蔵庫に常備しておきたい食品の一つに、があります。卵とご飯があれば「卵がけご飯」が楽しめますし、ゆで卵にすればお弁当のおかずにも便利ですよね!

そんな「生卵」「ゆで卵」ですが、一緒に保存して見分けがつかなくなった経験はありませんか。またゆで卵にすることで、栄養面で生卵との違いが出るのかも気になるところですね。

そこで、

  • 生卵とゆで卵の栄養には違いがあるのか?
  • 生卵とゆで卵の見分け方

について紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

生卵とゆで卵の栄養には違いがあるのか

生卵とゆで卵、それぞれの栄養素は?

卵

スーパーなどで販売されている「生卵」ですが、実は殻を含めた重さごとにSSからLLまで6つのサイズに分けられています。とは言え、一般的にはMかLサイズが多く出回っていますので、ここでは「Mサイズ(60g)」1個あたりの主な栄養価を、生卵とゆで卵で比較してみます。

卵の栄養素 Mサイズ(60g)1個あたり
生卵 ゆで卵
カロリー 91kcal 91kcal
タンパク質 7.4g 7.7g
脂質 6.2g 6.0g
炭水化物 0.2g 0.2g
ビタミンA 90μg 84μg
ビタミンB1 0.04mg 0.04mg
ビタミンB2 0.26mg 0.24mg
ビタミンC 0mg 0mg
ビタミンB6 0.05mg 0.04mg
ビタミンB12 0.5μg 0.5μg
ビタミンD 1.1μg 1.1μg
ビタミンE 0.6mg 0.6mg
ビオチン 15.2μg 15.0μg
ナトリウム 84mg 78mg
カリウム 78mg 78mg
カルシウム 31mg 31mg
マグネシウム 7mg 7mg
リン 110mg 110mg
1.1mg 1.1mg

卵にはビタミンC以外の主なビタミンと各種ミネラルが、バランスよく含まれています。またタンパク質や脂質も含まれるため、体に必要な栄養素を手軽に摂取できる食べ物なんです。

そんな生卵とゆで卵ですが、含まれる栄養素はどちらもほとんど変わりません

ビタミンAやビタミンB2はゆで卵のほうが若干少ないですが、これは加熱に弱い成分だからです。減少している量もごくわずかですので、気にするほどではありませんね。

卵の栄養の違いは食べた時に

栄養素がほとんど同じ生卵とゆで卵ですが、食べた時に体に吸収される栄養素には多少の違いが出るんですよ。

生卵の状態で食べると、熱に弱いビタミンB群やビタミンAをそのまま食べることができます。そのためゆで卵に比べると、ビタミン類の吸収率が少しアップするんです。

一方のゆで卵の状態では、ビオチンという成分が生卵よりも吸収しやすくなります。

実は生卵に含まれるアビジンという成分は、ビオチンとくっついて吸収を邪魔する性質をもっています。しかしアビジンは熱に弱いため、ゆで卵にすることで体に吸収されやすくなるわけです。

ビオチンは髪や皮膚を作るのに欠かせない成分なので、美しい髪のためにはゆで卵を食べたいですね。

そして卵の栄養を一番吸収しやすいのは、温泉卵の状態。胃に負担をかけず、まるごと栄養を吸収しやすくなるんです。温泉卵を作るのは少しむずかしいですが、栄養とおいしさのために挑戦したいですね!

□ゆで卵・温泉卵の作り方

*温泉卵をつくるコツは、鍋で茹でるのではなく、容器で温めることだったんですね。

スポンサーリンク

生卵とゆで卵の見分け方は?

卵を回してみる

ゆで卵は殻にヒビが入っていなければ、冷蔵庫で3日ほど保存が可能です。殻付きのものですと2日程度、殻を向いてしまうと1日程度の保存期間となってしまいます。

ゆで卵を常に食べたいなら殻付きで保存が鉄則ですが、生卵と間違えてしまいそうですよね?もし混ざってしまうなどしてわからなくなったときは、卵をコマのように回してみましょう

生卵は中身が液体のため、回しにくく、すぐに停止します。しかしゆで卵は中身が固まっているため、長く回り続けるんですよ。

卵を回す時にうっかり落として、生卵を無駄にしないように注意して回してくださいね。

卵を明かりに照らしてみる

回すと卵を割りそうで怖いときは、スマホや懐中電灯の明かりに卵を透かしてみましょう

この時、

  • 殻を通じて中身が透けたら「生卵」
  • 中身が透けなかったときは「ゆで卵」

となります。

卵を回したときと同じ理由ですが、生卵の中身が液体、ゆで卵の中身が固体なのでわかるというわけですね。

卵の殻を見てみる

卵に触れずに確認しないといけないときは、卵の殻を観察してみましょう

もし殻に小さな汚れがついていたなら、これは生卵です。

ゆで卵は、お湯でしばらくゆでている関係で、殻もきれいになっているんですね。ただしゆでた後のゆで卵の扱いが雑だと、再び汚れが付くことがあります。

卵に触れない時の判断方法の一つとして、覚えておきましょう。

卵3つ

好みと栄養に合わせて卵を食べよう

【関連記事】

は毎日の食卓で活躍する食品で、生でも加熱してもおいしいですよね。そんな卵のうれしいポイントは、生でも加熱しても栄養そのものはほとんど変わらないことです。

その中でもあえて言うと、

  • ビタミン類をしっかり取りたいなら、熱を通さず「生卵」
  • 美しい髪やお肌の健康に気をつけたいなら「ゆで卵」
  • 消化しやすさなら「温泉卵」

がおすすめと言えます。

「生卵」であれ、「ゆで卵」であれ、「温泉卵」であれ、毎日の健康的な食生活にはぜひ「卵」を活用したいものですね。