お花は飾る楽しみもありますが、種や球根から育てる楽しみもありますよね。

特にヒヤシンスは手軽に育てられ、可愛らしい栽培キットも販売されています。花も可愛らしく香りも豊かなので、プレゼントにする人も多いのではないでしょうか。

そんなヒヤシンスには、少しびっくりする花言葉があることを知ってましたか?

ヒヤシンスの花言葉、色別の花言葉、またギリシア神話に見る由来や、開花時きなど、ヒヤシンスがどんな花なのか?…について紹介します。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ヒヤシンスの花言葉は?

ヒヤシンス全体には意外な花言葉が!

ヒヤシンス

ヒヤシンス全体の花言葉は、次のものとなります。

  • ゲーム
  • スポーツ
  • 競技
  • 遊び
  • 悲しみを越えた愛
  • 無分別

花言葉と言えば、恋愛にまつわる言葉が多いイメージがあります。ヒヤシンスにも「悲しみを越えた愛」という、少しさびしい恋愛に関係する花言葉があります。

しかし「ゲーム」「スポーツ」といった、花言葉ではなかなか見られない言葉も並んでいますよね。

プレゼントに添えるには悩んでしまうこれらの言葉ですが、由来を知ると納得しますよ!

ヒヤシンスの由来は?

ヒヤシンスのユニークな由来は、ギリシア神話から取られたものです。

古代ギリシャには、スポーツや遊びがとても得意な「ヒュアキントス」という美青年がいました。ヒュアキントスは太陽神アポロスと、西風を司どるゼピュロスという二人の神に愛されていました。

最初はゼピュロスと良い関係であったものの、ゼピュロスは浮気性で気まぐれな性格。そのためヒュアキントスは、次第にアポロンと仲良くなっていきました。

そんなある時ヒュアキントスは、アポロンと円盤投げを楽しんでいました。その様子を見たゼピュロスが嫉妬して、強風を吹かせて意地悪をしてしまいます。

すると円盤の軌道が変わり、ヒュアキントスに当たって亡くなってしまいました。この時に流れたヒュアキントスの血から、美しいヒヤシンスの花が咲いたと言われています。

ヒュアキントスの死をアポロンが悲しんだことから、ヒヤシンスは悲しみの花ともなったんですね。

ヒヤシンス、色ごとの花言葉

ヒヤシンスの色ごとの花言葉は、日本と西洋では少し違いがあります。そこで日本と西洋の花言葉を紹介するので、プレゼントの参考にしてくださいね。

「紫」のヒヤシンス

  • 日本…悲しみ・悲哀・初恋のひたむきさ
  • 西洋…ごめんなさい・悲しみ・許してください

いずれもギリシャ神話の悲しい出来事が、由来となっている花言葉です。謝罪したい時のお詫びに贈るなら、紫が良いかも知れませんね。

「赤」のヒヤシンス

  • 日本…嫉妬
  • 西洋…遊び・競技

嫉妬という花言葉は、ゼピュロスの行いから取られたものです。情熱的な色は勝負事にも例えられますが、贈り物にするには少し難しいですね。

「ピンク」のヒヤシンス

  • 日本…スポーツ・ゲーム・しとやかな可愛らしさ
  • 西洋…遊び・競技

ゲーム好きな方や、ゲーム大会に添える花にピッタリですね。

「白」のヒヤシンス

  • 日本…控えめな愛らしさ・心静かな愛
  • 西洋…愛らしい・あなたのために祈ります

いずれも恋愛にピッタリの花言葉なので、プレゼントに最適ですよ。

「青」のヒヤシンス

  • 日本…変わらぬ愛
  • 西洋…不変・節操・誠実

こちらも恋人へのプレゼントにピッタリですし、人生の節目に贈る花としてもふさわしい花言葉です。

「黄色」のヒヤシンス

  • 日本…あなたとなら幸せ・勝負
  • 西洋…嫉妬

日本だと、愛を語りますが、西洋だと行き過ぎた愛の言葉となるのは面白いですね。

スポンサーリンク

ヒヤシンスとはどんな花?

とても育てやすい花

ヒヤシンスはツルボ亜科ヒヤシンス属の多年草で、背丈が20~30センチと小ぶりな植物です

水栽培で育てられる代表的な球根植物で、小学校で育てた方もいるかも知れませんね。それだけにとても育てやすく、日当たりの良い場所に置くことできれいな花を咲かせてくれます。

もちろん鉢植えでも育てやすく、こちらは毎年花を咲かせてくれるので長く楽しめるんですよ!

ヒヤシンスの花

小さな花がたくさん開花

ヒヤシンスの開花時期は2月~4月にかけてで、一つの茎にくるりと反り返った小さな花がたくさん開花します。

色は紫・青・白が多く、品種によっては色の濃淡も楽しめます。また「グリーンノート」とも呼ばれる、爽やかで濃厚な香りも特徴的です。

ヒヤシンスの名前の由来。漢字では?

ヒヤシンスの名前は先ほど説明した、ギリシャ神話の「ヒュアキントス」から取られたものです。

漢字で書くと「風信子」となりますが、これはヒヤシンスの香りが風に乗って伝わる様子を表したものです。また「飛信子」とも書きますが、こちらも香りの強さと広がりを表しているんですよ。

ヒヤシンスで楽しいひとときを

ヤシンスは小ぶりで豪華な花が咲き、豊かな香りが楽しめる花です。水耕栽培で育てやすいことから、初めてのガーデニングにもピッタリですね。

贈り物にも素敵な花ですが、花言葉は少し悲しいものと変わったものが並びます。恋人に贈るなら白か青を、イベント用ならピンクを選ぶなど、状況に応じて色を選びたいですね。

ゲーム好きな友人や恋人が遊びに来るときは、家にヒヤシンスを飾って楽しく遊びませんか?