fuyunease3

の寒い日、朝に眼が覚めると、ものすごく寝汗をかいていたってことはないでしょうか?

そんなとき、「寒い冬はずなのに寝汗をかくのは何故?」と思いますよね

もしかして、それは病気の兆候かもしれません。

何故、冬に寝汗をかくのか?
冬の寝汗の原因と対策方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

冬の寝汗の原因と症状は?

人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかきます。実はそれは夏でも冬でも変わりないんですね。

汗は暑いからかくというのもありますが、主に寝汗をかくことで体温を下げて、深い睡眠を促す作用があるのです。

なので、冬でも寝汗をかくこと自体は、悪い事ではありません。

寝室、暑すぎませんか?

fuyunease1

冬の寝汗の原因として、まず寝室の環境があげられます。

とても寒い冬だからといって、寝室を過剰に暖かくしていませんか?

例えば、

  • 寝る直前にお風呂に入る
  • 保温性能の高い布団の中に、湯たんぽを入れて温めておく
  • ホカホカのホットミルクを飲んでから布団にはいる
  • 就寝中も暖房をつけておく

などです。

暖かくして眠ることは確かに大切です。

ですが、寝るときには快適な温度環境だったとしても、就寝中には、暑すぎる環境となっている場合もあるんですね

その場合、暑すぎる外気温から体を冷やそうと、体が汗をかくんです。

女性は汗をかきやすい

女性の場合、ホルモンバランスが崩れやすく、そうなると寝汗をかきやすくなります。

生理前に起こりやすい「月経前症候群」の症状の一つに、寝汗を大量にかく症状が現れることも。

また、妊娠中も汗をかきやすくなるため、寝汗も多くなります。

甲状腺の異常とストレス

特に首だけ汗をかく場合、甲状腺の異常も考えられます。

甲状腺に異常が現れると、ホルモンバランスに影響を及ぼし、自律神経に異常が現れ、それが原因で、首に大量の寝汗をかく場合があるんですね。

甲状腺の異常は、男性より女性のほうが多く現れやすいので、特に注意が必要です。

また、甲状腺異常とは別に、ストレスが原因で自律神経が乱れると、寝汗を大量にかく場合があります。

ベタつく大量の汗は病気かも…

大量の寝汗をかき、しかもその汗が、

  • ベタつく
  • 異臭がする
  • 不快感のある汗

である場合は、病気の可能性があります。

例えば腎臓の機能が衰えると、体内に水分を保てなくなるため、寝ている間にも汗をかく症状が現れます。

また、結核が原因となって症状が表れている場合、シーツやパジャマが濡れるほどの大量の寝汗をかく・・ということがあります。

「たかが寝汗」と思わずに、寝汗をかいたら、他にも気になる症状がないか確認してみて下さい。

スポンサーリンク

冬の寝汗の対策方法は?

それでは、冬の寝汗にはどう対処していけばいいのでしょうか?

寝室の温度を適切に

寝る時の環境も見直してみて下さい。

寝室は暖かすぎるより、少し涼しいほうが、眠りに入りやすいと言われています。

fuyunease4

また寝ている時に寝室が暖かくなりすぎないように寝る際には暖房を切っておくといいでしょう。

そして、起きる時間には暖房がつくように、暖房のタイマーを調整するといいですね。

毛布の下に、吸水性のあるタオルケットを挟む

毛布の下に、吸水性のあるタオルケットを一枚間に挟むと、汗を吸ってくれるので、寝汗感が軽減できます。

タオルケットなら、洗濯も簡単にできるので、シーツと共に毎日交換すると、寝汗のしっとり感がかなり減らせますね。

ストレスを解消してリラックス

ストレスを解消すれば、自然と寝汗も普通になります。

寝る前にあまり難しいことは考えず、心地よいゆったりとした音楽を流したり、アロマを嗅いでから眠りにつくなどすると、リラックスして眠れるようになりますよ。

夜にはこんな心地よい音楽を聞いてから眠るといいかもしれませんね。

■心が洗われる癒しのクラシックメドレー ~雨だれ~

寝汗以外にも症状がある場合は病院へ

寝汗をかいていて、他にも長く咳が止まらない、微熱が続いているといった症状も出ている場合、結核の可能性が高いです。

まず呼吸器科などの病院で診察を受けるようにしましょう。

診断を受けて、結核でなかったとしても、腎臓や甲状腺が原因の病気の可能性もあります。

また、女性の方では、ホルモンバランスの問題で生理不順になっていて、寝汗もかいている、月経前症候群のケースもあります。

リラックスする事で、ホルモンバランスが落ち着く事もありますが、こちらも早めに病院に行って診察してもらうようにしましょう。

寝汗以外にも、他の何らかの症状が出ている場合は、まず病院で相談するようにして下さい

自分がどういう状態で汗をかいているのか確認を

fuyunease5

寒い冬にかく寝汗の原因と対策方法についてまとめてみました。

実は私も冬に布団乾燥機が必要なほど、びっしょりと寝汗を書くことがありましたが、実は寝ている時も暖房で部屋を暖かくしていたのが原因でした。暖房代の節約も考えて、就寝中はタイマーに切り替えた方がよいですね。

汗をかくこと自体は、普通の生理現象で問題はありません。ですが自分がどういう状態で汗をかいているのかを、まずはしっかりと確認した方が良いのではないでしょうか。

汗をかく以外にも症状があるなど、不安な場合は、早いうちに病院に行って診察してもらうと良いですね。