な道具は、10mmほどの網がついたタモ網と、明るめの懐中電灯ぐらいと簡単です。あとは、取れたホタルイカを入れておくための、クーラーバッグと氷が必要ですね。

道具も大切ですが、かなり冷えるので、しっかりとした防寒対策と、防水対策も重要です。特に足元は滑りやすいので、実用第一なスニーカーや、ゴム長靴を用意しておきましょう。

取ったイカは生食しないこと

ホタルイカは、内臓等に寄生虫がいる確率が高いイカなんです。寄生虫が体内に入ると、激しい腹痛を起こす場合があるので注意が必要です。

対策としては、内臓をしっかり取り除くことと、自分で取ったホタルイカは生で食べない事です。出来れば加熱して食べるのがいいですね。

生食も可能ですが、するにしても、調理は必ずプロに任せるようにして下さい

神秘的な身投げを堪能して

青白く、淡く光るホタルイカの身投げは、見る条件もなかなか厳しく、行っても見られない可能性があります。こればかりは、相手が自然ですので、広い心で見に行くようにしたほうが良いでしょう。

もし見られた時は、新しい命のリレーが行われていることを決して忘れず、その景色を目に灼きつけて下さい!

また、これは当然ですが、夜の遅い時間ですから、海辺沿いにお住まいの方に迷惑にならないように、騒がず静かにマナーを守って行動するようにしましょう。

夜の海岸は暗く、滑りやすくなっています。海風で体が冷えないように、防寒対策を行い足元に気をつけて下さいね。