ikanagokugini1

西地方、特に兵庫県の阪神・淡路地域では、2月下旬から3月にかけて「いかなごのくぎ煮」が作られます

イカナゴ漁の解禁日ともなると、新鮮な「いかなご」を求める市民が、朝から容器片手にお店に並びます。そして、買ってすぐに「くぎ煮」を作る家庭も多く、あたりにお醤油と砂糖の香りが漂います。

それが、阪神・淡路地域では春を告げる風物詩となっています。

関西以外では、あまり馴染みのない「いかなごのくぎ煮」。香りからして美味しそうですよね。

この記事では、いかなごのくぎ煮とは?また解禁日はいつ頃なのか? についてまとめてみました。

スポンサーリンク

いかなごとはどんな生き物?

いかなる魚の子なりや

ikanagokugini4

「いかなご」とは、スズキ目イカナゴ科の魚で、玉筋魚、または?子と書きます。

最大で20センチほどになりますが、くぎ煮に使われるのは、2センチ~5センチの大きさのもの。しらすや、しらすを干したジャコに似ていますが、あちらはイワシの稚魚なので、種類が違うんですね。

ある旅人が、何の稚魚なのかわからない魚の名前を地元の漁師に尋ねたところ、言われた言葉が、「いかなる魚の子なりや」。いかなごの名前は、ここからきているという説が有力です。

小女子・女郎人・カナギ

「いかなご」と言われると、地域によっては、今ひとつピンと来ない方もいるかも知れませんね。

ですが、

  • こうなご
  • めろうど
  • カナギ

などと言われると、『ああ!それ!』と思い当たる人もいるでしょう。

いかなごは、地域によって呼び方が変わる魚なのです。

  • 北海道 → 小女子(こおなご)、大女子(おおなご)
  • 東北  → 女郎人(めろうど)
  • 関東  → 小女子(こおなご)
  • 九州  → 金釘(カナギ)

呼び方は違いますが、どれも同じ「いかなご」を指す名前なんですね。

スポンサーリンク

いかなごのくぎ煮って?

そんないかなごのくぎ煮(釘煮)とは何なのでしょうか。

家ごとに味が違うくぎ煮

いかなごのくぎ煮とは、簡単に説明すると「佃煮」の事。

新鮮ないかなごを、醤油、みりん、砂糖、生姜で、汁気が無くなるまで、煮込んだものです。

作る際のポイントとしては、煮るときにかき混ぜるといかなごが崩れるので、なるべく触らないことです。各家庭で、分量を変えたり、違う調味料を使うので、それぞれの家で味が違います。

鮮度が命

いかなごは、鮮度が落ちやすい魚のため、朝に水揚げされたものを入手する必要があります。

そのため、特に解禁日の朝になると、神戸近郊の市民はいかなごを入れる容器を片手に、魚屋に並びます。

そして、購入したら急いで帰宅し、くぎ煮を作り出すもの。くぎ煮の香りに包まれるので、この香りで春を感じるのだそうですよ。

釘のような形と色

そもそも何故、「くぎ煮」と呼ばれるのでしょう?

これは、いかなごの姿から来ています。醤油をまとい、飴色に光るいかなごは、少し曲がった、錆びた釘に似ています。

そこから、「くぎ煮」と呼ばれるようになりました。

いかなごの解禁日は?

ikanagokugini3

いかなごの解禁日は、いつ頃になるのでしょう。

いかなごの解禁日は2月下旬から3月頭

くぎ煮に使われるいかなごは、2月下旬から3月の頭ごろが解禁日となります。

  • 2017年は3月7日
  • 2016年は3月7日
  • 2015年は2月26日
  • 2014年は2月28日
  • 2013年は2月23日

でした。

ここ最近の全般的な傾向としては、温暖化の影響で早まっているのですが、直近の2016・2017年の2年は、解禁日が少し遅くなりました。

海が寒いと遅くなりますが、2018年の冬は平年並みに寒くなる見込み。なので、解禁日は前年と同じように3月にずれこむ可能性は高そうですね。

いかなごの漁期は、例年2月下旬から3月一杯までの約1ヶ月ほど。神戸市立水産技術センターが、稚魚の生育状況を調査し、2月中旬から下旬ごろに解禁日を決定しています

いかなごの環境を守ろう

いかなごは豊漁の状態で安定していますが、全体的には減少傾向に。原因は、温暖化や生育環境の悪化ではないかと言われています。

いかなごは、瀬戸内海の綺麗な砂の中で夏を過ごし成長する性質があります。この環境を守って、毎年沢山のいかなごが捕れる環境を維持したいですね。

神戸に行ってくぎ煮を食べよう!

いかなごのくぎ煮は、神戸あたりでは家庭の味と言えますが、お店でも、通販でももちろん買うことができますよ。

とは言え、どうせ食べるのであれば、作りたてを食べたいところですね。

関西に行くと、スーパーなどでも販売していますし、調理器具の使える宿泊施設で自分で作るのも面白いです。

あなたも、甘い「くぎ煮」の香りに包まれるこの時期、神戸へ行きませんか?