お気に入りのが一本あると、雨の日でも気分が盛り上がります。しかし久しぶりに雨傘を広げてみると、シミや汚れに気がついてがっかりすることもよくあること。またカビた匂いがしてしまうと、せっかくの傘も使いたくなくなりますよね。

実はこまめなお手入れと丸洗いで、傘は長持ちするんですよ!

そこで、知っておきたい、傘のお手入れ方法とおすすめの洗い方、また傘の撥水効果を復活させる方法についても紹介します。お気に入りの傘のために、ぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

傘のお手入れ方法は?

濡れた傘

傘は使ったら干す

雨の日に帰宅した後、傘はどうしていますか?

くるっと丸めてたたんだままにすると、傘の汚れや骨のサビの原因となってしまいます。雨の日に使った傘は、その日のうちに乾かしましょう

濡れた傘の乾かし方ですが、次の手順で行うと雨の日でもより乾きやすくなりますよ。

  1. 傘を広げ、タオルで水滴を拭き取る。
  2. 傘を広げて乾かす。
  3.  ※雨が止んでいたら  …直射日光の当たらない場所で陰干しする。
    ※雨がまだ降っていたら…玄関で広げて一晩おく。

  4. 傘が乾いたら、優しくたたむ。

傘の乾かし方のポイントは、直射日光に当てないことです。傘の表面には撥水加工が施されていますが、直射日光によりその効果が薄れてしまうことがあります。

また直射日光は、色あせや繊維の劣化の原因にもなるので、尚更気をつけたいですね。

傘を地面にトントンするのはNG

傘を折りたたんだあと、早く乾かしたいために、次のことをすることってありませんか?

  • 傘の水気を飛ばすために、傘の先端を地面にトントンと当てる
  • 傘を持ったまま左右に振って、水を飛ばす

実は傘の骨が折れるなどの原因にもなり、傘に負担がかかるのでよくありません。水気を飛ばしたいときは周囲に注意して、軽く2・3回傘を開いたり閉じたりしましょう

撥水効果を復活させる方法

傘の表面には水を弾くように、フッ素樹脂コーティングが施されています。しかしフッ素コートは油分に弱く、特に手の脂で取れてしまうことがあります。

そのため、傘の表面にはなるべく触らないのが、撥水効果を長持ちさせるコツです

それでも水を弾かなくなったときは、ドライヤーで撥水効果が復活できることもあります。手順も簡単で、濡れた傘を広げ、3~5センチほどの距離からドライヤーの温風を当てるだけです(近づけすぎないようには気をつけてください)。

ただしこの方法は、長く使っている傘では効果があまり出ません。ドライヤーで効果が出ない場合は、換気の良い場所で撥水スプレーを傘にかけて、改めて水を弾くようにしましょう。

またビニール傘は熱に弱いので、絶対に温風に当てないでくださいね。

□傘の撥水性をドライヤーの熱で蘇らせてみた

*これだけ撥水力が戻ったら、雨の日が待ち遠しくなりそうですね。

※撥水スプレーは通販でも購入できます。

傘についた黒い筋のとり方

長く傘を使っていると、傘の骨や折り目に沿って黒い筋が出ることがあります。そんなときは消しゴムで軽くこすると汚れが落ちますよ。

ただし長時間放置した汚れは落ちないこともあります。またこすりすぎると撥水効果が取れることもあります。軽い力で優しくこすり、落ちないときは別の方法に切り替えましょう。

スポンサーリンク

雨で使った傘の効果的な洗い方

傘は汚れている

傘は常に雨に触れているので、水で汚れが流されていると思いがちです。しかし雨水には大気のゴミが含まれているため、意外と傘は汚れているんです

そのため時々洗うことで、傘の模様がきれいになりますよ!

傘を干す

傘の効果的な洗い方!準備するものは?

まずは、次の道具を準備しましょう。

  • おしゃれ着用洗剤(または中性洗剤)
  • 食器洗い用のスポンジ
  • 洗い桶
  • ぬるま湯
  • タオル
  • ドライヤー
  • 防水スプレー

道具を準備したら傘を洗いましょう。洗う場所はどこでも大丈夫ですが、シャワーが使えるお風呂場がおすすめです。天気の良い日を選んで洗うと、傘が乾きやすくなりますよ。

  1. 洗い桶にお湯をためて、中性洗剤を薄めに溶かす。
  2. 傘を広げ、お湯で濡らしたスポンジで傘全体をやさしく叩く。
  3. スポンジに薄めた中性洗剤をつけ、特に汚れている部分をやさしく叩いて汚れを浮き上がらせる。
  4. 傘にお湯を何度もかけて、汚れと洗剤を洗い流す。
  5. タオルで傘全体を拭いてから、風通しの良い日陰で乾燥させる。
  6.  ※この時ドライヤーで温風を当てると、撥水効果が復活しやすくなります。

  7. 傘が乾いたら、傘全体に防水スプレーをかけて、もう一度乾燥させる。

スポンジで洗うときはゴシゴシこすらず、やさしく叩くようにして洗剤を染み込ませましょう。こすると生地が傷む原因になりますし、撥水加工がとれてしまいます。

傘は表と裏側の両方を洗い、防水スプレーは雨が当たる側だけに吹きかけるときれいな傘になりますよ。

お気に入りの傘はこまめにお手入れを

【関連記事】

は雨を防ぐだけでなく、雨の日コーデに取り入れたいアイテムでもあります。また使いやすい傘があれば雨の日も気分がよくなるので、長く大切に使い続けたいですね。

そんな傘も使いっぱなしにすると、撥水効果が薄れて全体的に汚れが残ってしまいます。使ったら日陰でしっかり乾燥させ、時々は丸洗いをして防水スプレーでケアしてあげましょう。

お気に入りの傘を長く使うために、傘を使ったら早めにお手入れしたいですね。