あなたは歯茎の腫れで悩んだ事はありますか?

歯茎が痛い場合は、早く治したいですよね。

忙しかったりすると歯医者さんになかなか足が向かないものですが、歯茎が腫れて痛い時の症状がどうなのか、早めに原因は確認しておきたいところですね。

今回は、歯茎が痛い時に、その腫れる原因と、歯医者さんで行う治療法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

歯茎が腫れる原因には何があるの?

haguki1

歯茎が腫れている時、必ずしも痛みが伴わなかったり痛みが少なかったりすることがあります。

時間が経つと痛みも治ってしまったりするので、『なぁんだ。大した事なかったんだ』と思いがち。

でも、痛くなくなったからと言って放っておいてはいけません!

腫れがひどくなったり、知らない間に歯茎の中で骨が溶けてしまったりする事があるからです

歯茎の腫れの原因は様々ありますが、三大原因は

  • 歯周病
  • 歯の根の炎症
  • 親知らずの腫れ

です。

歯周病

歯周病は、口の中が『歯周病菌』に感染している状態。歯垢が歯の表面に溜まると、その中で悪玉菌が増えて毒素を出すバイオフィルムになります。

この毒素に歯茎が負けてしまって、炎症が起きて歯茎が腫れるようになります。

こんな症状はありませんか?

  • 歯磨きの時に血が出る
  • 朝起きた時に口がネバネバする
  • 口臭がある
  • 歯茎がムズムズする気がする

これは歯周病のサインです。

歯周病が進行すると歯の根や歯を支える骨にまで歯周病菌が浸食して、歯が抜けてしまう事もあります。早めに歯医者さんに行きましょう。

歯の根の炎症

歯茎に小さな袋のような腫れがあって、膿みが出てくる。こういう時は、歯の根に原因があるから。歯の根に炎症があると、歯茎が腫れてきます。これは、神経を抜く治療をした歯におこる事が多いんですね。

歯の根にヒビが入っている時も歯茎は腫れてきます。歯茎に埋まっている歯の根の部分が割れてしまうと、炎症して腫れてくるのです。

歯ぎしりする人、噛み癖がある人、そして噛む力が強い人に多いですね。

親知らずの腫れ

親知らずの周囲が炎症を起こすと歯茎が腫れてきます。

  • 噛むと、歯が腫れている場所にさわって痛い。
  • 口が開けづらい。

という症状が併発する事があります。

歯茎が腫れる要因は他にもあります。

歯茎は、体の変化を感じやすい部分。その分、自分では原因が分からない事が多いんですね。

1つの原因だけでなく、いろいろな要因が重なり合って症状が出ている事もあるようなので、異常を感じたら、早めに歯医者さんに行くようにしましょう。

スポンサーリンク

歯医者さんではどんな治療をするの?

実際に歯茎が腫れてしまった症状が出た場合、歯医者さんではどんな治療をするのでしょうか?

原因によっても違ってきますが、順番にご紹介します。

haguki3

歯周病が原因の場合

歯周病が進行する事で歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。この歯周ポケットに細菌や歯垢・歯石が溜まると歯茎が腫れてきます。

この場合の治療法は、歯のクリーニング

まず、歯科衛生士にクリーニングをしてもらいます。歯周ポケットの歯石をとってもらうわけですね。そして歯磨きの指導もしてもらいます。

その後は、歯磨きとデンタルフロスを使って丁寧にケアをする事で克服できます。歯茎の周りに最近を残さないように日頃からのケアが大切になります。

□歯周病の進行と各段階の症状

歯の根元が原因の場合

歯の根の治療が不十分だったり神経が死んでしまった事で、根の部分に細菌が侵入して膿みを作ってしまいます。

こうした時の治療法は、根にある細菌をすべて取り去る治療をします。

細菌が自然になくなる事がないからですね。根管治療といって、歯の神経の穴の消毒をする事で改善する事ができるんです。

歯の根にヒビが入ったり割れていると、その隙間から細菌が体内に侵入して、腫れたり痛んだりします。

治療法はいくつかあります。

接着剤

割れ目を接着剤でくっつける治療です。ほとんどの場合改善しないようで、あまり期待はできません。

被せ物・クラウン

割れた部分を取り除いて、被せ物を作ります。ヒビが浅い位置で止まっていて、健康な根が長く残っている事が条件です。

抜歯

根の先まで割れている場合は、歯を残すことは出来ません。残念ながら、抜歯の道しかありません。

親知らずが原因の場合

親知らずは横向きに生えてきたり、斜めに生えてきたりする事が多いので、親知らずの周りに被っている歯茎の中に細菌が溜まってしまいます。

細菌が溜まると、歯茎が腫れて痛みだす、ということです。

腫れて盛り上がってしまった歯茎は、噛み合う親知らずのせいでさらに腫れる。

悪循環ですね。

この場合の治療法は、抜歯

放っておくと、噛み合わせが悪くなったり歯並びが悪くなったりします。早期に抜歯をする事で、親知らず周辺の歯に悪い影響が及ぶのを抑えます。

haguki2

早めに歯医者さんに

【関連記事】
歯茎が腫れて痛い時の応急措置は?予防法もあわせてご紹介!

今回は、歯茎の腫れの原因、そして治療法についてご紹介しました。

歯茎が腫れる原因は様々あります。その原因によって治療法は違いますが、重要なことは歯茎の異常を感じたら、我慢せずになるべく早めに歯医者さんにみてもらうことです。

早め早めの治療が何よりも大事なことですね。