北野天満宮の梅花祭!2017年の開催日と見どころは?

kitanotenmangu1

桜の花が開くと、いよいよ春ですが、その前に咲く「梅」も、春を告げる花ですよね。現在は、お花見といえば桜を指しますが、平安時代初期までは、梅を愛でる行事だったんですよ。

古都・京都の北野天満宮も、そんな梅の名所ですが、毎年2月の梅花祭の頃に梅のピークを迎えます。

今回は、北野天満宮 梅花祭の由来や、2017年の開催日や見どころなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

北野天満宮・梅花祭とは

北野天満宮の由来

kitanotenmangu5

野天満宮は、「天神様」こと、菅原道真公を祀る神社です。天神様は学問と雷の神様で、福岡にある太宰府天満宮とともに、受験シーズンには参拝客で賑わいます。

菅原道真公は、平安時代の貴族で、非常に頭の良い人であったと、伝えられています。

しかし、朝廷の政権争いに巻き込まれて罪を着せられてしまい、現在の福岡県太宰府に左遷されて失意のまま亡くなってしまいました。道真公が亡くなった後、当時の朝廷内に落雷などの被害が相次ぎました。

これを「道真公のたたり」だと、朝廷内の貴族が恐れるようになり、道真公を慰めるために神社を建立したのが、「北野天満宮」の始まりです。

北野天満宮の梅花祭とは

kitanotenmangu2

菅原道真公は、梅の花をとても愛した人物としても知られていて、ある和歌を詠んでいます。

東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな

これは、失意のうちに太宰府へ左遷させられた時期に詠んだ歌と、言われています。

「京都に咲く梅の花よ、私がいなくても忘れずに咲いてほしい。そして、太宰府まで香りを届けておくれ」 と歌っているのです。

それほどまでに、梅を愛した道真公が、亡くなった日が、2月25日です。

毎年その2月25日に道真公を悼んで行われる祭典が、
「梅花祭」なのです。

2017年の日程について

京都・北野天満宮の梅花祭は、道真公の命日に由来する祭典なので、毎年2月25日に開催されます。

2017年の開催も2月25日に。

この時期の参拝時間は5時半~17時半頃です。

また、「梅花祭」の祭典は、10時頃に本殿にて行われます。平安時代から続く由緒正しい行事を見るチャンスですね。

スポンサーリンク

北野天満宮 梅花祭の見どころ

梅苑

道真公が梅を好んでいたことから、北野天満宮には、約1500本の梅の木が植えられています。

梅は「梅苑」で見ることが出来、丁度、梅花祭の時期に見頃を迎えます

梅苑には、大人(中学生以上)が700円、小人が350円の入苑料がかかりますが、梅茶とお菓子が付きます。

道真公が愛した梅の花をお茶を頂きつつ、ゆっくりと眺めるのも風流ですね。

梅苑は2月初旬~3月下旬ごろまで開苑していますので、梅花祭に限らず、梅の時期にはいつでも梅花を愛でる事ができますよ。

野点(茶会)

kitanotenmangu3

三光門前広場にて、午前10時頃から午後3時頃まで、野点(梅花祭野点大茶湯)が行われます

この野点は、豊臣秀吉が催した大茶会が由来となっている、とても伝統ある行事。毎年、綺麗な舞妓さんがお茶を点てて、参加者に振る舞ってくれます。

参加するには、三連券を購入する必要がありますのが、誰でも参加が可能ですので、事前に入手しておきましょう。

三連券とは、野点拝服券・宝物殿拝観券・撤饌引換券(お守り等がもらえます)がセットになったもので、毎年1月25日に、北野天満宮にて、1500円で配布されます。先着3000名と数が限られているので、地方の方は入手は大変かも知れませんね。

野点には参加が難しくても見物はできますので、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

北野天満宮へのアクセスは?

