雪の結晶

が降る季節、代表的なお祭りと言えば、北海道の札幌市で冬に行われる「さっぽろ雪まつり」です。

大きな氷の像を始め、雪遊びで楽しめるところがたくさんあり、見どころが一杯!

遠方に住んでいて行けない!といった方にとっても、冬にはぜひ一度は足を運んででも行ってみたいところですね。

冬のさっぽろ雪まつりについて、2019年の日程や各会場へのアクセス、見どころについて紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

さっぽろ雪まつりの開催日程は?

さっぽろ雪まつり、2019年の日程とスケジュールをご紹介します。次の3つの会場にて行われますよ。

  • 「大通公園」(大通公園西1丁目~西12丁目まで)
  • 「つどーむ会場」(札幌市スポーツ交流施設「つどーむ」)
  • 「すすきの会場」(南4条通り~南6条通りまでの駅前通り)

■大通会場

  • 開催期間:2019年2月4日(月)~2月11日(月・祝)
  • 開催時間:いつでもOK
  • ライトアップ:22:00まで
  • 場所:大通公園 1丁目~12丁目

■つどーむ会場

  • 開催期間:2019年1月31日(木)~2月11日(月・祝)
  • 開催時間:9:00~17:00
  • 場所:札幌市スポーツ交流施設・コミュニティドームなど

■すすきの会場

  • 開催期間:2019年2月4日(月)~2月11日(月・祝)
  • 開催時間:いつでもOK
  • ライトアップ:23:00まで(最終日は22:00まで)
  • 場所:南4条通り~南7条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道

さっぽろ雪まつりの見どころは?

会場が3つもあるさっぽろ雪まつり。行くなら、見どころをしっかり押さえていきたいですよね。

メイン会場!「大通公園」

大通公園は、1丁目から12丁目まで続く大きな公園。それぞれの場所で工夫をこらした雪像や氷像がたくさん見られます。

4丁目から10丁目と2丁目は大雪像・中雪像!

4丁目から10丁目(5丁目は東側)、そして2丁目には、大きいスケールや中くらいのスケールの様々な「大雪像」「中雪像」が見られます! 

見事な雪の像の数々。見てまわるのが本当に楽しいですよ。

そして、やはり注目は4丁目STV広場の大雪像です。2019年は、「Hard Rock Family Live~初音ミク&戸山香澄 on Snow Stage~」。バーチャルシンガー「初音ミク」と、BanG Dream!の「戸山香澄」のユニットによるロックセッションが大雪像で表現されるんです。

夜にはプロジェクションマッピングも実施されるので、昼と夜の違いも楽しみたいですね。

□2018札幌雪まつり ファイナルファンタジーXIV「白銀の決戦」

*2018年はファイナルファンタジーXIV「白銀の決戦」でした。夜のプロジェクションマッピングが素敵です!

また2019年は、

  • 5丁目東の道新行の広場にて、サラブレッド
  • 7丁目のHBCフィンランド広場にて、ヘルシンキ大聖堂
  • 8丁目の雪のHTB広場にて、JRの貨物機関車「DF200」、通称レッドベア
  • 10丁目UHBファミリーランドにて、白いスターウォーズ2019

のそれぞれが、迫力ある大雪像にて再現されます。こちらも期待したいですね。

□さっぽろ雪まつり 8丁目 奈良・薬師寺 大講堂 プロジェクションマッピング

*2018年、8丁目の大雪像は奈良・薬師寺の大講堂。とても精細につくられていますが、沢山の自衛隊員の方が制作に携わったようですよ。

5丁目西は大氷像!

「5丁目西」の毎日新聞氷の広場では、迫力の大氷像が見られます!

2019年の大氷像は、「台湾-玉山と高雄駅」。台湾で最も標高が高い玉山(標高3,952m)と、台湾高速鉄道の駅でもある、旧駅舎が美しい高雄駅のコラボが実現しました。

□「ハッピーバースデー!北海道」ができるまで <さっぽろ雪まつり>

*2018年は、北海道命名150年記念ということで、氷のバースデーケーキが2丁目広場に作られました。

11丁目は国際色豊か!

11丁目には、『国際雪像コンクール』が行われ、世界各国の雪像を楽しめます。どの国が優勝するのかも注目ですね。

昨年2018年は、闘鶏ガイ・チョンを表現した、「タイ」が優勝しました。

さらに、国際グルメを楽しむことができる「食の国際交流」コーナーもあり、様々な世界の料理を味わえますよ!

