お好み焼き

お祭りの屋台での定番メニューに、お好み焼きがあります。お好み焼きはお店で食べることもありますし、ご家庭で作るという方も多いのではないでしょうか。

ところでお好み焼きを作る時に、どんな具材を入れてますか?我が家では定番の具材も、実は他では見られないものかも知れないんですよ!

そこで、

  • お好み焼きのおすすめ定番具材
  • その他のおすすめ・変わり種具材

…について紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

お好み焼きのおすすめ定番具材

豚バラ肉

豚バラ肉

地域や家によってお好み焼きの作り方は様々ですが、基本的には次の具材が使われます。

  • 小麦粉(お好み焼き粉)
  • 山芋や長芋
  • 揚げ玉(天かす)
  • 紅しょうが
  • キャベツ
  • 豚バラ肉
  • ソース・マヨネーズ・かつお節・青のり

ここにもあるように「豚バラ肉」を入れたお好み焼きは、「ブタ玉」と呼ばれる定番メニュー。ここに他の具材を組み合わせて、お好み焼きが作られることが多いですね。

【オタフク】10分で完成!フライパンで簡単お好み焼き

*鉄板やホットプレートで約イメージがありますが、フライパンでも焼けるので試してくださいね!

うどん・そば

そば

主に広島で食べられるお好み焼きは、次の具材が定番となります。

  • キャベツ
  • もやし
  • 卵(目玉焼き)
  • 豚バラ肉
  • そば、またはうどん

「そば」焼きそばの麺を使うため、ソースとの相性がバツグン。「うどん」はモチモチ感があり、ボリューム満点でお腹いっぱいに。

広島のお好み焼き店ではそば・うどんを入れるのが定番ですが、抜いて注文することも可能です。

イカ

いか

ブタ玉とともに定番なのが、豚バラとイカが入った「イカ玉」。イカはゲソ(足)を使うこともあれば、胴の部分を使うこともあります。

どちらにしても加熱すると丸くなるので、1センチ幅程度に切ると食べやすくなります。イカが入ると食感も良くなるので、歯ごたえがほしい方におすすめですよ。

エビ

エビ

イカと一緒に入っていることが多いのが、ぷりぷり食感のエビです。エビが入ると旨味もアップし、ちょっと贅沢なお好み焼きになります。

家で作るときはシーフードミックスを使うと、手軽においしく作れますよ。

餅とチーズ

もちとチーズ

すりおろした山芋・長芋を加えることで、お好み焼きはモチモチした食感が生まれます。このモチモチ感をさらに楽しみたいなら、サイコロ状に切った餅とチーズをプラスしませんか?

餅(もち)は味がシンプルなので、どんなお好み焼きの具材と合わせても味を邪魔しません。チーズは塩気があるので豚バラ肉との相性がよく、しかもとろっとした食感がたまらないんですよ。

スポンサーリンク

お好み焼きのおすすめ・変わり種具材

もやし

キャベツの千切りが上手に出来ないという方は、代わりにもやしをつかいませんか?

もやし

もやしなら洗ってそのまま使えますし、面倒ならヒゲを切らなくても大丈夫。キャベツの千切りを加えるように、そのまま混ぜて焼きましょう。

もやしは味がシンプルで、食感がシャキシャキなので意外とお好み焼きにピッタリ。キャベツが高い季節でもお手頃価格なので、たっぷり使ってヘルシーに食べたいですね。

ポテトチップス

ポテトチップス

お好み焼きの生地に揚げ玉を加えると、サクサク感とコクが生まれますよね。実はここにポテトチップスを加えると、さらにサクサク感が!

味は塩味のものが基本となりますが、コンソメ味も相性バツグン。ポテトチップス以外ですと、かっぱえびせんベビースターラーメンもおすすめです。

ツナ

ツナ

豚バラ肉を使うお好み焼きに飽きたときは、ツナ缶を加えませんか?

ツナ缶を使うと食感が柔らかくなり、また味がしっかりしているのでソースは控えめでも大丈夫。油入りのツナ缶の場合、そのまま入れると油っこくなるので切ってから使うのがコツ。

キャベツの代わりにもやしを使えば、包丁を使わないのでお子さんでも作りやすいですね。

キムチと納豆

キムチと納豆

お好み焼きの味付けはソースとマヨネーズのため、どんな具材でも基本的な味は同じになりがち。そこで個性的な味の具材を入れることで、お好み焼き自体に変化を出す方法があります。

個性的な具材でおすすめなのが、刻んだキムチと納豆の組み合わせ。焼いた時に個性的な香りがしますが、マヨネーズとの相性がよくピリ辛の味わいがクセになります。

チーズ・餅・豚バラ肉との相性も良いので、お腹いっぱいの一品にもなりますよ。

切り干し大根

切り干し大根

冷蔵庫にストックしてあるおかずの定番といえば、切り干し大根の煮物ではありませんか?

味がしみて美味しい一方で、作りすぎて余ってしまうことも。そんな切り干し大根の煮物を細かく刻みそのまま加えると、お好み焼きの具材になります。また煮物ではなく水でもどした切り干し大根を使うと、シャキシャキ食感が楽しめますよ!

お好み焼きに、好みの具材を

【関連記事】
お好み焼きとモダン焼きの違いとは?大阪と広島のお好み焼きの違いも!

お好み焼きは焼きたてがおいしく、また1枚でお腹いっぱいになるメニューです。それだけに中に入れる具材はこだわりたいですが、基本的にお好みの具材を入れれば大丈夫。

定番は豚バラ肉やイカですが、お肉多めや野菜多めでも美味しいお好み焼きになりますよ。また意外な具材を入れてもおいしく、お好み焼きの懐の深さに驚くことも。

いつものお好み焼きに飽きたときは、ちょっと変わった具材を入れて楽しんでみませんか?