omusubi1

日めくりカレンダーをパラパラとめくると感じますが、記念日ってほぼ毎日ありますね。

その中で、1月の記念日には、
11月17日「おむすびの日」
というのがあります。

お米が収穫される時期でない1月17日が、どうしておむすびの日なのでしょうか?

それと、”おにぎり”の日と言わず、おむすびなのはどうしてなのでしょうか?

おむすびの日の由来と、おにぎりとおむすびの違いなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

おむすびの日が制定された由来とは?

1月17日と言われると、忘れてはいけないのが、阪神淡路大震災です。

大きな地震の被害に遭われた方々は、冬の寒い中、食べるものにも困っていました。

でも、すぐに全国各地から支援が届いたんですね。

そして、ボランティアの手で炊き出しが行われ、すぐ食べられる「おむすび」が配られたそうです。

omusubi4

その後、被災者におむすびの炊き出しをしてくれた事への感謝の意味も込めて、お米の大切さ・食生活を見直す運動が始まりました。

それが現在の、「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」になります。

この「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が、2000年(平成12年)に定めたのが、『おむすびの日』というわけです。

おむすびの日が「1月17日」なのは、震災を忘れないためにという意味だからです。

おむすびの「むすび」は「結ぶ」に繋がりますし、人と人が手を結ぶ、といった意味も込めて「おむすびの日」なのかも知れませんね。

おにぎりの日もあります。

ちなみに、”おむすび”でなく、「おにぎりの日」というのも存在します。

こちらは、石川県旧鹿西町(ろくせいまち)にある遺跡から、日本最古のおにぎりの化石が発見されたことが由来です。

2002年(平成14年)に、6月18日がおにぎりの日と制定されました。

日付に関しては、鹿西町の「ろく」と、毎月18日に制定されている「米食の日」から決められています。

スポンサーリンク

おむすびとおにぎりの違いは?

「おむすび」と「おにぎり」は似た言葉ですが、何が違うのでしょうか?

諸説様々ありますが、主には次の説があります。

omusubi2

むすぶは三角で、丸いのはおにぎりのかたち

おむすびとおにぎりの違いは、その形だという説があります。

おむすび型、というと三角形を指すので、「おむすび」は三角でなければならない、

そして、丸いものは「おにぎり」である、

…という考え方ですね。

おにぎりが三角で、おむすびは俵のかたち

逆に、おにぎりが三角であり、おむすびは俵型を指すという説です。

この説では、神聖な山の神様にあやかるために、山の形に握るからおにぎりは三角だと言われています。

地域によって言い方が違う

  • 西日本では…おにぎり
  • 東日本では…おむすび

と言うだけで、指すものは同じである、という説です。

ただ、元はこれが逆だったという説もあります。

古い言葉のおむすびの方が丁寧な言い方

おむすびの方が古い言葉であり、おにぎりは江戸時代になってから広まりました。

その為、古い丁寧な言い方がおむすびで、おにぎりは新しい言い方だという説です。

おむすびは丁寧な女言葉

おにぎりのほうが古い言葉で、おむすびはいわゆる女言葉でより丁寧な言葉だという説です。

形にしても、呼び方にしても、いろんな説があり、どれが正しいのかはわからないものですね。

ただいずれにしても、言葉や形が違うだけのような気がしますし、おむすびでも、おにぎりでも、自分がしっくりくる呼び方、むすび方がベストじゃないでしょうか?

おむすびのオススメレシピ!

おにぎり≒おむすび ですが、どうせなら、美味しいおむすびを作りたいものですよね?

むすび方はこちらの動画をぜひ参考にしてみて下さいね。

□料理の基本 おにぎりの握り方

おすすめのおむすびは?

我が家ではおむすびで無く、おにぎりと言いますが、男性の握りこぶしほどの大きさで作ります。

無骨だと言われようが、お腹いっぱい食べたいので、これでいいんです!

夫のどでかおにぎり

私の夫は自分で作るおにぎりを作りますが、米一合分をまるまる一個分として握るので、「どでかおにぎり」です。

具材は、ご飯に混ぜる為のわさび味ふりかけ、そして、たらこ。

とにかく大きいので、これ一個あれば、後はなにも要らないと言っていますが、米1合も食べたら、それはお腹も膨れますよね。

生姜ずくしおにぎり

一方、私が良く自分用に作るおにぎりは、お寿司についてくるガリを細かく刻み、それをご飯に混ぜて握る、「生姜おにぎり」です。

中に入れる具としては、紅しょうがだったり、また生姜と昆布の佃煮だったりもします。

とにかく生姜づくしなので、独特の風味と香り、そしてガリの甘酸っぱさのおかげで、食欲のないときでも不思議と食べられますよ。

すぐに作れて食べられるからこそ、おむすびはありがたい

omusubi3

おむすびの日が1月17日だという事で、すぐにその理由に気がつくべきでした。

確かにおむすびは、最低限ご飯とお塩があればすぐ作れて食べられます、

また緊急時に配られる食事としては、本当に最適なんですよね。

私も震災の記憶を風化させることなく、1月17日にはおむすびを握って、助け合いの心について改めて考えようと思います。