ジアの料理は甘さや辛さが複雑に入り組んでいて、独特の美味しさがありますよね。いつもの調味料だけでは出せない味も多く、どんな調味料を使えば良いのか悩んでしまいます。

そんな独自の味を出すのに便利な調味料に、「タオチオ」があります。タイ料理で深い味わいを出すのに良く使われる調味料なんですね。

そんな「タオチオ」とはどんな調味料なのか?また使う料理や、無いときの代用について紹介していきます。

ころも
ころも
おいしいタイ料理の味が簡単に楽しめちゃうよ!
スポンサーリンク
 

タオチオとはどんな調味料?

taochio (1)

タイの「味噌のソース」

タオチオ(เต้าเจี้ยว)は、タイ料理で使われる味噌で、瓶に入った状態で売られています。日本の味噌と違って液状で、大豆のつぶが残る味噌のソースという表現がピッタリなんです。

味は日本の味噌より薄めですが、塩分が多いため甘みがありつつも、塩辛さが残ります。風味も大豆の香ばしさが感じられ、味噌のようで味噌とは違う味わいなんですよ。

タオチオの材料は?

タオチオの主な材料は大豆と塩。日本の味噌と同じですね。この他に小麦粉・砂糖・米粉などを加え、発酵させています

どこか日本の味噌に似た味わいなのは、味噌と同じく発酵されているからなんですよ。

タオチオは発酵食品のため、時間の経過とともに発酵が進みます。そのため、瓶ごと冷蔵庫に入れて保存すると、風味が長持ちしますよ。

スポンサーリンク

タイ料理でのタオチオの使い方は?

野菜の炒めものに!

taochio (2)
タオチオは炒めものに使うと、タイ料理の深い味わいが生まれます。野菜炒めの味付けとして、タオチオを小さじ1ほど加えると、「タイ風野菜炒め」になりますよ。

タイ料理では、空心菜の炒めもの(パックブンファイデーン)にタオチオが使われています。

空芯菜(パックブン)は茎の中が空洞になっている野菜で、タイ料理や中国料理でおなじみです。日本でも見かけることがある野菜なので、タオチオを用意して作ってみてはいかがですか?

■材料(2~3人前)
・空芯菜  …1束(約200g)
・ニンニク …1片
・赤唐辛子 …1本(好みで加減する)
・サラダ油 …大さじ1~2☆タオチオ    …小さじ2
☆オイスターソース…小さじ1
☆水       …100cc
☆鶏がらスープの素…小さじ1
☆コショウ・砂糖 …少々

■作り方

1.空芯菜は5センチに切りそろえます。
2.ニンニクはみじん切りに、赤唐辛子は輪切りにして、「☆印」の調味料と混ぜます。
3.空芯菜をボウルに入れ、(2)を上に乗せます。
4.フライパンまたは中華鍋に油を入れて強火で熱し、(3)を入れて1分程度炒めて完成。

空芯菜は長く炒めると黒くなるので、短時間でさっと炒めるのが美味しく仕上げるコツですよ。

□Pattaya secondStreet 飛ぶ空芯菜

*タイの観光地・パタヤでは、屋台で豪快に空芯菜(パックブン)を炒めています。

カオマンガイのタレに

鶏のスープで炊いたご飯に茹でた鶏肉を乗せた「カオマンガイ」は、日本でもおなじみのタイ料理。鶏の旨味を吸ったご飯と甘辛いタレが美味しく、つい食べすぎてしまいますよね。

カオマンガイに欠かせない甘辛いタレは、タオチオを使うと本格的な味になります。今回は炊飯器で作る簡単カオマンガイの作り方を紹介しますので、ぜひ試してくださいね。

■材料(2~3人前)
米        …2合
鶏もも肉     …1枚
ニンニクみじん切り…1片
すりおろししょうが…小さじ1
鶏がらスープの素 …小さじ1
砂糖       …小さじ1
醤油       …小さじ1/2タレ(混ぜておきます)
☆赤唐辛子(輪切り)…1本
☆ニンニクみじん切り…1片
☆しょうがみじん切り…1片
☆タオチオ     …大さじ2
☆オイスターソース …小さじ1
☆ゴマ油      …小さじ1
☆砂糖       …小さじ1

■作り方
1.鶏もも肉はフォークをさして、穴をあけておく。
2.米を洗って吸水してから、炊飯用の水とすべての調味料と一緒に炊飯器に入れる。
3.米の上に鶏もも肉を皮を下にして入れ、通常通り炊飯する。
4.ご飯が炊きあがったら鶏肉を取り出し、食べやすい大きさに切り分ける。
5.お皿にご飯を盛り付け、鶏肉を添えてタレをかけて完成。

タレにナンプラーを加えると、より本格的な味になりますよ。

タオチオがないときの代用は?

taochio (3)

味噌に砂糖と塩をプラスしよう

タオチオは輸入食材店で見かけますが、スーパーではあまり見かけない調味料です。一度に使う量もそれほど多くないため、購入しても余ってしまうことがありますね。

タオチオがない時は、味噌に水を混ぜて液状にし、砂糖と塩を加えて甘辛く仕上げましょう。

味噌は白味噌がおすすめですが、普段使用している味噌で大丈夫です。大豆のつぶが残る味噌を使えば、よりタオチオらしい見た目になりますよ!

タオチオでタイの味に!

タオチオはタイの調味料で、液体になったお味噌です。日本の味噌と違って塩辛く、甘みや香ばしさが感じられる点は味噌と違いますね。

タイでは炒めものの味付けに使われ、特に「空芯菜の炒めもの」には欠かせません。味噌に近い味わいなので、おうちの味噌に、塩や砂糖を加えて水で薄めると、ある程度代用が可能ですよ。

いつもの炒めものをタイ風にしたいなら、タオチオで本格的な味わいに仕上げましょう!