石の上にも三年

から伝わることわざには、不思議な言い回しをするものがあります。記憶に残りやすいのですが、なぜこんな言い方をするのか気になりますよね。

そんなことわざの一つに「石の上にも三年」があります。よく聞くことわざではありますが、意味や由来が気になりませんか?

そこで、

  • 石の上にも三年の意味
  • 石の上にも三年の由来
  • 石の上にも三年の使い方・例文
  • 石の上にも三年の類語

…について紹介していきますので、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク
 

「石の上にも三年」の意味

諦めずに続けることが大切

石を積み重ねる

石の上にも三年は、次の意味があることわざです。

  • 忍耐強く、諦めずに続けていけば、成果が得られる。

石はさわるとひんやりしていて冷たく、手で握った程度では温まらないですよね。しかし冷たい石でも、その上に長く座り続ければ、体温が伝わってやがて温かくなります。

冷たい石でも長時間かければ温かくなるのだから、諦めずに続けていくことは大切だ、と言っているんですね。

ちなみに「三年」という期間は三年間ではなく、「長い年月」という意味です。最低でも三年という意味で使う人もいますが、期間は特に限定してはいないので注意してくださいね。

「石の上にも三年」の由来

長い修行の末に

石の上

「石の上にも三年」の由来ははっきりしていませんが、次の2つの説が有力視されています。

古代インドの修行僧の説

古代インドに「バリシバ尊者」という方がおられました。80才になってから出家して僧となったと伝えられています。

バリシバ尊者は悟りを開くために、石の上で三年間座禅を行ったとのこと。座禅を組んだ三年間では、高齢にも関わらず、一度も横になって休まなかったと言うから驚きです。

この逸話から、「石の上にも三年」ということわざが生まれたという説です。

古代中国の僧の説

古代中国の僧「達磨大師」は、禅の開祖でもあり、「だるまさん」のモデルとなった人として知られています。

達磨大師は修行のために、9年間もの間座禅を組み続けたという逸話があります。そして9年間の座禅で手足が痛み、落ちてしまったという伝説があるんです。

この逸話も「石の上にも三年」ということわざが生まれた一つの説とされています。

【関連記事】
だるまの由来と目を入れる意味。達磨の色による意味の違いとは?

バリシバ尊者も達磨大師も、どちらの由来も信じがたい話ですが、「長期間座禅を組んだ」というのは興味深いですね。

スポンサーリンク

「石の上にも三年」の使い方・例文

もう少し頑張って続けよう

石の上にも三年は、長く続けることの大切さを伝えたい時に使われます。

  • 上達しないからピアノ教室を辞めたいというけれど、石の上にも三年というから、もう少し続けようよ。
  • 石の上にも三年という言葉を励みにピアノを続けた結果、全国コンクールに出場出来るほど上達した。

習い事や勉強がうまく行かないと、辞めてしまいたくなりますよね。しかし毎日少しつづ続けて行くことで上達するので、もう少し続けようと励ます時にぴったりなんですよ。

続けることで成果が出たときも、「石の上にも三年」という言葉を使って、継続の大切さを伝えることもできますよ。

頑張って継続するイメージ

注意したい使い方

石の上にも三年では、次のように使う人もいます。

  • 転職したいと言うが石の上にも三年と言うから、三年間は我慢して勤め続けようよ。
  • 体調を崩したから仕事を辞めたいと言うが、石の上にも三年だ。まだまだがんばれるぞ。

石の上にも三年の「三年」は、長い期間という意味です。そのため三年間などの、一定期間続ける意味で使わないよう注意しましょう

また「どんな状況でも逃げてはいけない」という意味で、石の上にも三年を使う人もいます。こちらも本来は間違った意味ですので、特に言われたときには気をつけてくださいね。

「石の上にも三年」の類語は?

継続は力なり

「継続は力なり」は、次の意味があることわざです。

  • 今はうまく行かなくても、続けることでうまく行くようになる。
  • コツコツ続けていく事そのものが、才能である。

「石の上にも三年」は、「三年」という言葉が「期間」だと思われがちです。特定の期間と誤解されたくない時は、継続は力なりを使うとわかりやすいですね。

継続は力なり

雨だれ石を穿つ

「雨だれ石を穿つ」は、次の意味があることわざです。

  • 軒下などから落ちる雨つぶでも、石に穴が開くように、続けることが大切だ。

「穿つ(うがつ)」とは穴を開けるという意味で、雨だれ(雨つぶ)が落ち続ければ石に穴を開けます。実際に同じ場所に水が落ち続けたことで、穴が空いた石が存在します。

たとえほんの少しでも継続していけば、やがて大きな成果につながると言っているんですね。

座右の銘にも使える「石の上にも三年」

【関連記事】
「座右の銘」の意味と使い方。選び方やおすすめの言葉は?

「石の上にも三年」は、長く続けていくことの大切さを伝えることわざで、「座右の銘」にも使えます。

長く石の上に座り続けると、冷たい石でも温まります。うまく行かなくても続けていこうと励ましたり、続けた結果、上手くいったり、上達した時などに使うとぴったりですね。

ただし三年は「長い間」という意味なので、”三年間頑張ろう”という意味で使わないよう注意したいところです。

続けることの大切さを伝えたいなら、ぜひ積極的に「石の上にも三年」ということわざを使いたいですね。