梅の花

桜の花が開くと、いよいよ春ですが、その前に咲く「梅」も、春を告げる花ですよね。現在は、お花見といえば桜を指しますが、平安時代初期までは、梅を愛でる行事だったんですよ。

古都・京都の北野天満宮も、そんな梅の名所ですが、毎年2月の梅花祭の頃に梅のピークを迎えます。

そんな北野天満宮・梅花祭、2019年の開催日や由来、見どころ、また梅の見頃について紹介します。

スポンサーリンク

北野天満宮の梅花祭、2019年の日程

梅の花

古都京都にある北野天満宮は、「天神様」こと菅原道真公を祀る神社です。天神様は学問と雷の神様で、福岡にある太宰府天満宮とともに、受験シーズンには参拝客で賑わいます。

そんな北野天満宮の梅花祭(ばいかさい)は、道真公の命日に由来する祭典なので、毎年2月25日に開催されます。

  • 開催日:2019年2月25日(月)
  • 開催場所:北野天満宮(京都市上京区馬喰町)
  • 参拝時間:5時30分~17時30分
  • ライトアップ:日没~21時頃
  • 野点大茶湯:10時~15時(野点拝服券:2000円)

北野天満宮・梅花祭とは?

北野天満宮の由来

北野天満宮

野天満宮は、「天神様」こと、菅原道真公を祀る神社です。天神様は学問と雷の神様で、福岡にある太宰府天満宮とともに、受験シーズンには参拝客で賑わいます。

菅原道真公は平安時代の貴族で、非常に頭の良い人であったと伝えられています。

しかし、朝廷の政権争いに巻き込まれて罪を着せられてしまい、現在の福岡県太宰府に左遷されて失意のまま亡くなってしまいました。道真公が亡くなった後、当時の朝廷内に落雷などの被害が相次ぎました。

これを「道真公のたたり」だと、朝廷内の貴族が恐れるようになり、道真公を慰めるために神社を建立したのが、「北野天満宮」の始まりです。

北野天満宮の梅花祭とは?

菅原道真公は、梅の花をとても愛した人物としても知られていて、ある和歌を詠んでいます。

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな

これは、失意のうちに太宰府へ左遷させられた時期に詠んだ歌と、言われています。

「京都に咲く梅の花よ、私がいなくても忘れずに咲いてほしい。そして、太宰府まで香りを届けておくれ」 と歌っているのです。

それほどまでに梅を愛した道真公が、亡くなった日というのが、2月25日です。

毎年その2月25日に道真公を悼んで行われる祭典が、「梅花祭」なのです。

スポンサーリンク

北野天満宮の梅の見頃や「梅花祭」の見どころは?

梅苑公開

菅原道真公が梅を好んでいたことから、北野天満宮には、50種約1500本の梅の木が植えられています。

梅は北野天満宮の「梅苑」で見ることができ、丁度「梅花祭」の時期に見頃を迎えます

北野天満宮の梅は1月始め頃には開花しますが、「梅苑」は梅の開花状況に合わせて例年2月上旬頃から、3月下旬頃にかけて公開されます2019年は暖冬傾向のため、梅の開花が早まると予想されますので、例年よりも早く「梅苑」が公開されそうですね。

梅苑公開時の入苑時間・拝観料は次の通りです。

  • 入苑時間:10:00~16:00
  • 入苑拝観料:中学生以上800円・小人400円(いずれも茶菓子付き)
  • *障害者割引き有り(大人400円・子供200円)

  • ライトアップ期間:2月22日(金)~3月17日(日)のうち、金・土・日

茶菓子やお茶を頂きつつ、道真公が愛した梅の花をゆっくりと眺めるのも風流ですね。北野天満宮では、梅花祭に限らず、梅の時期にはいつでも梅花を愛でる事ができますよ。

*梅花祭当日以外にも、「梅苑公開」時の金土日の夜はライトアップも行われてますよ。

梅花祭野点大茶湯

三光門(中門)のすぐ西側にある、三光門前広場(さんこうもんまえひろば)にて、午前10時頃から午後3時頃まで、野点(梅花祭野点大茶湯)が行われます

野点

この野点は、豊臣秀吉が催した大茶会が由来となっている、とても伝統ある行事。毎年、綺麗な舞妓さんがお茶を点てて、参加者に振る舞ってくれます。

参加するには、三連券(初穂料)を購入する必要がありますが、誰でも参加できますので、事前に入手しておきましょう。

「三連券」とは、

  • 野点拝服券
  • 宝物殿拝観券
  • 撤饌引換券(お守り等がもらえます)

がセットになったもの。

毎年1月25日に、北野天満宮にて2000円で配布されます。先着3000名と数が限られているので、地方の方は入手は大変かも知れませんね。

ただ「当日券」も少しはあるようですので、野点に参加したい方は早めに行ってみられるといいですよ。

また梅花祭野点大茶湯への参加が難しくても、見物はできます。ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

□京都・北野天満宮「梅花祭」

*沢山の人でにぎわう野点大茶湯では、舞妓さんからお茶を頂きます。

北野天満宮へのアクセスは?

北野天満宮には駐車場がありますが、梅花祭当日は使用できません。そのため、梅花祭に行くには、電車などの交通機関を利用すると便利です。

◎JR京都駅周辺から向かう場合

京都駅から、市バス50系列・101系統を利用すると便利です。およそ40分ほど乗り、「北野天満宮前」で下車すると、目の前に北野天満宮があります。

◎JR二条駅周辺から向かう場合

市バス55系統を利用すると便利です。約20分ほどで「北野天満宮前」に到着します。

◎嵐山方面より向かう場合

嵐山より、京福電車に乗り、「帷子ノ辻」で北野線に乗り換えます。そのまま終点「北野白梅町」まで乗ります。徒歩5分で北野天満宮です。

梅を愛で、天神様にあやかって

北野天満宮

野天満宮は、古都・京都ならではの風情があふれるスポットです。

梅花祭の歴史は900年以上と古く、古都・京都ならではの光景にも出会えることでしょう。

また、この時期は、受験シーズン終盤でもあります。もし身内の方に、これから受験という方がいましたらお守りをおみやげにするのはいかがですか?

梅花祭で、拝観してから授かったお守りですので、ご利益も期待出来るかも知れませんよ。