hinachirashi1

な祭りの食べ物と言えば「ちらし寿司」ですよね。

子供の頃、母が大きな桶にいっぱい作ってくれた、ちらし寿司は本当においしくて、九州では出初めの筍(たけのこ)が入っていたのを思い出します。

でも、どうしてひな祭りにはちらし寿司を食べるんでしょう?

また、ちらし寿司以外には、どんな食べ物があるんでしょうか。

ひな祭りにちらし寿司を食べる理由や、ちらし寿司にある具の意味、ちらし寿司以外にひな祭りに食べられるものなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ひな祭りでちらし寿司が食べられる理由は?

ひな祭りの食べ物と言えば、何と言ってもちらし寿司ですよね。

でも、実は、ひな祭りにちらし寿司を食べるのは、「特に明確な理由はない」とも言われているようです。

お祝いの席には「なれずし」が用いられたからとの説もあるようですが、お寿司のルーツなれすしは、今のお寿司とは全然違うものです。

ちらし寿司の由来

hinachirashi2
ちらし寿司の由来として一番有名なのは、「一汁一菜令」説

備前(岡山県)で大洪水があった際、藩主池田光政公はいち早い復旧のため、「一汁一菜令」を出しました。

一汁一菜令は、汁物一品と副食一品以外を禁止するというもの。

そこで、たくさんの魚や野菜を混ぜ込んだ寿司飯を「一菜」とする方法が編み出されます。「ご飯に混ぜればおかずではない」-庶民の知恵って、素晴らしいですよね。

これが「ちらし寿司」の始まりだとも言われています。

こちらは岡山のばらずし(ちらし寿司)のレシピが紹介されています。食べたことがありますが、本当に豪華でおいしいお寿司ですよ。

岡山県の郷土料理|ばらずし

ちらし寿司にある具のそれぞれの意味

■本格的!簡単でおいしい、ちらし寿司の作り方【ビエボ!】

見た目のかわいらしさと具の豪華さで、ひなまつりの定番となったちらし寿司。では、ひな祭りに食べる「ちらし寿司」には、意味がないんでしょうか。

いえいえ、そんなことはありません。

実は、ちらし寿司そのものと言うよりも「具」の方に意味があるんです。

ちらし寿司 具の意味

ちらし寿司に多く使われる具材には、次のような意味があります。

・海老
「長寿」腰が曲がるまで丈夫でと言う願い。赤には「魔除け」、脱皮を繰り返すことからは「出世祈願」の意味も。

・ハス
「先の見通しがきく」穴から先を見通せるから

・豆
「健康でマメに働く」仕事がうまく行くようにと言う願いを込めて

・菜の花
春らしさの演出

また、「寿(ことぶき)を「司(つかさど)る」と言うことで、「寿司」自体に「お祝いの席で食べる縁起がいいもの」との意味があると言われています。

スポンサーリンク

ちらし寿司以外にもひな祭りに食べられるもの

はまぐりのお吸い物

ちらし寿司を食べるときには、一緒に「はまぐりのお吸い物」が出されることが多いですよね。

「はまぐり」は、対になっている貝殻でなければぴったりと合うことはありません。

このことから、「ひとりの人と生涯連れ添う」と言う願いを込めてひな祭りに食べられるようになりました。

菱餅

古代中国で食べられていたのは母子草(ははこぐさ)のお餅で、緑一色でした。

日本では、母子草がよもぎ餅となり、江戸時代には白、明治時代に赤が加わって現在の3色のお餅になりました。

それぞれの色は

・赤(くちなし):魔除け[解毒作用]
・白(ひしの実):清浄・純潔[血圧を下げる]
・緑(よもぎ):厄除け、健康[増血作用]

をあらわすとともに、春らしい感じをかもしだしています。

原料のくちなし、ひしの実、よもぎには薬効があり、子どもの健やかな健康を願う気持ちが感じられますね。

ひなあられ

江戸時代になると、おひなさまに春の景色を見せてあげる、「ひなの国見せ」が流行します。

このときに、持って行ったあられがひなあられの始まりとされ、菱餅を砕いて作ったとも言われます。

色は、菱餅と同じ3色が基本。華やかにするために黄色を加えることもあるようです。

白酒

白酒は、「甘酒」と違って「お酒」です。

中国では、桃の節句には長寿を願い、魔除けの力を持つ桃の花を浮かべた桃花酒を飲む習慣がありました。

日本でも、桃花酒が飲まれていたのですが、江戸時代になると白酒が大流行します。独特の甘みで飲み口のよい白酒は、女性にも飲みやすく、桃の花と白酒で「紅白」となりめでたいことからひなまつりの定番になりました。

徳川将軍も、白酒を愛飲されたそうですよ。

ひな祭りはちらし寿司とはまぐりのお吸い物で

hinachirashi4

子供の頃から、ひな祭りにはちらし寿司を食べて来ましたが、当たり前すぎて由来を考えたことなどありませんでした。

でも、ちらし寿司の由来や、具材の意味などがわかると、ちらし寿司をもっと楽しめる気がしますね

日本の伝統行事には、お祝いの食事がつきものですが、それぞれに縁起を担いだり、願いが込められていたりします。

行事の時には、そんなことも考えてみたいものですね。