合格祈願のお守り

お寺や神社を訪れた時に、お守りを買ったことがある方は多いのではないでしょうか。受験や就職などで、お守りをいただくこともありますよね。

そんな大切なお守りですが、いつまで私達を守ってくれるものなのでしょうか。またお守りを処分する時は、どのようにすればよいのか気になりませんか?

そこで、「お守り」を処分するタイミングや処分する際の様々な方法について紹介します。

スポンサーリンク

お守りを処分するタイミングは?

お守りの効果はいつまで?

お守りには、家内安全・交通祈願・合格祈願・安産祈願など・・・様々な種類があります。

そんなお守りですが、実は私達を守ってくれる効果は基本的に1年とされています。

とは言え、1年過ぎれば効果が急になくなるわけではありません。1年も経てば汚れや傷みが出てきますし、徐々にお守りの効果が失われるもの。そのため1年をめどに新しいお守りと交換することで、常にお守りの効果が得られるとされているんですね。

お守り

1年未満でも処分しても良いタイミングは?

安産祈願や合格祈願などの特定の目的のお守りに関しては、願いがかなった時が処分するタイミング。1年未満でも願いが叶えば役目を果たしたことになるので、感謝をしつつ処分しましょう。

ただし、縁結びや病気平癒などで、1年が過ぎてもお守りが必要な時もありますよね?その時は1年をめどに新しいお守りにすることで、さらなるご利益が期待できますよ。

お守りを処分する方法

入手した神社やお寺へ返納

役目を果たしたお守りは、基本的には購入した神社やお寺へ返しましょう

この時「処分」とは言わず、

  • 「お守りをお返しする」
  • 「お守りを返納する」

というようにするとよりスマートです。

大きい神社やお寺の場合、古札納所(こさつのうしょ)・お焚き上げ場として箱や場所が用意されていることが。そこに頂いたお守りを納め、その後はお賽銭を入れて神様や仏様に感謝するようにしましょう。

ただし古札納所やお焚き上げ場は、年末年始だけ設置されている場合もあります。もし見当たらない場合は社務所や拝殿などの、お守りを扱っている場所で聞いてみましょう。

その場で返納を受け付ける場合もあれば、特定時期だけ受け付ける場合や拒否されることも。神社・お寺によって対応は様々なので、わからない時は必ず確認しましょう。前もって確認しておくとより安心ですね。

郵送で返納

旅行土産で頂いたお守りの場合、直接返納できない場合もありますよね。

しかし、神社やお寺によっては、郵送での返納を受け付けてくれることがあります

この時に初穂料やお布施が必要な場合もあり、目安となる金額が公式サイトに書かれていることもあります。もしも金額が書かれていない場合は、お守りを購入した金額~1000円前後をお渡ししましょう。

ちなみに封筒に直接現金を入れて送ることは、法律で禁止されています。郵便局で「定額小為替」を購入して同封するか、「現金書留」を利用してお金とお守りを一緒に送りましょう。

スポンサーリンク

地元の神社やお寺で

遠方の神社やお寺のお守りを、地元の神社やお寺で引き受けてくれる場合もあります。

この場合必ず神社やお寺の方に了解を得た上で、直接お渡ししたり、古札納所(こさつのうしょ)などに納めましょう。

ここで注意してほしいのは、

  • お寺のお守りはお寺へ
  • 神社のお守りは神社へ

お返しすること。

神社は神様をおまつりするところで、お寺は仏様をおまつりするところ。神様と仏様は違う存在ですので、間違えるとバチが当たるかもしれませんよ。

お守りを購入するところ

自分で処分する方法

神社やお寺にお返しするのが難しい場合は、自宅で処分する方法もあります。

まずは、次のものを用意しましょう。

  • 白い半紙(または白いコピー用紙)
  • 粗塩
  • (可能であれば)ライターやマッチなどの火をつけるもの

自宅で処分する方法は、次の通りです。

  1. お守りを半紙(またはコピー用紙)で包みます。
  2. 感謝の気持を込めながら粗塩を軽くふりかけます。
  3. 燃やせる環境がある場合は半紙ごと燃やし、灰を水で流します。
  4. 燃やせない環境の場合は、感謝を込めつつゴミとして捨てます。

お守りを燃やすことでお清めの効果となるため、できれば燃やしたほうが安心です。ゴミとして捨てる場合は抵抗があるかもしれませんが、清めの粗塩と感謝の気持ちがあれば大丈夫ですよ。

無理に処分しなくてもいい

もしもお守りが大切な思い出の品である場合は、無理に捨てなくても大丈夫です

お守りとしての効果はやがてなくなりますが、その場合は新しいお守りを用意しましょう。

思い出を大切にする気持ちがあるなら、神様や仏様もきっと喜んでくれますよ。

感謝とお礼を込めて

守りの効能は一年程度で、願いがかなった時点で効果が薄れるとしています。そのため古くなったお守りは、神社やお寺にお返しして新しいお守りと交換するとより安心です

基本は手に入れたお寺や神社へ、難しい場合は地元の神社などに相談してお返ししましょう。また自宅で処分することも可能ですし、思い出の品ならあえて手元に残しておくのも素敵です。

お守りを手放す時は、今までのお礼と感謝を伝えるとより良い幸運にきっと恵まれますよ!