hatuyumeengi2

新年を迎えてお正月と言えば、気になるのが、
「初夢」

・初夢はいつの夜にみた夢のことなのでしょうか?
・縁起のいい初夢は、どんなもの?
・いい初夢を見るために心がけた方がいいことは?

今日は、ぜひ新年に夢で見たい、縁起のいい初夢についてご紹介します!

スポンサーリンク

初夢っていつ見た夢?

初夢は、いつ見た夢を初夢とするのでしょうか?

hatuyumeengi1

初夢で一年を占う習慣は古くからありました。

初夢について文献は、一番古いもので、鎌倉時代の「山家集」と言われています。

このころは、初夢は『節分から立春の夜にみる夢』とされていました。

これは、立春を新年の始まりと考えていたからです。

春の始まりが一年の始まりと考えていたので、その前日の節分にみる夢が初夢。今でいうと、大晦日にみる夢を初夢と呼んでいたことになりますね。

その後の江戸時代になると、初夢は

1:大晦日の夜に見るもの
2:元旦の夜に見るもの
3:1月2日の夜に見るもの

と、いろいろ説が分かれていきます。

その当時、初夢の解釈として最も一般的だったと言われているのが、大晦日の夜にみる夢。

今でもそう思ってる方は多いようです。

ただ、大晦日には除夜の鐘を聞いたり、年越しそばを食べたりしてから寝るので寝るのは元日になってしまっていることが多いですよね。

そんなこともあってかどうかは分かりませんが、現在は、初夢と言えば、

『1月1日の夜〜2日の朝の間に見た夢』
または、
『1月2日の夜〜3日の朝の間に見た夢』

とされています。

「いつもほとんど夢を見ないよ!」という方であれば、元旦や2日の日の夜にも、夢を見ないということもあるでしょう。

その場合は、その年に初めて見る夢を「初夢」と言ってもいいですね。

スポンサーリンク

縁起のいい初夢を見る方法

一年の始まりにみる初夢。

初夢で特に縁起の良いとされているのが、一富士二鷹三茄子ですが、できるならそんな縁起がいい夢を見たいですよね。

というわけで、縁起の良い初夢をみるおまじないをいくつか見つけたので紹介します!

hatuyumeengi3

◎お布団に入って、リラックスしながら見たい夢のことを考えながら眠りにつく。

これは、睡眠直前の出来事が夢に影響を与えることが多いからです。

◎七福神や宝船の絵を枕の下に敷いて寝る。

これは、昔からあるおまじない。縁起がいい夢が見られるだけでなく、幸福が訪れるとも言われています。

この絵の反対側にバクの絵か、獏(バク)と書くと悪夢対策もバッチリです。バクは、悪い夢を食べてくれる幻獣。

◎「長き世の 遠の眠りの みな目覚め 波乗り船の 音のよきかな」

この回文を3回読み上げて、枕の下に敷いて寝るといい夢が見られると言われています。

悪い夢を見てしまったら?

初夢対策はバッチリでも、運悪く悪い夢を見てしまうことも。

こんな時は、

◎人に夢の内容を午前中に話す。

初夢の内容を人に話すと、その夢は実現しないと言われています。

◎夢納めに行く。

悪い初夢を見た時は、神社やお寺に夢納めに行く人もいます。

◎バクに食べてもらう。

『昨夜の夢はバクにあげます』と三回となえると、
バクが悪い夢を食べてくれるそうです。
hatuyumeengi4

縁起の良い初夢の代表格?「一富士、二鷹、三茄子」と、それに続く、「四扇、五煙草、六座頭」については、こちらの記事に詳しく書いているので、ぜひ御覧ください。

初夢とは? 縁起の良い一富士二鷹三茄子の意味・由来!

まとめ

私は、小さい頃から夢を覚えているのが苦手。初夢を覚えていた事はほんの数えるほどしかありません。

なので、自分ルールで『初夢は覚えている一番はじめの夢』ということにしています。

来年こそ、縁起のいい初夢が見られたら嬉しいです。皆さんはどんな初夢をみるでしょう。あなたの初夢が素敵で縁起がいいものでありますように。