一富士 二鷹 三茄子

しい年を迎えるお正月には、おみくじを引いて、1年の運勢を占ったりしますよね。

1年の運勢を占うと言えば、「初夢」があります。

「一富士 二鷹 三茄子」とよく言われますが、それぞれにあまり関連がないような…

どうして「一富士 二鷹 三茄子」なんでしょうね?

縁起の良い初夢である、「一富士 二鷹 三茄子」の意味・由来その続きなど、初夢についてまとめてみました。

スポンサーリンク

一富士二鷹三茄子の意味・由来・夢の解釈は?

「初夢」は、1年の吉凶を占うものです。

「見ると縁起がいい」とされるものに、「一富士、二鷹、三茄子」があります。

一富士、二鷹、三茄子

「一富士、二鷹、三茄子」の由来

「一富士、二鷹、三茄子」(いちふじにたかさんなすび)は、「駒込富士神社」に由来すると言われます。

東京都文京区本駒込にある駒込富士神社は、江戸時代の富士信仰の拠点の一つで、今でも「お富士さん」と呼ばれている神社です。

初夢で有名な「一富士、二鷹、三茄子」は、この駒込富士神社の周辺に鷹匠屋敷があった事と、駒込茄子が名産物であった事によるとされています。

「駒込は一富士二鷹三茄子」と、当時の縁起物として、川柳にも詠まれています。

「一富士、二鷹、三茄子」の意味

一富士二鷹三茄子

「縁起が良い」とされる「一富士、二鷹、三茄子」ですが、それぞれどんな意味があるんでしょう?

これには、いろいろな説があり、

  • 武士は「無事」、鷹は「高い」、なすは事を「成す」という掛けことば
  • 徳川家康が、富士山・鷹狩り・初物の茄子を好んだことから
  • 徳川家、緑のちの駿河国で高かった順で、富士山、愛鷹山、初物の茄子の値段

などと言われます。

富士、鷹、茄子を個別に見てみると

  • 富士: 高い目標や理想をあらわし、立身出世の象徴
  • 鷹: 可能性の広がりや自由な行動力をあらわし、開運や夢の実現につながる
  • 茄子: 事を「成す」に通じ、蓄財や子孫繁栄をあらわす

となります。

何となく、「納得」な感じがしませんか?

スポンサーリンク

「一富士、二鷹、三茄子」 もう一つの意味

「一富士、二鷹、三茄子」は「縁起が良い初夢」とされますが、その一方で「仇討ち(あだうち)」の隠語であると言う説もあります。

  • 富士:富士の裾野での曾我兄弟の仇討ち
  • 鷹:忠臣蔵での敵役 浅野長矩の紋所が鷹の羽
  • 茄子:鍵屋の辻の決闘の舞台 伊賀上野の名産物

をそれぞれ表していると言われます。

そもそも「夢」とは?

古の昔、夢とは、神仏によって「見せられるもの」だと考えられていました。

夢は「イメ(寝目)」と呼ばれ、特権者が特別な場所で、特別なやり方で見るものだったのです。

しかし、時代が進むにつれ、夢もしだいに特権的な神聖なものから、一般的・個人的なものへと変わっていきます。

鎌倉時代以降、夢は、誰でも・どこでも見られるものになるとともに、その「神聖性」も失われ、「何らかのサイン」として理解されるようになります。

これは、今も続いていると考えられますね。

三の続きはあるの?

富士山

「一富士、二鷹、三茄子」は誰でも知っていると思いますが、ではその続きがあるのはご存知でしょうか?

この点についても、いくつか説があり、

  • 四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)
  • 四そうろう(葬礼)に五せっちん(雪隠、便所)
  • 四葬式、五雪隠 / 四雪隠、五葬式
  • 四葬礼、五糞
  • 四に葬式、五に火事 / 四葬式、五火事

などがあります。

「四扇、五煙草、六座頭」とは

「四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)」はそれぞれ、

  • 四扇(しおうぎ):末広がり
  • 五煙草(ごたばこ):祭りや祝い事に欠かせない。煙が上に上がるので縁起が良い
  • 六座頭(ろくざとう):
  • 「座頭」とは、琵琶法師の座に所属する剃髪した盲人のこと。「毛が無い」ことから「怪我が無い」に通じる

で、みな縁起が良い意味にとれますね。

また、「四扇、五煙草、六座頭」は、それぞれ「一富士、二鷹、三茄子」に対応していて

  • 富士、扇:末広がりで子孫や商売の反映を意味する
  • 鷹、煙草(の煙):上昇して行くので運気上昇を意味
  • 茄子と座頭:どちらも「毛が無い」ことから「怪我が無い」と家内安全を意味

とする説もあります。

いっぽう、「四葬式、五雪隠」「四葬式、五火事」の方は、縁起が良いとは言えませんが、「逆夢」としたり「予兆」「内容によって良し悪しが違う」などいくつかの解釈があります。

ちなみに「雪隠(せっちん)」とはトイレのこと。若い方は、聞いたことが無いかも知れませんね。

夢占いの結果は?

私は、夢占いに限らず「占い」全般について、「いい結果が出た時だけ信じる」ことにしています。

「占い」に振り回されるのがイヤなので、そもそも「占い」をあまり見ないようにしているんですが、それって、実は気にしていることの裏返しでもあるんですよね。

「初夢」どころか、最近は夢を見ること自体減っている気もするのですが、「初夢」にいい夢を見たい方は、「七福神や宝をのせた宝船の絵」を、枕の下に敷いておくといい夢が見られるそうですよ。

もし、悪い夢を見てしまっても、1年の運勢が悪いと決めつけるのは早計です。夢は、あくまで「サイン」。「いつもより気を付けよう」と思えばそれでいいのです。

それでも、気になる方は、午前中のうちに人に話してしまうといいんだとか。きちんと「逃げ道」が用意されているところが、いいところですね。