12丁目と9丁目は市民雪像

12丁目と、9丁目の1スペースにて、地元市民による手づくりの雪像が楽しめます。

意外な力作やユニークな作品もあるので、こちらも注目ですよ。

*毎年、ユニークな雪像が登場します。

1丁目と3丁目はスケートリンク・ジャンプ台

  • 1丁目は野外スケートリンク
  • 3丁目は大きなジャンプ台

が設置されます。

他にも1丁目では、特設ステージにて、ライブやキャラクターショーも開催されますよ。

氷の祭典!「すすきの会場」

すすきの会場では、氷の像がたくさん展示されるだけでなく、建造物や氷の建物が出現!

また夕方からは、氷像がネオンでライトアップされます。氷に反射する光は幻想的でとってもキレイですので、夜行くのもおすすめですね。

□さっぽろ雪まつりススキノ会場NIGHT

*夜のすすきの会場の様子です。ライトアップされた氷像がキレイです!

雪と触れ合おう!「つどーむ会場」

つどーむ会場では、大きな滑り台や、スノーラフトなどが設置されます。滑り台は100mもある、とっても大きなもの。米袋を使って滑る北海道流の滑り方を体験することもできます。

さらに、つどーむ会場では、アニメやヒーローショーが日曜・祝日には行われますし、おいしいグルメもたくさん!子供連れの家族にはオススメの会場です。

□冬の滑り台も楽しいね 雪まつり、つどーむ会場にぎわう

*子供連れで楽しむ家族のにぎやかな様子が伝わりますね。

スポンサーリンク

さっぽろ雪まつりが始まった由来は?

っぽろ雪まつりは、毎年2月に北海道の札幌市で行われる冬のお祭り。

毎年200万人以上が訪れる日本を代表するお祭りの一つで、海外からも観光客が沢山訪れるほど。2019年で70回目を迎えます。

そんなさっぽろ雪まつりの始まりは、1950年に地元の中高生が6体ほどの大通公園で雪像を作ったことからだったんですね。

その時に

  • 雪合戦
  • 雪像展
  • カーニバル

といったイベントも合わせて開催されたんですが、何と5万人近くも人が来て大人気だったとのこと。

そこから札幌の冬の人気行事として定着するようになりました。

氷の像

「大通公園の会場」は当初からずっと使われていますが、その他の会場については開設・閉鎖もあり、1983年から「すすきの会場」、2009年から「つどーむ会場」が使われるようになりました。

現在、さっぽろ雪まつりの開催は、「大通公園」、「大通公園」、「大通公園」3つの会場にて行われます。

全ての会場でたくさんの大きな雪や氷の彫刻を見ることができますし、スケートリンクや、ジャンプ台、そして北海道の特産品などを販売する食の広場や『うまいものストリート』なども開かれているんですね。

さっぽろ雪まつりへのアクセス

さっぽろ雪祭りが開催される3つの会場へのアクセスは、地下鉄が便利。

メイン会場である大通公園へのアクセス

場所:北海道札幌市中央区大通西1丁目~大通西12丁目

  • 地下鉄東西線【11丁目駅】で下車
  • 地下鉄南北線【T09 大通駅】で下車

※札幌駅から大通までは地下鉄でつながっているので歩いていくこともできます。

すすきの会場へのアクセス

場所:南4条通り~南6条通りまでの西4丁目(駅前通り)

  • 地下鉄南北線【N08 すすきの】で下車

※大通とすすきの間は地下鉄でつながっているので歩いていくこともできます。

つどーむ会場へのアクセス

住所:札幌市スポーツ交流施設 札幌市東区栄町885番地1

  • 地下鉄東豊線【H01 栄町駅】2番出口下車→徒歩15分
  • 札幌駅・大通・すすきのからはつどーむ行きのバスが出ます
  • 栄町駅からは、つどーむ会場までのシャトルが出ます

※つどーむ会場には、駐車場はありません。交通機関を使うか、シャトルを使ってアクセスしてください。

【関連記事】

防寒対策はしっかりと!

雪だるま

きな雪像や氷像を見ることができる「さっぽろ雪まつり」

体験型のアトラクションがある「つどーむ会場」で米袋をつかって大型滑り台を滑るのは楽しそう!大通公園の国際色の強い11丁目の雪像も捨て難いし、ライトアップされた氷像も見てみたい!

さっぽろ雪まつりに行ってみるなら、防寒対策をしっかりするのがポイントです。貼り付けホッカイロだけでなく、耳の防寒も忘れずに!