預金通帳

月のお金の流れを把握するためには、給料などが振り込まれる銀行口座の確認は大切です。ほとんどの銀行では貯金通帳が発行されるため、こまめに記帳しておくと把握しやすいですね。

ところで記帳できなくなった通帳は、いつまで手元に置いておけばよいのでしょうか?不要になった場合の処分方法も気になるところです。

そんな「古い預金通帳」の保管期間や処分方法、また故人の通帳の処分はどうすればよいのか?といった内容について紹介していきます。

スポンサーリンク

古い預金通帳の保管期間は?

必要なのは過去1年分

総合口座通帳

銀行の預金通帳の記帳欄が満杯になった通帳は、必要がなければ処分してもかまいません

ただし金融機関等でローンを組む時や融資を依頼する時に「通帳記載情報」が必要となることがあります。そのため給料や公共料金の支払いに使用している口座の通帳は、過去1年分は保管しておきましょう

ローンを組む時に必要な情報は、過去3ヶ月分、融資では過去半年分の指定がされることが一般的です。しかし過去1年分の情報があれば、相手方にも信頼出来る情報として渡すことが可能ですね。

特に支払いが多い通帳でなければ、過去1年分なら通帳は1通分で足りるはずです。古い通帳は1通だけ保管すると考えておけば管理しやすいですね。

確定申告を行う方、自営業の方は過去7年分

会社勤めなどで「1か所から収入」を得ている方は、過去1年分の記録が分かれば大丈夫です。しかし別に収入があって確定申告を行う方、また自営業の方は、過去7年分の通帳を保管しましょう

青色申告で確定申告を行った場合、預金通帳や、領収証、決算・帳簿書類などは原則として7年間保管する必要があるんです。所得によって保管期限は5年の場合もありますが、ミスを防ぐためにも7年分を保存する癖を付けておくと安心ですね

参考リンク:国税庁―記帳や帳簿等保存・青色申告

古い通帳の処分方法はどうする?

銀行窓口に持ち込む

銀行にもよりますが、記帳欄が埋まったまま新しい通帳を発行していないなら、古い預金通帳は窓口で処分してもらうことも可能です。新しい通帳を発行する時に「古い通帳は不要」と伝えれば、銀行で処分してもらえることがあるからです。

ただしこの方法は「新しい通帳を発行したついでに、いままで使っていた通帳を処分してもらえる」という方法です。前から残っていた古い通帳には使えないので注意してくださいね。

また銀行によっては処分していないこともあるので、必ず窓口で確認しましょう

油性マジックで塗りつぶしてシュレッダーへ

シュレッダー

預金通帳は預金額や口座番号など個人情報が入力されています。そのため処分する時は、そのまま捨てずに、必ずハサミやシュレッダーで読めなくなるまで細かく切り刻みましょう

切り刻む前に表紙などに記載されている口座番号は、黒の油性マジックなどで消しておくと安心です。また磁気テープや届け印も別に切り刻み、シュレッダーにかけた通帳とは別のゴミ箱に捨てるとより安心ですね。

スポンサーリンク

故人の通帳の処分はどうする?

記帳内容を確認する

通帳を確認

亡くなった家族の通帳が出てきた場合、口座の記帳状況をまず確認します。亡くなられた時に通帳の口座の解約が行われていて、遺産相続も全て終えているなら処分しても大丈夫です。

もしこれから遺産相続を行うのであれば、預金通帳は隠れた遺産を確認する手段となります。遺族も知らなかった株券や土地の支払い、あるいは借金の返済が記載されている可能性があるからです。

まずは、通帳の記帳内容を見て、見落としていた遺産や借金がないか確認しましょう。

本当に預金0かも確認する

最後に記帳された日付が古い場合、その後の記帳が行われていないことも考えられます。そのため残高が0円でも、実は預金が残っているかも知れません。

銀行口座が凍結されていない状態であれば、銀行に持ち込んで記帳を行いましょう。残高が1円でもあるなら遺産相続の手続きの対象となるため、勝手に処分しないように気をつけてくださいね。

専門家に相談する

故人の通帳がどのようなものかわからない時は、専門家に相談するのが一番確実です

故人の古い通帳がたくさん出てきた時は税理士に相談すると、「税務関係で必要かどうか」の判断ができます。また遺産相続に強い弁護士に相談すれば、相続に関するトラブルも起こりにくくなります。

多少費用はかかりますが、後々のトラブルを防ぐためにも専門家に相談する方が確実で安心ですね。

まずは記帳内容を確認!

【関連記事】

金通帳はお金の流れを把握するのに、とても役立つアイテムです。クレジットの明細と合わせて確認すれば、どこで無駄遣いをしてしまっているのか理解できます。

通帳は基本的に過去1年分、確定申告される方、自営業の方は過去7年分は手元に残し、不要となったらシュレッダーにかけて処分しましょう。

故人の通帳の場合は、遺産相続などに関わるため、専門家に相談するのが確実ですね。

古い通帳が出てきた時は、記帳内容を確認してから保管するかを決めると安心ですよ!