方に空が赤くなる光景は「朝焼け」、夕方では「夕焼け」と呼ばれます。いずれにしても美しい光景ですね。

ただ、その場で見ているときと違って、写真や映像で見た時には、どちらが朝焼けで、夕焼けなのか?見分けることができますか?

一見すると、違いがわからない方も多いのではないでしょうか。

そんな、朝焼けと夕焼けの原理と違い、そして見分ける方法があるのか?といった内容について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

夕焼けとは?

太陽が沈む時に西の空が赤くなる

夕焼け

夕焼けは、太陽が沈む時に西の空が赤くなる現象です。季節によって多少色に変化があり、夏はより赤く・冬はオレンジや黄色が強く出ることが多くなります。

太陽が沈む時に空が赤く染まるのは、太陽が出す光と太陽の傾きが関係しています。

太陽の光は、分解すると「紫色・藍色・青色・緑色・黄色・橙色・赤色」の7色。その7色が一つに集まることで、普段は白または透明な光と認識されているんですね。

光の色にはそれぞれ違った波長があり、特に

  • 紫色・藍色・青色は、波長が短い
  • 赤色・橙色は、波長が長い

という特徴もっています。

そして光の波長は、空気中のチリとぶつかると反射する特徴も持っています。特に紫色などの短い波長はチリにぶつかって反射しやすく、赤色や橙色はあまり反射されないんですね。

そんな光の波長の違いは、昼間と夕方の空ではっきりと出てきます。

昼間は、地表に対してまっすぐ太陽の光が注がれます。この時青系の光が真っ先に反射するため、空が青く見えるんです。

ところが、夕方になると地表に対して斜めに太陽の光が差し込み、より長く大気中を通過していきます。すると青系の波長があちこちで反射されて少なくなり、残った赤系の波長の反射がより強くでてきます

その結果が「赤く染まった空」となり、夕焼けとなるわけですね。

□【タイムラプス】夕日・水平線

*時間の経過と共に、太陽と中心に空が赤く染まるのがわかりますね。

朝焼けとは?

太陽が登る時に東の空が赤くなる

朝焼けは、太陽が昇る時に東の空が赤くなる現象です。

空が赤く染まる理由は夕焼けと同じで、太陽の赤い光がより強く反射されているからです。

ただし朝焼けは夕焼けと違って太陽が昇っていくため、時間の経過とともに空はだんだんと青くなっていきます。そのため朝焼けを確実に見たいなら、天気の良い日の出の時刻に東の空を見る必要があるですね。

□アンコールワットの朝焼け

*夕焼けとは逆に、赤く染まった空がだんだん青くなるのがわかりますね。

朝焼けは、夕焼けより薄く、まぶしい

朝焼けの色は赤色というよりは、黄色またはオレンジに近い色となります。また色は薄く感じられますが、光そのものは強くまぶしく感じられる傾向があります

これには夜明け直後の大気中は、チリやゴミが少ないことが関係しています。

先程も記載した通り、朝焼け(あるいは夕焼け)が赤く見えるのは、青よりも赤い波長がより強く反射するから。ですが朝方は、反射する元であるチリやゴミが少ないので、光は色が揃ったまま地表に到着していきます。

それでもチリやゴミはありますが、朝の光は大気中を長く通過していきます。そして少ないチリに青い波長が拡散し、残った赤い波長が強めに出ます。

その結果、光は強く届くけれどやや色が薄い「朝焼け」となるんですね。

スポンサーリンク

朝焼けと夕焼けの見分け方

映像(動画)での見分け方

夕焼けまたは朝焼けの映像(動画)は、太陽の動きで判断できるのでカンタンです。

逆回転の映像でもない限り、朝焼けなら太陽は昇りますし、夕焼けなら太陽は沈んでいきます。当たり前の事ですが、確認の意味もこめて、映像や動画は太陽の動きをチェックしましょう!

もしも逆回転の可能性が考えられるなら、周囲の動物・鳥・車などの動きを一緒に確認するとより確実ですね。

朝焼けor夕焼け

写真での見分け方

夕焼けの写真は美しいですし、初日の出の朝焼けの写真は縁起が良さそうですよね。しかし写真として比べた場合、夕焼けか朝焼けかの判断は実は難しいです

夕焼けと朝焼けには、次のような違いはあります。

  • 夕焼け…赤みが強く出て、光がそれほど強くない
  • 朝焼け…黄色やオレンジ色がやや淡くでて、光が強く出る

しかし撮影時の季節、天候等の条件によって、色彩が淡い夕焼けも、赤みが強い朝焼けもありえます。また撮影者のテクニックによって、よりくっきりとした夕焼けも撮影することは可能です。

デジタルデータであれば撮影時間を確認したり、撮影者本人から確認を取るのが確実かもしれませんね。

一日の始まりと終りに美しい光景を眺めよう

【関連記事】

日忙しく働いていると、空を見上げることも少なくなってきます。夜明け前に家を出て通勤する人もいれば、夜遅くまで働く人も多いですよね。

その昔は「朝焼け」とともに起きて、「夕焼け」とともに一日の仕事を終えていました。さすがに現代ではこんな生活は難しいですが、せめて夕焼けぐらいは眺める余裕を持ちたいですね。

少し早起きして朝焼けを眺め一区切りとして夕焼けを眺めて、空の変化を楽しみませんか?