地鎮祭

婚葬祭のときには、それなりの服装が求められます。結婚式ではフォーマルな服装が求められますし、葬式の場合は喪服を着用するのが一般的ですよね。

一方でめったに無いことなので悩んでしまうのが、家を建てる時に行う「地鎮祭」での服装のこと。どこまでの服装が求められるのか、また気をつけたい点などはあるのでしょうか?

そこで、地鎮祭での服装のポイントやどんな服装が良いか?についてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

地鎮祭の服装のポイント

きちんとした服装で

地鎮祭の準備

地鎮祭(じちんさい)とは、家やビルを建てる前に神主さんを呼んで神前式の儀式を行うもの。土地神様に土地を使う事を報告し、家の繁栄を願うんです。

地鎮祭は名前に「祭」とあるように、冠婚葬祭にあたるもの。儀式の中で神様にお願いをし、またご近所に挨拶をする部分もあります。

そんな時にサンダル履きにTシャツですと、最初の印象が悪くなってしまいますよね?また、大工さんなども参加することがありますし、そこで適当な服装というのも失礼にあたります。

地鎮祭では人前に出るのに恥ずかしくない、きちんとした服装で参加しましょう

地鎮祭ではどんな服装がよい?

地鎮祭での男性の服装は?

個人宅で地鎮祭を行う場合、男性はきちんと感が出ている服であればスーツでなくても構いません。

例えば、

  • シャツ + チノパン
  • ジーンズ + スニーカー

といった組み合わせを。

は派手で明るいものは避け、白・紺・グレイを中心とした落ち着いた色彩でまとめましょう。

また、足元は土のことがほとんどでしょうから、施工主の場合、地鎮祭ではスコップで土を掘り起こすことも。そのため足元が汚れても大丈夫で、少し動きやすさも考えたキレイめのスニーカーがおすすめです。

であれば「半袖のポロシャツ」に変えてもいいですし、ならこの上に「コート」を羽織ってもOK。ジーンズはダメージジーンズではなく「スリムジーンズ」を選び、七分丈やハーフパンツは避けましょう。

またジャージや上下のスウェットといった服装は、だらしない印象となるのでやめましょう。

地鎮祭を執り行う

地鎮祭での女性の服装は?

女性が地鎮祭に参加する場合も、フォーマルな装いでなくても大丈夫です。足元を考えて「スニーカー」を履くのであれば、それに合わせて「ジーンズ」や「チノパン」もいいですね。

上は男性同様「シャツコーデ」でもいいですし、「ブラウス + カーディガン」の組み合わせも。スカートを合わせる場合は膝上丈は避け、キレイめコーデのしやすい「Aラインのスカート」がおすすめ。

また「ワンピース」に「ジャケット」をあわせたり、「ブラウス + カーディガン」を合わせるのも素敵です。色合いは男性同様、ダークカラーに白系シャツの落ち着いたものにしましょう。

はどうしても薄手になりがちで、肌の露出も増えがち。しかし神様の前に出ることを考えて、ブラウス・シャツに「薄手のカーディガン」で肌を出さない工夫を。

は短時間でも外にいると冷えるので、暖かい日でも「コート」と「ブーツ」で防寒対策はしっかりと。「貼るタイプのカイロ」をおへそ周りに一枚貼ると、内側からポカポカしてきますよ。

スポンサーリンク

子供の服装はどうする?

子供に関しても大人同様の服装で問題ないですし、あるいは制服でも良いですね。

小さいお子さんは派手なキャラクターデザインでなければ、普段どおりでも大丈夫です。

会社で参加する場合

男性は?

自社関係での地鎮祭の場合、男性は基本的に会社で着用しているスーツで参加となります。ネクタイに関しては紺系の地味なものを選び、足元もいつもの革靴で。

作業服が用意されている会社であれば、作業服でという指示もあるかも知れません。

女性は?

女性に関しては、会社で制服が支給されているなら、その制服で参加が基本となります。制服がない場合はオフィス用スーツか、紺などのダークカラーでまとめたオフィス服で参加しましょう。

夏場でもなるべくストッキングは着用し、足元はフラットシューズか低めのヒール靴やローファーを。服装規定が特にない自由な職場でも、地鎮祭のときはきちんとコーデを心がけましょう。

地鎮祭の服装は動きやすさときちんと感を

【関連記事】
地鎮祭を執り行う流れと準備について。初穂料の金額の相場は?

を建てることは一生に一度あるかどうかという、とても大きな出来事です。その家を建てるときの最初に行う地鎮祭は、神様に家の繁栄をお願いするもの。

その時に適当な服を選んでしまうと、神様から「大丈夫かな?」と思われるかもしれませんよ。

地鎮祭ではこれという決まった服装はありませんが、神様やご近所さんにだらしなく思われない服装を。その上で動きやすさと足元に強い服装を選べば、きっとこの先も素敵な家で暮らせますよ!