は日本を代表する花。春になると全国各地から桜の便りが届きます。たくさん桜が咲く名所も素敵ですが、長い年月を越えて咲く一本桜はその姿に感動しますよね。

そんな美しい一本桜として有名なのが、山梨県にある「山高神代桜(やまたかじんだいざくら)」です。毎年5万人以上の方が訪れる名所なんです。

そんな一本桜「山高神代桜」の特徴や、2019年の開花時期や見頃予想、そしてアクセスと駐車場情報について紹介します。ぜひお花見の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

山高神代桜の特徴や見どころ!

山高神代桜とは?

山高神代桜

山高神代桜(やまたかじんだいざくら)は、山梨県北杜市(ほくとし)の実相寺(じっそうじ)にある「エドヒガンザクラ」です。日本五大桜および三大巨桜の一つに数えられ、国の天然記念物にも指定されているんですね。

山高神代桜の特徴は、根元付近の幹が11m・高さ10m以上にもなる巨木であること。その樹齢は推定1800年とも2000年とも言われ、日本最古の桜でもあるんです。

危機からの復活

そんな山高神代桜が天然記念物に指定されたのは、1922年(大正11年)のことです。

この時の記録では、

  • 高さ…13.6m
  • 幹の太さ…10.6m
  • 枝張り…東西に27m、南北に30.6m

とあります。

ところが、年々その枝ぶりが小さくなり、「このままでは枯れる」と言われるほど弱ってしまいました。そのため1984年(昭和59年)には、保護用の屋根がかけられてしまったんです。

その後2003年(平成15年)より土壌改良などが行われ、ゆっくりと神代桜は回復していきました。そして2006年(平成18年)には保護用の屋根も取り外され、再び美しい姿が楽しめるようになったんですね。

□JG 山梨 一度は行きたい 山高神代桜(天然記念物)

*桜と同時期に「ラッパ水仙」も開花するため、桜色と黄色のコントラストが鮮やかですね。

宇宙桜と三大桜

山高神代桜は一時期よりも小さくはなりましたが、それでも他の桜を圧倒する大きさです。しかも長い年月を重ねたため、まるでそこに神様がいるかの様な迫力を感じるほどなんですよ。

また実相寺の境内には、貴重な桜も楽しめます。

例えば「宇宙神代桜」もその1つ。神代桜の種を宇宙に持ち込み、持ち帰って地球で発芽されたものです。さらには三大巨桜である福島・三春滝桜と岐阜・淡墨桜から枝を分けてもらった「小桜」なども楽しめます。

*こちらが「宇宙神代桜」です。宇宙から戻った種から…というだけでロマンがありますね。

また実相寺では、桜の開花時期に合わせて「神代桜まつり」が開催されます。例年4月はじめ頃から3週間程度の日数で行われます。

ちょっとした屋台はもちろん、地元ならではの特産品の販売もありますから、お祭り気分で桜が楽しめますね。

山高神代桜の開花時期や見頃は?

山高神代桜の開花時期

山高神代桜の見事さ

山高神代桜がある山梨県では、例年3月下旬頃に桜が開花しています。山高神代桜に関しても、同じ頃に開花する傾向があります。前年2018年では、3月27日に開花となり3月30日には満開を迎えました。

2019年の山梨県の開花予想に関しては、現時点ではほぼ平年並みとの予想がでています。

そのため山高神代桜に関しても、開花時期は平年通りの3月26日(火)となるのではないでしょうか。また満開日に関しても3月30日(土)頃と予想できるので、3月最後の週末には見頃の桜が楽しめそうですね。

スポンサーリンク

アクセスと駐車場情報

基本情報

山高神代桜のある「実相寺」の住所と、神代桜まつりについて基本情報を紹介します。

  • 住所:山梨県北杜市武川町山高2763(実相寺)
  • 神代桜まつりの開催期間:桜の開花時期(3月下旬または4月上旬〜4月中旬頃)
  • 入園料:無料
  • 入園時間:24時間可能

※お寺の境内のため、夜間の鑑賞はご遠慮ください。
※「ござ」を敷いての宴会は不可です。

山高神代桜の標識

公共交通機関でのアクセス

東京方面から実相寺へ向かう場合、JRの乗り継ぎが必要となります。

新宿駅からは、特急や中央快速に乗車し、高尾を目指します。高尾からは小淵沢行きの列車に乗車し、日野春駅で下車します。日野春駅から実相寺までは車で15分ほどかかるため、タクシーを利用するのが確実です。

なお乗車する列車によっては、乗り継ぎ駅が異なる場合があります。本数もあまり多くはないため、事前に確認した上で利用しましょう。

車でのアクセスについて

東京方面から車で向かう場合は、中央自動車道の利用が便利です。

  • 須玉ICで降りた場合は15分ほど
  • 韮崎ICからは25分ほど

で到着します。

なお実相寺周辺の道路は狭いため、例年大渋滞となります。渋滞ポイントには誘導員がいますので、必ず指示に従って移動してくださいね。

駐車場について

駐車場に関しては、実相寺境内南側に500円で利用可能な有料駐車場が用意されています。ただし収容台数は100台と少ないため、早い時間に行かないとすぐに満車となります。

この他にも臨時駐車場が用意されているため、こちらに関しても誘導員の指示に従いましょう。

【関連記事】(三大桜)

はるか昔から私たちを見守り続けてきた一本桜

木の寿命は人間よりも遥かに長いもの。とくに桜は200年~300年の樹齢となる木も多くあります。中にはエドヒガンザクラのように、樹齢500年以上にもなる桜もあるほどなんです。

今回紹介した山梨の一本桜「山高神代桜」は2000年近い樹齢の桜で、はるか昔から私たちを見守り続けてきました。その姿は神々しさを感じるほどで、見るたびに驚きと感動が沸き起こるほどです。

今年の春はそんな素晴らしい山高神代桜を見に、山梨県まで足を運びませんか?