家族一緒に絵本の読み聞かせ

ちゃんの頃から本の読み聞かせを続けていると、自然と本を読む子供に育ちやすいと言われています。もしもたくさん本を読み聞かせたいなら、図書館を上手に活用したいですね。

図書館は大人が利用するイメージがありますが、子供の本や絵本もたくさんあります。そんな図書館に赤ちゃんと一緒に行くなら、いつからが良いのでしょう?

そこで、

  • 赤ちゃんの図書館デビューはいつから?
  • 図書館を利用するメリット
  • マナーで気をつけること

…について紹介しますので、子育て世代の方は必見ですよ!

スポンサーリンク

赤ちゃんの図書館デビューはいつからが良いか

図書館に年齢制限はあるの?

赤ちゃんと遊ぶ

市町村が管理する図書館では、利用者の年齢制限は行っていません。そのため赤ちゃんを連れて行っても、入館を断られることはありません。

また子供用の本を集めた部屋があるなど、親子連れで利用しやすくしている図書館も多くあります。

ただし図書館によっては施設が古く、子供向けの対応が不十分なところもあります。例えば授乳室がなかったり、赤ちゃんが寝転ぶようなスペースがないなど。

もしも本の読み聞かせを楽しむつもりなら、念の為、図書館の施設を確認しておくと安心ですよ!

おすわりできるようになったら

赤ちゃんはいつぐらいから、図書館に行くのがベストなのでしょうか。

本を借りてくるだけなら、赤ちゃんの月齢は気にしなくても大丈夫です。図書館の中で、本を読み聞かせることを考えているなら、生後半年前後からがおすすめです

生後半年ぐらいの月齢になると、赤ちゃんの首も座りますし、膝の上に座らせてもあまりぐらぐらしませんよね?時間は30分ぐらいを目安にして、子供がぐずって眠たくなってきたら帰るようにしましょう。

図書館を利用するメリットは?

多くの本が借りられる

図書館の本棚

図書館を利用する最大のメリットが、何と言っても「多くの本が借りられる」ことです。

本は手軽な娯楽の一つではありますが、読み聞かせに何冊も買うとなると家計に響きます。また赤ちゃんにも本の好みがあり、せっかく買ったのに全く読んでくれない、読み聞かせても興味をもってくれない…なんてこともよくあります。

その点、図書館の本は無料で借りられるため、いろいろな本に触れるきっかけとなります。借りた本で赤ちゃんが気に入った本があれば、改めて購入すると賢く本が楽しめますよ!

子供向けのイベントがある

図書館は本を借りたり読むだけでなく、季節に合わせて本に関するイベントを行っています。特に子供向けの読み聞かせイベントは定番で、毎月あるいは毎週のように行っている図書館も多いんですよ。

子供向けの読み聞かせイベントをきっかけに、赤ちゃんの図書館デビューをすると行きやすそうですね。

子どもの成長に合わせた様々な本がある

図書館は一部の本を除き、誰でも、どんな本でも読むことができます。赤ちゃんのうちは絵本の読み聞かせが中心となりますが、成長すれば興味の対象も増えてきますよね。

そんな時には子供向けの図鑑は役に立ちますし、読める文字も増えれば小学生向けの本にも挑戦できます。家では本の数に限りが出ますが、図書館なら子供の興味に対応できる本がたくさんありますよ!

スポンサーリンク

赤ちゃんの図書館デビュー、マナーで気をつけることは?

本の取扱に注意する

図書館にある本は、図書館を利用するすべての方のための本です。

そのため、本を図書館で読んだり借りたりするときは、次の人のことも考えて、大事に取り扱いましょう。これは当然のことですね。

とは言え、赤ちゃんと本を読んでいると、汚してしまったり本を破ってしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、必ず図書館の方に状況を伝えるようにしましょう。本の状態がひどい場合は弁償になることもありますが、状況によっては注意だけで済む場合もあります。今後も気持ちよく図書館を利用するためにも、正直に話すことは大事ですね。

静かな図書館

赤ちゃんがぐずりだしたらすぐに出る

子供は泣くのが仕事ですが、静かな場所で泣かれると迷惑だと感じる人も多いものです。特に図書館では泣き声はとても響きますので、赤ちゃんがぐずりだしたら早めに図書館を出ましょう

読み聞かせイベントなどで子供が多い時でも、静かに楽しむのが図書館でのマナーですよ。

無理強いはしない

小さい頃からたくさんの本に触れることで、子供の興味の範囲は広がりやすくなります。ただし強制的に指定した本を読むようなことは、本は嫌なものと言う印象にもなりかねません。

赤ちゃん時代の読み聞かせも同じで、嫌がるようなら読み聞かせはお休みしましょう。赤ちゃんが気になるものはたくさんあるので、本も一つの選択肢と覚えておくと気が楽になりますよ!

本をともだちに

【関連記事】

書館には子供向けの本がたくさんあり、読み聞かせにピッタリの絵本もあります。もし本を選ぶのに迷ったときは、サポートしてくれる「司書」さんに相談するのも良いですね。

図書館は年齢を問わず誰でも利用でき、手続きを行えば本を借りられる便利な場所です。子供向けのイベントも行われているので、これをきっかけにして図書館に親しむのもアリですよ。

赤ちゃんのうちからいろんな本に触れて、親子で本をお友達にしませんか?