浴衣と言えば夏ですが、9月になってもお祭りや花火大会など、浴衣が似合うイベントはたくさんありますよね。

9月はまだまだ暑い日も多いですし、秋祭りにはぜひとも浴衣を着て行きたいもの。しかし秋に浴衣を着用するのは、マナーやファッションとして「アリ」なのか気になりますよね。

そこで、

  • 秋に浴衣を着るのはアリか?
  • 秋の浴衣の着こなし術や着こなしのコツ

…についてお伝えしていきますので、ぜひチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

秋に浴衣を着るのはアリ?

本来は立秋まで

秋の浴衣

浴衣は夏に着用するイメージがありますが、元々は入浴時に着用する「湯帷子(ゆかびら)」というものでした。

その後お風呂上がりの着物や寝間着となり、江戸時代には夕方以降の外出時に着用する着物となりました。現在では夏のカジュアルな和装として、浴衣は定着しています。

浴衣が夏のイメージになっている理由は、湯上り後に、浴衣を着て花火や夏祭りを見に行くことが、かつては良くあったからです。また暦の上で秋の始まりとなるのが「立秋(8月7日前後)」。その立秋までが浴衣を着る時期とされていたこともあります。

9月中旬頃までなら浴衣はアリ!

一般的には浴衣を着るのは「立秋」までですが、実際にはお盆に浴衣を着用することが多いですよね?また最近は9月を過ぎても暑い日が続くことも多いです。

後述しますが、秋ならではの着こなしのポイントをおさえた上で工夫すれば、9月中旬頃までは浴衣で出かけても大丈夫ですよ

温泉街なら晩秋でも大丈夫

夏のような暑さも9月中旬をすぎれば落ち着き、秋らしさが深まってきます。10月になると浴衣は着こなしを工夫しないと、「浮いた」印象となってしまいます。

ただし温泉街の旅館では、「温泉浴衣」と呼ばれる室内着が用意されていることがあります。温泉浴衣は湯上がり用のルームウェア。浴衣・帯・羽織(上着)で1セットとなっています。

旅館によってルールが違うので確認は必要ですが、基本的には温泉浴衣を着たまま部屋から出たり、外出しても大丈夫。そのため温泉街での浴衣は、季節外れの印象とはなりにくいですね。

スポンサーリンク

秋の浴衣の着こなし術と着こなしのポイント

浴衣の柄を秋らしく

トンボ柄

ファッションでは季節を先取りすると、よりおしゃれな印象につながります。そこで夏の印象が強くなりがちな浴衣も、柄を秋らしいものにすると9月でも素敵な印象となりますよ。

例えば、「トンボ」柄は夏でも秋でも通用しますし、紅葉柄も秋らしい印象となりますね。逆に「金魚」や「風鈴」「朝顔」「花火」柄は、夏の印象が強くなるので避けた方が無難です。

浴衣や帯は白や淡いものは避け、色が濃いものを選びましょう。紺色・藍色・からし色・ブラウン・赤がメインの浴衣は、秋の色と重なるのでおすすめですよ。

足袋やストッキングで涼しさを減らす

足袋と着物

浴衣コーデでは、素足に下駄を合わせるのが一般的です。しかし秋に素足だと、少し寒そうに見えてしまいます。

そこで着物用の足袋を履くと、浴衣でも足元が暖かそうな印象になります。また和装用につま先が分かれたストッキングもあり、夏でも冷房対策になって冷えを防げますよ。

長襦袢と半襟とで着物風に

半襟と長襦袢

着物を着る時は、肌襦袢(はだじゅばん) → 長襦袢(ながじゅばん) → 着物の順番で着用します。

肌襦袢は汗を吸い取り着物を汚さないための下着で、洋装ではキャミソールやタンクトップに当たるものです。

長襦袢は見せる下着やインナーに近いもので、着物の襟元から少し見せるように着付けします。また襟汚れを防ぐために、「半襟(半衿)」という襟を縫い付けるのが一般的ですね。

浴衣は涼しく着用するために、長襦袢を省略することがほとんどです。しかし半襟をつけた長襦袢を加えることで、着物に近い着こなしとなりますね

着物風の着こなしなら夏の印象が薄くなるので、秋の浴衣コーデにおすすめです。特に半襟の色を変えるだけで全体の印象も変わるので、浴衣コーデでも活用したいですね。

小物で違った印象に

帯締め

浴衣を着物風に着こなしたいなら、着物で使う小物も活用しましょう。

着物では、帯の上に「帯締め」という紐を結びます。浴衣に帯締めを合わせると、より着物風コーデとなります。最近では浴衣向けの帯締めもありますが、着物用の帯締めを使うとより着物風の印象になりますよ。

着物用の防寒具としてストールを使うことがありますが、浴衣に薄手のストールを合わせるのもおすすめです。和柄の大判ストールなら浴衣に合わせやすいですし、首元に巻けば肌寒い時にも暖かく過ごせますよ。

ひと工夫で秋でも浴衣!

衣は夏らしい印象を与える着物で、夏祭りや花火大会に着て行きたくなります。

しかしせっかく購入しても着用するチャンスが少ないと、なんだかもったいないですよね。最近では9月になっても夏のような暑さが続くので、工夫すれば秋でも浴衣が楽しめます。

秋の浴衣のポイントは、夏らしさを抑えることと、着物風の着こなしです!まだまだ暑い秋の始まりに、ひと工夫して浴衣でお出かけしませんか?