辺のレジャーといえば海以外にも、の遊覧船も外せません。またでボートデートを楽しんだり、ハイキング途中で周辺の自然を楽しんだりすることもありますよね。

そんな池・沼・湖ですが、どこに違いがあるのでしょうか?

池・沼・湖、それぞれの定義や違いについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

池・沼・湖の定義や違いについて

法律の上では明確な区別はない

実は法律の上では、池・沼・湖を明確に区別する定義がありません

川に関する法律(河川法)では、いずれも「河川」という扱いになっていますが、数値等による明確な区別はないんです。それに、地域によっては江戸時代まで池・沼・湖の区別が曖昧だった事情もありました。

そのため池・沼・湖、それぞれについて大まかな目安はあるものの、「一般的にはこう言われている」「昔からこう言われている」というかたちで判断することにはなりますね。

池とは?

池

くぼみに淡水が溜まった状態

池とは、くぼみに淡水が溜まった状態のことを言います。

明確に大きさの基準はありませんが、大きいものは池ではなく湖という扱いになります。ただし湖よりも大きい池もあるため、この大きさだから絶対に「池」だと言いきれない部分もあるんですね。

水深は一般的に5mまで(5m未満)となっていますが、水深10mになるものでも池と呼ばれることもあります。

人の手によって作られた場合も

池になるくぼみは、自然にうまれて水がたまったものです。ですが、その一方で人の手によってくぼみがつくられ、水が流れるようにした池が日本にはたくさんあります。

例えば農業用の「ため池」は、主に稲を育てるためにたくさん使う水をためておくもの。また「公園にある池」も、人の手で作り出されたものですね。

そのため、「池は人工的に作られたもの」とする場合もあるんですよ

沼とは?

沼

水の透明度は低めで自然豊か

沼とは、自然にできたもので周囲が湿地であることが多く、池より大きいものとされています。

水深は一般的に5m以下ですが、それ以上になることもあります。そして深さや大きさよりも、周囲の状況が「沼」と呼ばれる決め手となります。

沼の水の透明度は低めのことが多く、沼の底まで水草などが生えていることが多いです。周辺には湿地を好む植物が生え、虫や動物が暮らしています。

更には海に接していて、沼の水が塩水のこともあるんですね。

スポンサーリンク

湖とは?

湖

湖は、池や沼よりも大きい

湖は、池や沼より大きく、水深も一般的に5m~10m以上になるものを指します。ただし地元で長く池と呼ばれていた場合、大きくても湖ではなく池という扱いになっていることもありますね。

□湖山池遊覧船

*鳥取にある湖山池は遊覧船も運行するほど大きいのですが、「池」なんです!

湖の周囲には木々が生えて自然豊かだったり、人が生活していて開発が進んでいることもあります。水は澄んでいることもありますし、沼のように濁っていることもありますね。

湖は自然にできたものがほとんどですが、池のように人工的につくられた湖もあります。例えば山奥にある「ダム」は、水をためている事から「ダム湖」「人工湖」と呼ぶことがあるんですね。

様々な湖のかたちがある

湖は海から離れた場所にあるイメージがありますが、実は海に接していて海水が混ざる湖もあります。有名なところだと、北海道にある「サロマ湖」は、海とつながっていて湖でホタテが取れます。

また世界的に大きな湖は、「海」とよばれていることもあります。例えばロシア他5カ国に接している世界最大の湖「カスピ海」は、海と接してはいませんが、水は塩水なんですよ。

※カスピ海については、領有権にからむ問題から、海なのか?湖なのか?…と議論になっています。

湖沼とは?

ちなみに、湖沼(こしょう)という言葉が使われることもあります。

実は湖沼というのは、湖・沼・池の総称。また、池と沼をあわせて池沼(ちしょう)と呼ぶこともあります。

池・沼・湖の違い、まとめ

最後に、池・沼・湖の違いを簡単にまとめてみました。

種別 特徴や違い
  • くぼみに水が溜まった状態で、一般的には水深が5m未満
  • 農業用や公園用に、人工的に作られたものが多い
  • 地域によっては大きいものでも、「池」と呼ぶことがある
  • 池よりも大きく、一般的には水深は5m以下
  • 湿地の中に水がたまり、水は濁っていることが多い
  • 沼の中に水草が生えていることが多く、沼周辺も湿地を好む植物が多く生えている
  • 虫や動物が生息し、自然豊かなことが多い
  • 池や沼よりも大きく、一般的には水深は5m~10m以上
  • 自然にできた湖も多いが、ダムなどの人工的に作られた湖も多い
  • 海とつながっていて海水が混ざるものや、水そのものが塩水のこともある

はっきりした違いはないけれど・・・

は小さくきれいに整備され、は自然豊かで、は大きいイメージがあります。一般的には、池 → 沼 → 湖の順に大きくなっていきますが、法律の上では明確な区別はないため、実際は大きい池や小さめの湖もあります。

いずれにしても、長く地元でそう呼ばれているならそれが池ですし、沼や湖となるということですね。もしも地元に池や湖があったら、どれぐらいの大きさなのか?調べてみるのも面白いですね。