流石!

本語の中には、漢字の読みが難しいものがあります。漢字から推測できればいいのですが、時には全く違う読みをするものもありますよね。

普段何気なく使っている言葉にも、実は漢字と読みが繋がらないものがありますが、その中の一つが「流石」です。

読み方も気になりますが、「流石」という言葉にはどんな意味があるのでしょう?

そんな「流石」の読み方や意味、由来、そして使い方も例文を交えて紹介します

スポンサーリンク

流石の読み方や意味は?

「流石」の読み方は「さすが」です。「りゅうせき」ではないので気をつけてくださいね。

流石!と感嘆する

その「流石」の意味は、次のものとなります。

  1. 予想通りあるいは期待通りの結果となり、そのことに感心する。
  2. 自分が予想していた通りになり、そのことについて納得する。
  3. その内容は認めるが、肯定したくない。そのことに対して反する気持ちを表す。

1番と2番は、相手を肯定し褒めるときに使われる言葉。3番は、相手や物事は肯定したいが気持ちとしては認めたくない。あるいは物事自体が良いものとは言いたくないため、褒めつつも否定したいときなどに使われます。

一見するとどれも相手を褒めたり、肯定するときに使う言葉ではあります。しかし発言の前後や内容を確認しないと、相手への皮肉や否定の意味で使っていることもあります。

相手から言われたときや自分が使うときは、意味を理解した上で上手に使いたいですね。

流石の言葉の由来は?

中国の故事から

流れる川にある石

流れる石と書いて「さすが」と読み、感心したり少し反発する意味を持つのはどうしてなのでしょうか。それは古代中国のある故事が元になっているからなんです。

もともと中国には、「枕石漱流」(ちんせきそうりゅう)という四字熟語がありました。その意味は「石を枕にして眠り川の水で口を漱ぐ(すすぐ)ような、世俗から離れて暮らす」というものです。

ある時、孫楚という政治家が、一線を退きたいと友人に悩みを打ち明けました。その時、間違って「漱石枕流」(そうせきちんりゅう)と言ってしまいます。

友人が「それは枕石漱流では?」と指摘したものの、孫楚は反発してしまいます。

「川の流れを枕にするのは耳をきれいにしたいから(=枕流)。石ですすぐのも歯を磨きたいからだ!(=漱石)」

それを聞いた友人は、うまいことを言ったものだと、あきれつつも関心しました。

このことから「枕石漱流」とは別に、「漱石枕流」という四字熟語も使われるように。そしてこの四字熟語から2文字をとった「流石」を、感心や反発しつつも認める意味として使うようになったんですね。

ちなみに、何故「流石」と書いて「さすが」と読むのか?ですが、日本に「そうはいっても」という意味の古語で「しがすかに」という言葉があったことからきています。この「しがすかに」が変化して「さすがに」となり、ここに中国から伝わった「流石」を当てはめたというわけです。

そのため音と読みが合わない、当て字となってしまったんですね。

あの文豪のペンネームにも

「漱石枕流」という字を見ると、あの夏目漱石の「漱石」だと気づいた方もいるかもしれませんね。

実は夏目漱石はペンネームで、この漱石枕流の逸話から「漱石」の名前を頂いたものなんです。由来を知った上で使ったとは思いますが、選び方が面白いですね。

スポンサーリンク

流石の使い方は?

流石の使い方は、大きく分けると

  • 「肯定的な意味」
  • 「やや否定的な意味」

に別れます。

予想通り素晴らしい

肯定的な意味では、次のように使われます。

  • いくつも賞を受賞しただけあって、あの料理人の料理は流石の味だった。
  • 流石、名探偵!迷宮入りかと思われた事件をあっという間に解決!

名探偵も料理人も、事前に素晴らしい能力を持っていることは知っていました。その上で実際にその素晴らしさを目にして感心したときに、「流石」と使うんです。

すごい!さすが!

すごいけれど

一方で流石には、やや否定的な表現として使われることがあります。

  • 流石の名医でも、恋の病は治せないだろう。

ここでは名医ではあるがそれでも治せないものがあると、やや否定した表現になります。

  • 筆が早いと言われる作家でも、流石に一晩で作品を仕上げるのは無理だった。

こちらでも作家の能力は認めるものの、そもそも無理だったということを表現しています。

また相手に皮肉を言いたいときにも、流石という言葉が使われます。

  • 事件があるときにしか役に立たないなんで、流石、探偵さんといったところですね。

こちらでは探偵に対して役立たずだと、遠回しな表現として使っています。

流石と言われるように

「流石」という文字だけを見ると、「さすが」とは読みにくいかと思います。しかしこれは当て字なので、そういうものだと割り切りましょう。

四字熟語を言い間違えたことから生まれた「流石」は、相手の素晴らしさを褒めるもの。その一方ですごいけれど反発したいときなどに、皮肉を込めて使われることもあります。

意味や使い方に注意して使えば、きっと相手も「流石」と褒めてくれますよ!