家族水入らずで食事

からある慣用句には、独特の言い回しをするものがありますが、「水入らず」も一見不思議な言葉の一つですね。

親子水入らず、家族水入らず、夫婦水入らず…といった使い方をしますが、何故“水入らず”なのでしょう?

そんな「水入らず」の意味や使い方、また類語についても順に紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

「水入らず」の意味や由来

ごく親しい関係だけで

「水入らず」という言葉には、次の意味があります。

  • 内輪の者だけが集まり、他人を交えない状態のこと。

「内輪」とは、夫婦・親子・家族・親戚・仲間などのとても親しい関係のことを言います。

ただし「水入らず」における「内輪」は、家族・夫婦・親子といった本当に狭い範囲の関係を指すんですね。

そのため「水入らず」だけの単独では使いません。

  • 夫婦水入らず
  • 家族水入らず
  • 親子水入らず

というように、家族のようなごく親しい関係同士で使います。

夫婦水入らずで過ごす

水入らずの由来

「水入らず」という言葉には、二つの由来があります。

油だけで水が入り込まない

一つめの由来は、水と油の関係から生まれたというものです。

水と油は一つの容器に入れても、上に油・下に水と分離します。また油だけ集まった状態に一滴水を垂らすと、水は弾かれてしまいます。

そこから仲が悪い関係のことを、「水と油」というようになりました。

親しい者同士が集まっている時に、無関係の者が混ざれば邪魔者扱いされてしまいます。親しい間柄の人を「油」に、無関係の者を「水」に例えたのが「水入らず」というわけですね。

盃をあらわなくてもいい関係

もう一つの由来は、日本酒の飲み方のマナーからきたというものです。

あらたまった席では、日本酒を「盃」を使って飲むことがあります。目上の方から盃を頂いて飲む場合は「献杯」、自分から盃をもらいにいく場合は「お流れ頂戴」と呼んでいます。

この時頂いた「盃」は水でゆすいでから返す、「盃洗(はいせん)」を行うのがマナーとされています。盃洗を行うのは、口につけたものをそのまま返すのは失礼だと考えたからなんです。

しかし盃洗では、受け取る側は「洗わなくていい」と返すのが作法となります。これは口をつけたことを気にしないということで、親密さを表しているからです。

そこから「盃を交わす時に水が必要ないほど親しい関係」を、「水入らず」と言うようになったというわけです。

スポンサーリンク

水入らずの使い方

家族、夫婦だ、親子だけで…

先にご説明した通り、水入らずは、頭に「家族」「夫婦」「親子」をつけて使うのが一般的。次のような使い方をします。

  • せっかくの銀婚式なんだから、夫婦水入らずで旅行に行きたい。
  • 成人したら息子と酒を酌み交わし、親子水入らずの時間をすごしてみたい。
  • 家族水入らずのところ申し訳ないが、トラブルが発生したので出社してほしい

仲の良い夫婦がふたりきりで過ごすときは、積極的に「夫婦水入らず」を使いましょう。また親子で過ごす時間を「親子水入らず」と表現すると、素敵な親子関係に見えますよ!

一方で家族揃って過ごしたいのに、仕事で邪魔をされてしまうこともあります。家族で過ごす時間に起こる様々なことを、「家族水入らず」を使って上手に表現したいですね。

家族水入らずで遊ぶ

水入らずの類語は?

団らんのひととき

水入らずに近い意味の言葉に、「団らんのひととき(団欒のひととき)」があります。特に家族で過ごす時間に関しては、「一家団らん」「家族団らん」と表現します。

団らんとは多くの人が輪を描いて座る事で、集まって楽しく話すこととなります。ひとときは少しの時間という意味なので、「輪を描いて座るように楽しく過ごす時間」となりますね。

和気あいあい

和気あいあい(和気藹々)」とは、みんなが集まって楽しく過ごす様子を表す言葉です。

家族だけでなく友人・知人を交えて過ごすときは、和気あいあいを使うと便利です。またある程度親しい社員同士を表す時も、和気あいあいは良い表現となりますね。

水臭い

とても親しい関係なのに相手が遠慮するようなら、そんな状況を「水臭い」と表現できます。

「水臭い」とは、飲食物に多く水分が含まれ、味がうすい事を表しています。そこから転じて、よそよそしく他人行儀だという意味となりました。

ただし使う相手はあくまで親しい方に対して。遠慮しないでほしい時に使います。親しい友人で家族同然の「水入らず」な関係と言えるのに、相手が遠慮した時には使うのがピッタリですね。

他人が入るのは遠慮してほしい

【関連記事】
11月22日のいい夫婦の日とはどんな日?わくわくするイベントも満載!

族や親子であっても、性格が合わずに仲が悪いことはあります。しかし分かり合えるのであれば、家族・親子・兄弟では仲良くしたいものです。

もし身内で素敵な時間を過ごすのであれば、「水入らず」という表現を積極的に使いたいですね。「夫婦水入らず」といえばいつまでもラブラブな関係ですし、「家族水入らず」なら素敵な家族と言えます。

他人が入り込むのを遠慮したくなるような、水入らずの関係を夫婦・家族・親子で作りたいものですね。