白ごまと黒ごま

理のレシピを見ていて悩むことの一つに、胡麻(ごま)の種類があります。レシピで「白ごま」が指定されているけれど、家にあるのは「黒ごま」だけということもよくありますよね。

レシピ通りにしようとスーパーに行くと、今度は「金ごま」も売っていて悩んでしまうことも。健康にも良いとされている「ごま」ですが、どんな違いがあるのか気になりませんか?

そこで、黒ごま・白ごま・金ごま、それぞれの特徴や違いについてまとめましたので、料理を作るときなどの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

黒ごまの特徴は?

黒ごま

黒ごまの見た目や味は

黒ごまは外側の皮が黒いゴマで、主にアジア圏で食べられています。その特徴は豊かな香り。炒りごまにすると更に強い香りがします。

味わいは濃厚さのなかに、ほんの少しの苦味がアクセントとなります。

黒ごまの栄養は?

実は黒ごま・白ごま・金ごまで、栄養価に関して大きな違いはありません。その上で、一般的なごまの大さじ1杯(9g)あたりの主な栄養を紹介します。

栄養素 栄養価(大さじ1杯 ※9g)
カロリー 53kcal
ビタミンB1 0.09mg
ビタミンB2 0.02mg
ビタミンB6 0.05mg
ナイアシン 0.5mg
カルシウム 110mg
マグネシウム 33mg
0.9mg
食物繊維 1.0g

「ごま」には、ビタミンやカルシウム・マグネシウムといったミネラルもバランス良く含まれています。

これに加えて黒ごまの皮には、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、体やお肌の免疫力を高める効果があるんですね。

黒ごまはどんな料理に使われる?

黒ごまは軽く炒ってから使うと、さらに豊かな香りが楽しめます。

お塩と混ぜてごま塩にし、赤飯に食べると食感と香りが食欲増進に。また香りの強い野菜との相性が良いですね。例えば、春菊のごま和えには黒ごまがぴったりですよ。

その他の使い方では、すりごまにしてから豆乳に混ぜて飲む方法も。黒ごまの香りが豆乳の香りとマッチし、コクもプラスされて飲みやすくなりますよ!

白ごまの特徴は?

白ごま

白ごまの見た目や味は?

白ごまは、皮が白く少し柔らかい食感が楽しめます。アジア地域では黒ごま・白ごまの流通はともに盛んですが、欧米で出回っているごまは、ほぼ白ごまのみです。

味の特徴は甘みがありながら、香りや味が控えめなこと。そのため他の食材と合わせやすく、香ばしい香りが料理を後押ししてくれます。

白ごまの栄養は?

白ごまは他のゴマに比べると、少しだけ脂質が多い特徴があります。

ただし、白ごまの脂質の主成分は、リノール酸やオレイン酸などの良質なもの。これらには動脈硬化予防や肥満予防の効果があるので、体が喜ぶ脂質でもあります。

白ごまはどんな料理に使われる?

白ごまは色合いの良さから、ゴマの中でも特に使いやすい特徴があります。

そのまま炒めもののトッピングにしたり、すりごまにしておひたしと和えてもよく合います。また和風・中華風ドレッシングに少量加えるだけで、味わいが豊かになりますよ。

スポンサーリンク

金ごまの特徴は?

金ごま

金ごまの見た目や味は?

金ごまは黄ごま・茶ごまとも呼ばれるもので、主にはトルコで生産されています。見た目は白ごまに似ていますが、より黄色がかった色合いです。

その特徴は黒ごま以上に香りと味が豊かで、それでいて苦味が少なめ。また生産量が少ないため、黒ごま・白ごまよりも価格が少し高めなんですよ。

金ごまの栄養は?

栄養に関しては、金ごまは白ごまよりも更に脂質が多め。そのためリノール酸やオレイン酸などを、より効果的に摂ることができます。

また黒ごまほどではありませんが、ポリフェノールも含まれています。

金ごまはどんな料理に使われる?

金ごまは白ごまと同じように使えますが、特に煮物や佃煮に加えるとおいしさが引き立ちます。またすりごまにして和え物にすると、料亭のような豊かな味わいに。

見た目が料理の邪魔をしないので、白ごま同様にいろいろな料理に使いやすいですよ!

黒ごま・白ごま・金ごまの違い、まとめ

最後に黒ごま・白ごま・金ごまの違いをまとめましたので、参考にしてくださいね!

  黒ごま 白ごま 金ごま
皮が黒く少し硬め 皮が白く少し柔らかめ 皮が少し茶色がかっていて、柔らかめ。他のごまより高級品扱い
味・香り 香ばしい香りと、ほんの少し苦味が楽しめる 少し甘みがあり、香りはあるがそれほど主張しない 香りと味が豊かで、苦味が少なめ
栄養面 他のごまよりも、皮にアントシアニンが多めに含まれている リノール酸やオレイン酸などの脂質が黒ごまよりも多い 白ごま・黒ごまよりもリノール酸・オレイン酸などの脂質が多い
料理の特徴 香りの強い野菜との相性がよい クセが少ないので、いろいろな料理で使いやすい 白ごま同様にいろいろな料理に使いやすい
おすすめの料理 赤飯
春菊のごま和え
豆乳に混ぜる
おひたしと和える
ドレッシングに少量加える
煮物や佃煮に加える
和え物

ごまをおいしく使い分けて

ゴマには黒ごま・白ごま・金ごまがあり、それぞれに香りや味に特徴があります。

はっきりした見た目と豊かな香り、そして苦味のある独特の味わいを楽しみたいなら黒ごまがおすすめ。料理の見た目をじゃましたくないなら、白ごまが使いやすいですね。味も香りも濃厚な金ごまは、ここぞというときのとっておきに使いたい「ごま」。

どの「ごま」にも独自の特徴があるので、料理や気分にあわせて使い分けましょう!