いつか星空あふれる宇宙へ行ってみたいと、誰しも考えたことはあるのではないでしょうか。そんなロマンがあふれる宇宙ですが、実は「宇宙の日」という記念日もあるんですね。

そこで、

  • 宇宙の日の由来
  • 宇宙の日ふれあい月間とは?
  • 宇宙の日にちなんだイベント

…について順に紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

宇宙の日の由来

宇宙の日は9月12日!

宇宙へ向けてロケット発射

宇宙の日は毎年9月12日。1992年(平成4年)に制定された記念日です。制定したのは、科学技術庁(現在は文部科学省)と宇宙科学研究所(JAXA)です。

1992年は国連にも認定されている「国際宇宙年(通称ISY)」。この年を記念し、一般公募によって選ばれた9月12日を「宇宙の日」として制定しました。

毛利衛さんが初めてスペースシャトルで宇宙に飛び立った日

この9月12日という日付は、広く一般公募して選ばれたんですが、実は毛利衛(もうりまもる)さんが、日本人として初めてアメリカのスペースシャトル「エンデバー」に搭乗して宇宙へ飛び立った日なんです。

毛利さんは1992年(平成4年)9月12日~9月20日の8日間、宇宙空間で様々な実験・活動を行いました。そのため9月12日という日付が、宇宙の日にふさわしいと多くの方が考えたんですね。

□大西卓哉宇宙飛行士から「宇宙の日」に向けたメッセージ

*2019年時点で宇宙に行ったことがある日本人は、男性10人・女性2人の合計12人もいます。

日本人で初めて宇宙へ行ったのは毛利さんではない!?

宇宙の日である9月12日は、「日本人が初めて宇宙へ行った日」と記憶する人も多いかもしれません。しかし実は日本人で初めて宇宙へ行ったのは、毛利衛さんではなく秋山豊寛(あきやまとよひろ)さんなんですよ。

秋山さんは当時TBSの社員で、番組企画でソ連(現在のロシア)の宇宙ステーションに派遣されることになりました。そして秋山さんは訓練を受け、1990年(平成2年)12月2日に宇宙へ飛び立ちました。

そのため日本人が初めて宇宙へ飛び立った日は、1990年12月2日なんです。毛利さんが「日本人として初めて」となるのは、「スペースシャトルに搭乗して宇宙へ行った」ことです。

いずれにしても素晴らしい事ですので、お二人の業績をたたえたいですね。

スポンサーリンク

宇宙の日ふれあい月間とは?

9月初旬~10月上旬の約1ヶ月間!

宇宙ロケット開発

国連が制定した記念日の一つに、10月4日~10月10日の「世界宇宙週間(World Space Week)があります。

1957年(昭和32年)10月4日に、人類初となる人工衛星「スプートニクス1号」が打ち上げられました。また1967年(昭和42年)10月10日から、国連によって「宇宙法」が施行されました。

宇宙に関する、この2つの重要な日付を含んだ7日間が「世界宇宙週間」となったわけですね。

そして日本では、

  • 9月12日の「宇宙の日」
  • 10月4日~10日の「国際宇宙週間」

の両方を含めた約一ヶ月間を、「『宇宙の日』ふれあい月間」と制定しています。

『宇宙の日』ふれあい月間の期間は、9月初旬~10月上旬。宇宙について知ってもらうための活動やイベントが多く行われます。

宇宙の日にちなんだイベントは?

宇宙と宇宙飛行士

宇宙の日記念・作文絵画コンテスト

JAXA(宇宙科学研究所)では、宇宙の日に合わせて毎年「宇宙の日記念・作文絵画コンテスト」を開催しています。対象は小中学生で、決められたテーマに沿った作品を、最寄りの科学館・博物館へ作品を送る形となります。

応募作品を受け取った各科学館・博物館では、その中から最優秀賞・優秀賞・佳作を選びます。そして各地の最優秀賞から、グランプリや特別賞、主催者賞などが選ばれるんですよ。

ちなみに、過去のテーマは、2018年は「太陽系探査隊」、2017年は「月へ」、2016年は「宇宙とわたし」でした。子供が描く宇宙の絵画や未来に期待を寄せる作文は、大人が見ても考えさせられますよ!

参考リンク:「宇宙の日」記念作文絵画コンテストギャラリー(過去受賞作品)

筑波宇宙センターの特別公開!

茨城県つくば市にある「筑波宇宙センター」では、毎年宇宙の日に合わせて特別公開を行っています。内容も子供向けイベントや講座から、本格的な実験や見学ツアーなど歯ごたえのあるものが用意されています。

過去の内容ですと、

  • ペットボトルで水ロケットの制作
  • 宇宙で発電する仕組みの説明
  • VRゴーグルを使った、火星都市体験
  • 宇宙ステーション補給機「こうのとり」の見学ツアー
  • 宇宙飛行士による対話形式の講座

…など、様々な角度で宇宙や宇宙開発について触れることができるんですね。宇宙に興味を持った方も本格的に宇宙を学びたい方も、これなら満足ですね!

2019年の筑波宇宙センターの特別公開は、10月5日(土)に決定しています。イベント内容はこれから発表されますし、一部イベントは事前申し込みが必要なものもあります。

気になるイベントが発表されたら、事前申し込みを忘れず行いたいですね!

参考リンク:筑波宇宙センター特別公開(2019年)

いつかみんなで宇宙へ!

【関連記事】

9月12日の宇宙の日は、日本人が初めてスペースシャトルで宇宙へ飛び立った日です。宇宙はとても遠い存在に感じますが、人工衛星によるGPS機能など身近な技術に関わっています。

宇宙の日や「『宇宙の日』ふれあい月間」では、宇宙や宇宙活動に関するイベントが行われています。近くの科学館や博物館でもイベントが開催されているので、遊びに行くと楽しい一日が過ごせます!

いつか宇宙が気軽に遊びに行ける場所になることを願いながら、宇宙の日を楽しみませんか?