野菜が沢山!

は体に必要な栄養が豊富で、毎日でも食べたいですよね。一方で好き嫌いがわかれたり、季節や天候によって価格が左右されるのが悩みの種です。

そんな野菜ですが、実は「野菜の日」という記念日が夏にあることを知ってましたか?

野菜の日の由来や催されるイベントについてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

野菜の日の由来

8月31日は野菜の日!

新鮮な野菜

野菜の日は毎年8月31日。昭和58年(1983年)に制定された記念日です。

制定したのは全国青果物商業協同組合連合会(全青連)をはじめ、野菜に関わる9つの団体。その目的は、消費者に対して野菜の栄養や価値を認識し、もっと食べてもらうためです。

野菜はお肉や魚に比べると独特の風味がするものもあります。そのため特定の野菜は苦手だ!という方もいます。ですが、美味しい野菜はたくさんありますし、栄養面からも積極的に食べたい食品ですね。

そんな野菜をもっと知ってほしいと、野菜の日が制定されたわけです。

8と31で「やさい」

野菜の日が8月31日になったのは、語呂合わせからです。

8は「や」と読めますし、「31」は「さい」とも読めますよね。組み合わせると「8 31」=「やさい」となるので、8月31日が野菜の日に選ばれたんです。

8月最後の日ということもあって覚えやすいですし、8月は夏野菜がおいしい季節です。旬の野菜を食べるきっかけにするには、8月31日はピッタリですね。

スポンサーリンク

野菜の日のイベントは?

全国のJAや全農で野菜の日のイベント開催!

農家のための団体であるJA(農業協同組合)では、野菜の日やその前後にキャンペーンやイベントを開催しています。地域によっては「JA全農」の場合もありますが、同じグループと考えるとわかりやすいですよ。

2019年は、例えば東京では野菜の日に関連する次のイベントが行われます。

◎新宿高島屋コラボイベント

  • 日程:2019年8月28日(水)・31日(土)
  • 場所:新宿髙島屋(1・2階JR口)

野菜収穫体験・野菜で作るブーケ・切れ端の野菜でスタンプトートバッグづくり等、親子で楽しめる体験型のイベントが満載です。

◎エキュート品川やさいの日特別JAまるしぇ

  • 日程:2019年8月26日(月)~31日(土)
  • 時間:10:00~22:00
  • 場所:JR品川駅構内の「エキュート品川」

全国各地の美味しい夏野菜が大集合し、生産者自らが実演販売します。

◎大手町・ミノーレ

  • 日程:2019年8月30日(金)
  • 時間:11:30~13:30
  • 場所:農業農村ギャラリー「ミノーレ」(JAビル内4階)

JA全農のオリジナルトマトである「アンジェレ」など、新鮮な野菜が選べる選「サラダバー」が開催されます。なくなり次第終了とのことなので、早めに行ってくださいね。

◎シャープ×JA全農コラボ料理教室

  • 日程:2019年8月31日(土)・9月1日(日)
  • 時間:10:30~、13:00~、15:30~(各1時間15分)
  • 場所:二子玉川蔦屋家電 2階

シャープの調理家電を使って美味しい国産野菜を調理するレシピを公開したり、調理実演・試食などのワークショップも行われます。

その他には、前年2018年は、JAグループ茨城で茨城県産の梨とメロンが当たるキャンペーンが開催されていました。クイズに応募すると全員にWチャンスとして、ちょっとしたグッズが当たったと言うから太っ腹ですね。2019年も開催を期待したいところです。

また野菜の日の8月31日には、全国のJAやスーパーで野菜の特売を行うこともあります。8月の末頃になったら、近くのJAをチェックしておきましょう!

おしゃれに野菜を楽しむ

日本野菜ソムリエ協会のイベント

野菜ソムリエの検定を行っている「日本野菜ソムリエ協会」では、野菜の日に「Enjoy Vege-Fru Life!」というイベントを開催しています。

2018年は東京と大阪で別々の日にイベントが行われ、野菜がもっとおいしくなるレシピの試食会などが行われました。野菜を使った限定スイーツや、トマトの食べ比べも行われたんですよ。

2019年のイベントは未定ですが、おいしい野菜に巡り会えそうなイベントですね。

キューピーの「SALAD WEEK」

マヨネーズなどを製造・販売している「キユーピー」では、8月24日を「ドレッシングの日」としています。8月24日をカレンダーで見ると、8月31日の「野菜の日」の上にあるから、ドレッシングの日」となったというわけですね。

そして8月24日~8月31日を「サラダウィーク(SALAD WEEK)」として、サラダや野菜を食べようとイベントを行っています。

サラダは野菜の食べ方の定番で、使う野菜やドレッシングを変えるだけで味も見た目も変わります。温野菜サラダにすれば量も食べられますし、お肉と組み合わせたボリューム満点のサラダもあります。

キユーピーではサラダを中心とした野菜のレシピを紹介しているので、活用したいですね!

もっと野菜を食べよう

【関連記事】
>> 野菜についての関連記事一覧

生労働省では、1日に350gの野菜を食べることを健康のための目標だと呼びかけています。コンビニにある袋詰の千切りキャベツが130g前後と聞くと、1日に350g食べるのは大変かも知れません。

「野菜の日」ではおいしい食べ方や、新品種の野菜を知るきっかけになるイベントが開催されています。品種改良でよりおいしくなった野菜を知ることができれば、野菜嫌いを克服するきっかけになるかも知れませんね。

8月31日の野菜の日をきっかけに、意識して野菜を食べる習慣を身につけませんか?