北野天満宮には駐車場がありますが、梅花祭当日は使用できません。そのため、梅花祭に行くには、電車などの交通機関を利用すると便利です。

◎JR京都駅周辺から向かう場合

京都駅から、市バス50系列・101系統を利用すると便利です。およそ40分ほど乗り、「北野天満宮前」で下車すると、目の前に北野天満宮があります。

◎JR二条駅周辺から向かう場合

市バス55系統を利用すると便利です。約20分ほどで「北野天満宮前」に到着します。

◎嵐山方面より向かう場合

嵐山より、京福電車に乗り、「帷子ノ辻」で北野線に乗り換えます。そのまま終点「北野白梅町」まで乗り、徒歩5分で、北野天満宮です。

梅を愛で、天神様にあやかって

kitanotenmangu4

北野天満宮は、京都ならではの、風情があふれるスポットです。

梅花祭の歴史は900年以上と古く、古都・京都ならではの光景にも出会えることでしょう。

また、この時期は、受験シーズン終盤でもあります。もし身内の方に、これから受験という方がいましたらお守りをおみやげにするのはいかがですか?

梅花祭で、拝観してから授かったお守りですので、ご利益も期待出来るかも知れませんよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

東北の秋田竿燈まつり。2017年の日程と見どころをご紹介!

日本全国で行われるお祭りは、その土地の風土に根づき、独自の発展をとげたものも多く有ります。中

記事を読む

花菖蒲を楽しむなら葛飾菖蒲まつり!2017年の見頃は?

梅雨の時期はつい家にこもりがちですが、草花にとって潤いと成長の時期。 あじさいも美しい

記事を読む

荒々しい祭、博多祇園山笠!2017年の日程と見どころは?

日本全国には様々な祭りがあり、その内容もバラエティに富んでいます。 その中でもエネルギ

記事を読む

湯島天神梅まつり、2017年の開催日と見どころは?

https://youtu.be/Ob5cQwmOTgY 「東風(こち)吹かば 匂いおこせよ

記事を読む

水戸偕楽園の夜梅祭2017!開催日と見どころは?

https://youtu.be/MnVFblRTtzA お花見と言えば「桜」と思う方が多いか

記事を読む

千葉の柏祭り2017年の日程と見どころ!アクセスや交通規制は?

全国各地で開催されるお祭りには、長い歴史を重ねるものも数多くあります。踊りが特徴的なものや、

記事を読む

愛媛西条祭り2017年の日程は?神輿とだんじりが大集結!

通常お祭りで見かけるお神輿(みこし)などは、多くても10台ほどではないでしょうか。 と

記事を読む

長崎ランタンフェスティバル2017!開催期間や見どころをご紹介!

外国へは行けないけれど、国内で異国情緒を味わえる地域はいくつかあります。 特に長崎。

記事を読む

浅草神社の三社祭。2017年の日程や見どころ!交通規制は?

祭りと聞くと、どの様な光景が浮かびますでしょうか? 法被(はっぴ)を来た威勢のよい男集

記事を読む

浅草ほおずき市の由来。2017年はいつ?ほおづきの値段は?

夏の訪れを感じるものは様々ですが、「ほおずき市」の開催で感じる人も多いのでは。 初夏になると全

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

DHAとEPAの違いとは?健康に優れたその効能と効果的な摂り方は?

毎日の食事では、お肉・野菜・魚・穀物などをバランスよく食べるこ

人気の高いみかんの種類や特徴とは?美味しいみかんの選び方もご紹介!

寒くなると出回りだすみかんは、冬に欠かせない果物の一つ。ビタミ

千歳の支笏湖氷濤まつり2018年の日程と見どころ!花火の時間は?

冬の北海道と言えば、凍えるような寒さと雪が特徴的。そしてこの雪や寒さを

旭川冬まつり2018年の日程と見どころ!花火はいつ?ゲストも楽しみ!

北海道の冬は雪が多く、それらを活かしたイベントも多く行われています。

層雲峡氷瀑まつり2018年の日程や見どころ!花火の時間は?

冬は寒くて外出を控えがちですが、だからこそ楽しめる光景がたくさ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