ゃがいもは常備したい野菜の一つで、ホクホクした食感が美味しいですよね。料理にも活用しやすいですし、スーパーで安定した価格で購入できるのも魅力的です。

そんなじゃがいもですが、「メークイン」「男爵いも」「新じゃが」…と行った品種をよく見かけます。そうした名前は良く知っていてもどう違いがあるのか?良くわからない方も多いのではないでしょうか?

そんな、新じゃが、メークイン、男爵いも、それぞれのじゃがいもの特徴や、向いている料理など、じゃがいもの種類の違いについて紹介してきます。ぜひ今日の晩ごはんの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク
 

新じゃが・メークイン・男爵いもの違い

新じゃがは季節もの、メークインと男爵は品種

じゃがいもには多くの品種があり、その中でもよくお店で見かけるのが、

  • 新じゃが
  • メークイン
  • 男爵いも

…の3種類です。

実はこの中の「新じゃが」はじゃがいも全般を指す言葉で品種ではありません

そのため、男爵いもの「新じゃが」や、メークインの「新じゃが」もあるんですよ。

新じゃがは柔らかくて長期保存には向かない

新じゃが

新じゃがとは「春に収穫された旬のじゃがいも」のことで、2月~6月頃に出回るものです。秋に収穫したじゃがいもは一ヶ月ほど寝かせてから出荷しますが、新じゃがは収穫してすぐ出荷されます。

そのため皮が柔らかく、実についても水分を多く含んでいて柔らかいんです。

また新じゃがで注意したい点として、長期の保存には向いていない事です。保存するときは新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室に入れ、10日をめどに食べきると安心ですね。

メークインはつるんとしている

メークイン

メークインはやや細長く、実が黄色みがかっているじゃがいもです。表面がツルンとしていて持ちやすいので、皮が剥きやすいじゃがいもなんですよ。

名前の「メークイン」は英語で「May Queen」と書くのですが、これは5月(May)に収穫時期を迎えるからなんですね。日本には大正時代に伝わり、そのまま「メークイン」と呼ばれるようになりました。

メークインの特徴としては、でんぷん質が少ないことが挙げられます。そのため煮崩れしにくく、味がしみてしっとりとした食感がたのしめます

メークインは新聞紙に包んで直射日光をさければ、常温で一ヶ月程度の保存が可能です。ただし新じゃがなら、保存期間は10日程度となります。

ちなみに「新聞紙に包んで常温保存」は、すべてのじゃがいもで使えるのでぜひ覚えてくださいね!

男爵いもは男爵が広めたじゃがいも

男爵いも

男爵いもは円形のじゃがいもで、実が白い特徴があります。「男爵」という変わった名前は、日本に伝えた方の爵位が由来となっています。

じゃがいもが日本で栽培されるようになったのは明治時代になってからで、北海道の開拓とともに広がりました。その中で「川田龍吉男爵」が様々なじゃがいもの品種を持ち込みましたが、中でも人気となった品種がありました。

それが「男爵のじゃがいも」ということで、「男爵いも」と呼ばれるようになったわけです。そして人気の品種となった男爵いもは、全国に広まっていきました。

そんな男爵いもの特徴は、デンプンが多くてホクホク感が強いこと。一方で煮崩れしやすい特徴もあるため、煮物に使うとドロドロに溶けてしまうこともあるんですよ。

スポンサーリンク

男爵いも・メークイン・新じゃがに向いている料理は?

男爵いもは粉吹き芋やコロッケに

粉吹き芋

男爵いもはマッシュポテトやコロッケのような、崩してもホクホク感が楽しめる料理にピッタリです。

この他に男爵いもの特徴を活用したのが、粉吹き芋です。

大きめに切った男爵いもを水から茹でて、最後に水分を飛ばせば粉吹き芋の完成です。塩水で茹でたり塩で味付けするのが定番ですが、バターでいただくのも美味しいですよ!

メークインは肉じゃがやカレーに

肉じゃが

メークインは煮込んでも形が崩れないので、カレーやシチューに入れるとしっかりとした食感が味わえます。特におすすめなのが肉じゃがで、「じゃがいもが煮崩れた」なんて失敗が防げます。

またフライドポテトなどのしっかり形を残したい揚げ物も、メークインはおすすめですよ。

□肉じゃが

*肉じゃがに使うメークインは一度水にさらしすとデンプンが抜けて、更に煮崩れしにくくなりますよ。

新じゃがは皮ごと使うじゃがバター

じゃがバター

新じゃがは皮が薄く柔らかいので、皮ごと食べることが出来ます。ただし水分が多く煮崩れやすので、小さい芋を皮ごと煮ると美味しく仕上がりますよ。

新じゃがをまるごと味わいたいなら、皮付きのまま作る「じゃがバター」がおすすめです。洗って濡れた状態でラップにくるみ、レンジで5~7分ほど加熱してからバターを乗せていただきましょう!

じゃがいもをもっと美味しく!

肉じゃが・フライドポテト・コロッケ・ポテトサラダなど、じゃがいもが主役となる料理はたくさんあります。じゃがいもにはいくつも種類がありますが、料理によって使い分けるともっと美味しくなりますよ。

煮物はしっとりとした「メークイン」、ホクホクした食感を楽しみたいなら「男爵いも」と覚えると便利ですね。また春に出回る「新じゃが」は皮が柔らかいので、皮ごと料理に使って新鮮な味を楽しみたいものです。

日本人の食生活に欠かせないじゃがいも。料理や季節で上手に使い分けて、美味しく食べましょう!