daikan1

の上で一番寒いとされている日をご存知ですか?

「大寒」という日が、一番寒い日とされています。

「大きい、寒い」という文字からして、とても寒そう〜ですよね。

その「大寒」って、いつで、またどんな意味合いがあるのでしょうか。

気になる大寒について、2018年はいつなのか?そして大寒の日のおすすめの過ごし方などについてまとめてご紹介します!

スポンサーリンク

そもそも大寒ってなに?

大寒という言葉は聞きなれないかも知れません。

春分や秋分、夏至などは聞いたことがありますよね?これらは全て「二十四節気」で使われる言葉です。簡単に言ってしまえば、太陽の動き一年分を四季にわけ、更にそこから六つに分ける考え方です。

二十四節気の中でも、「大寒」は冬の一番寒い時期を指します。

この大寒を過ぎれば、暦の上では春へと向かっていくんですね。

daikan2

2018年の大寒はいつ?

2018年(平成30年)の大寒の日は、1月20日です。

その中でも大寒の瞬間、というものがあります。

この大寒の瞬間は、日本時間で正確に言うと、
2018年の1月20日(土)午後12時9分
になります。

この瞬間を狙って、「今大寒だよー!」とメールや、SNSなどでメッセージを送るのも面白いかも知れませんね。

ちなみに、「寒の入り」「寒の内」という言葉も良く聞きますよね。

「寒の入り」
… 文字通り寒い冬に入る日という意味。寒の入りの初日が小寒になります。

「寒の内」
… 小寒から節分の前日までの30日間

のことを指しています。

2018年(平成30年)は、寒の入り(小寒)は1月5日になります。

スポンサーリンク

大寒の日のオススメの過ごし方は?

大寒に味噌やお酒を仕込む

大寒の朝に組んだ水は痛まないとされ、地域によってその水を納戸に保管する習慣もあるそうです。

関連があるのかわかりませんが、大寒に味噌やお酒を仕込むと良いともされていますね。

daikan3

今ではお味噌は買うものですが、昔は各家庭で手作りしたものです。いきなり一から作るのは大変ですが、予め下ごしらえをしてある味噌作りのセットも販売されています。

和食が見直されている現代、大寒の日にお味噌を仕込んでみませんか?

でき上がるまでには半年ほど時間がかかり、手間もかかります。ですが、じっくり寝かせたお味噌で作るお味噌汁は、きっと美味しいですよ。

暖かい部屋で冷たいアイスを食べる

daikan4

寒い日にあれこれと動くのも億劫だなと思う気持ちもありますよね。人間の体もこの時期は、内向きになる傾向があるとも言われています。そういう日には、だらだらと暖房の前で過ごすのも良いかも知れませんね。

そんな時におすすめしたいのが、「暖かな暖房のついた部屋で、冷たいアイスを食べる」事です。

北海道や石川県などでは、冬に暖房の効いた部屋でアイスを食べるのが贅沢とされています。体が冷えそうですが、そんな時はプチ贅沢で暖房を強めにしてしまいましょう。

金運・運気アップの「寒たまご」

大寒の日に産み落とされた卵は、「寒たまご」、あるいは「大寒たまご」とも呼ばれていて、風水的には金運をアップする効果があると言われています。

大寒の日に卵を食べるのは運気アップに繋がると言われています。

先ほども紹介したアイスクリームですが、これって原料に卵も含まれていますよね?温かい部屋でだらだらとアイスを食べるだけで、運気がアップするなんて、素敵じゃないですか?

信じるかどうかはさておき、寒い日だからこその贅沢、体験してみませんか?

通販でも予約購入できますよ。

気分に合わせて楽しもう!

暦の上では最も寒い日である「大寒」。地域にもよりますが、実際1月下旬ともなると寒い日が続きますよね。

そんな寒い日だからこそ、

  • 家で活動的に動くのも、
  • 逆に家でだらだらするのも、

良しです!

あなたの気分に合わせて、大寒の日を楽しく過ごしてみませんか?