skysnob4

冬の代表的なスポーツといえば、スキースノーボードではないでしょうか。

雪原を颯爽と滑る姿は、本当カッコ良いですし、見ていても気持ちよさそうですね。

ただ一方で、やりたい!と思っても、すぐ出来るのかな?という不安がある人も多いもの。スキーもスノーボードもどちらも同じ雪の上を滑るスポーツですが、どう違うのか気になる方も多いと思います。

また、「初心者がこれから始めるならどっちが良いの?」という方も多いでしょう。

そんな疑問に答えてみました。

スポンサーリンク

スキーとスノーボードの違いとは?

スキーはスピード感が魅力

スキーのボード

スキーは、2本のスキー板と専用のスキー靴、ストックを使います。

以前は板が真っ直ぐなものしたが、現在のスキー板は、両先端が少し太く、中心部が細くなっている、「カービングスキー」と呼ばれるものに変わっています。

このカービングスキーは、「ターン」が、比較的簡単にできるようになる、画期的なスキー板だと言われています。

また、スキー板の長さが、以前なら身長+10センチと言われていました。

ですが、カービングスキーなら身長-10センチ程度で良くなったので、以前よりも持ち運びが楽になっています。

スキーブームの頃を知る方にこそ、今のカービングスキーはぜひ滑ってみて欲しいですね。

スキーの最大の魅力は、なんと言ってもスピード感!

板が滑りだすと、まるで風と一体になったかのような、スピード感が味わえます。

華麗にターンしながら滑ると、風を切る間隔が病みつきになりますね。

スノーボードは浮遊感が魅力

立てかけているスノーボード

スノーボードは、1枚の板と、専用のソフトシューズを使用します。

スキーとの違いは、板が1枚で、両足を板にのせることと、ストックがないこと。

その他にも、スキーが斜面に対して真正面の状態で滑りますが、スノーボードは斜面に対して、横向きになる体制で滑るのも、大きな違いです。

スノーボードの特徴は、道具が少ないため、持ち運びが楽な事です。

また、スキー靴と違い、スノーボード用の靴は足首が曲げられるソフトタイプの靴なので、休憩するときの移動がとても楽です。

更に、スノーボードの板はデザインがかっこ良い物が多く、外見から入りたい人には、うってつけではないでしょうか。

スノーボードの魅力は、なんといっても、浮遊感!

スキーと同じく、風と一体となったかのようなスピード感も味わえます。

それに加えて、少し凹凸のあるコースで滑ると、ジャンプすることができ、ふわっとした、独特の浮遊感を味わえるんです。

上達すると、ジャンプの間隔が伸びるので、まるで空中を飛んでいるかのような爽快感が味わえますよ。

スポンサーリンク

今からはじめるならどっちがいいの?

スキーとスノーボードも、どちらも魅力的ですが、これからはじめるならどちらが良いのでしょうか。

全くの初心者はスキーが良いかも

スキーで滑る

全くの初心者は、スキーから始めたほうが良いでしょう。

スキーとスノーボードは、どちらも最初に覚えるべき基本は共通なのですが、基礎を覚えるには、スキーのほうが向いているからです

例えば、

  • 転んだ時に、上手に尻もちをつく方法
  • 雪上でのバランスのとり方
  • 雪山への心構え

など。

特にバランスのとり方に関しては、スキーはストックがある、という安心感だけでも違ってきます。

ただ、スキーの技術は、身に付けるまでに多少時間がかかるのも事実ですね。

スノーボードは意外と早く滑ることが出来る

スノボでジャンプ!

実は早く滑ることが出来るようになりたいのなら、スノーボードから始めるのが、オススメです。

スノーボードは、最初の「板を付けて滑りだす」までは、苦労します。

でも滑りだすことが出来れば、後は体の前後の体重移動だけで、簡単に曲がれるので、スキーと比べると、上達したという達成感を早く味わえますよ

スノーボードは取っ付きが悪いですが、板が1枚で面積も大きく、両足が固定できる点からも意外と早い段階で滑れるようになるものです。

ただ、スノーボードはバランスを取るのがスキーよりも難しいところがあります。

また、両足を板に固定しているために、転ぶときに受け身を取りづらいので、転ぶと痛い、頭を打ちやすい、といったこともあり注意が必要ですね。

楽しく滑るのが一番!

スキー・ボードを持って記念撮影

スキーもスノーボードも、それぞれに良さがあります。

実際のところ初心者が始めて、普通に1人でそこそこ滑れるレベルになるまでの難易度はあまり変わらないと言っていいでしょう。

結局は、まずは自分がやりたい!と思えるものを始めてみるといいですね。

できれば、独学よりも、人に教えてもらったほうが、格段に上達が早いのではないでしょうか。

せっかくの冬ですもの、一緒に行く人が教えてくれるのであれば、その人が得意な方を教えてもらいながら、楽しく滑るのが一番良いですね!

と言うわけで、私もスノボが上手に出来る夫に、もう一度一から教えてもらおうと、計画を練ってきます!