movingone1
進学や就職などで、親元を離れて
一人暮らしを始める時って、
ワクワクしますよね。

一人暮らしで始めたい事も沢山あるし、
不安と期待で胸いっぱいではありませんか?

でもその前に、
引越しという大仕事が待っています。

準備が適当だと、引越し当日なのにバタバタして大変です!

そこで、一人暮らしのための、荷造りから引越しまでの手順とコツ
まとめてみました。

スポンサーリンク

荷造りの手順は?

荷物に合わせてプラン選び

movingone4

引越しが決まったら、まず引越し業者を手配しましょう。

特に、引越しシーズンとなる3月・4月に引越しとなる場合は、
なるべく早めに予約を入れることをおすすめします。

料金プランを選ぶポイントは、
荷物の量とどこまで自分で行うか、になります。

梱包から引越し先での荷解きまで、
全て行なってくれるプランは、比較的料金が高めになります。

一人暮らし向けの格安パックの場合は、
荷物の量が制限されたり、梱包・荷解きを自分で行う事になります。

たいていの業者は、事前に見積りを出してくれるので、
まずは見積りを出してもらいましょう。

最近では、ネットやスマホで、見積りも出すところも多いです。

見積りを比較してみて、予算と荷物量にあったプランを選びましょう

荷物を詰めよう

movingone5
引越し業者を決めるのと前後して、荷造りも始めてしまいましょう。

見積りの時点で、ダンボールの数が分かると、
より正確な料金を算出できるからです。

荷物を詰める順序は、すぐに使わないものから詰めていきます。
例えば、オフシーズンの衣料や本ですね。

その際、本当に必要なものなのか、考えてから詰めましょう。

使わないものを、お金をかけて運ぶ必要はありませんからね。

次に、引っ越した後に、早めに開けることになる荷物にとりかかります。
シーズン物の衣服や、持ち込みたい食器類、家具・家電などをつめます。

最後に、引越し前日までに使う物を詰めます。

日用品や下着類、タオルや洗面道具、パソコンやスマホの付属品などです。
トイレットペーパーや、ティッシュも入れておくと便利です。

ダンボールに詰めず、大きめの旅行かばんに詰めてもいいですね。

なお、印鑑や引越し先の契約書は、引越し当日に使用します。
ダンボールではなく、当日持ち歩くカバンに、入れておきましょう。

梱包のコツは?

movingone2

荷物をまとめる時のコツは次の通りです。

・あらかじめチェック項目を書きだしたリストを作成すると、作業が楽。
・本や家電の重い物は、小さいダンボールに詰める。
・重いものは箱の下に、軽いものは箱の上に詰める。
・壊れやすいものは新聞紙や緩衝材で覆う。
・ダンボールに何を詰めたかを、その箱に書いておく。
・本当に必要なものだけ持っていく。
・貴重品は自分で持つ。業者に渡す荷物には絶対入れない。

特に貴重品は、引越しの合間に、紛失してしまうことがあります。
必ず自分でしっかりと管理しましょう。

スポンサーリンク

引越し当日の手順は?

引越し当日も、手際よく進めましょう。

搬出立ち会い、そして移動

引越し業者が到着したら、荷物の搬出を確認します。

この時、自分が出した荷物の数が合っているかを必ず確認します。
業者にも立ち会ってもらい、双方で確認しておきましょう。

その後、引越し先へと移動します

出来れば業者より先に、引越し先に移動しておくようにするといいですね。
先に業者と打ち合わせて、自分の到着時間に、荷物が到着するようにするのも良いです。

movingone3

入居手続き、そして搬入

引越し先に到着したら、大家さん立ち会いのもとで、部屋の入居手続きを行います。
この時に印鑑と、契約書、家の鍵が必要ですので、忘れず持って行きましょう。

引越しの荷物が届いたら、搬入を行います。

この時に、荷物の数が足りない、壊れている、搬入作業で部屋に傷がついたなど、
トラブルが発生することもあります。

その時は後回しにせず、トラブルが発覚した時点で業者に伝えましょう

特に部屋の傷などは、敷金が戻らない原因となりますので、
必ず早めに業者に伝えるようにして下さい。

荷物はすぐ使うものから開ける

最後に、荷物の梱包をときます。
この時、すぐ使うものから開けるようにしましょう

例えば、明日着用する服、学校や職場に行くならそれらの道具ですね。
それにパジャマ、洗面道具、持ち込んだ布団類は、最低限出しておきましょう。

引越し当日は、他にもやることがたくさんあります。
また、予想以上に疲れも溜まっているはずです。

無理せず、出来るところから少しずつ始めていくといいですね。

すっきりした新生活を!

movingone6
新生活には期待と不安が積み重なるものです。

そのため、引越しとなると、色々と持って行きたくなるものです。
ですが、見なおしてみると、意外と不要物は多いものです。

引越しは、要らないものを見極め、処分するチャンスかも知れません。

本当に必要なものだけを、新居へ持って行き、
すっきりした新生活を始めてみませんか?

きっと、新しい発見と、一人暮らしならではの貴重な体験が出来ますよ。