★りんごのすべて~お花見から収穫まで~

からにかけて旬を迎える果物の一つに、りんごがあります。シャクシャクした食感と甘みが、とてもおいしいですよね。

そんなりんごには、「いいりんごの日」「長野県りんごの日」という、2つのりんごにまつわる記念日があります。

それぞれの記念日の日付や、またどんな由来があるのか気になりませんか?

そこで、

  • いいりんごの日の由来
  • 長野県りんごの日の由来
  • その他のりんごに関係する記念日

…についてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

いいりんごの日の由来は?

いいりんごの日とは?

木になるりんご

「いいりんごの日」11月5日。2001年(平成13年)に青森県が制定しました。

青森県はりんごの名産地で、生産量も日本一。その生産量は、日本全体の約半分を占めているほどです。

そんな青森のりんごをもっと食べてもらおう、そして世界中に知ってほしい。このような理想を掲げて、2001年に青森県では「21世紀青森りんご行動計画」がスタートしました。

その一環で誕生したのが、「いいりんごの日」なんですよ。

いいりんごの日はなぜ11月5日?

ところでなぜ11月5日が、「いいりんごの日」に選ばれたのでしょうか。その理由は、日付の語呂合わせにあります。

11は「いい」と読めますし、りんごの「ご」は「5」につながります。これらをあわせて、「いい(11)+りんご(5)」という語呂合わせに。

語呂からも覚えやすい日付ですし、11月はりんごのおいしい時期でもあるので、11月5日が選ばれたんですね。

長野県りんごの日の由来は?

長野県りんごの日とは?

りんご3つ

りんごに関係する記念日には、もうひとつ11月22日「長野県りんごの日」があります。

こちらは、JA全農長野が1999年(平成11年)に制定したもの。その4年後の2003年に「日本記念日協会」に認定され、記念日として知られるようになりました。

長野県は、りんごの生産量が日本で2番目に多い県です。そして市町村別で見た場合でも、長野県長野市は日本で2番目に生産量の多い市町村(1位は青森県弘前市)となります。

青森はりんご王国として有名ですが、長野県のりんごも生産量が多くておいしいんですよ!

そんな長野県のりんごの主な生産品種は、日持ちしやすく甘みの多い「ふじ」という品種。この「ふじ」の品質の良さと美味しさを知ってほしいということで、11月22日が「長野県りんごの日」に制定されました。

長野県りんご日はなぜ11月22日?

11月22日が「長野県りんごの日」に制定されたのは、いくつもの語呂合わせが重なるからです。

1つ目は、長野県で生産される「ふじ」にかけたもの。22は「ふじ」とも読めることから、いいふじと語呂合わせして「11月22日」が選ばれました。

2つめは「いい夫婦の日」と、りんごが関係する逸話を絡めたもの。いい夫婦の日は11月22日で、こちらも「11・22」が「いい・夫婦」と読めることから制定されました。

【関連記事】
11月22日のいい夫婦の日とはどんな日?わくわくするイベントも満載!

そして“りんごと夫婦”といえば、旧約聖書の創世記にある「アダムとイブ」の話があります。アダムとイブは人類最初の夫婦。楽園で暮らしていましたが、ある時神様から食べることを禁じられていた「禁断の木の実」を食べてしまいます。

その結果、二人は楽園を追放され、寒さや飢えのある地上で生きることに。この木の実が「りんご」ではないかと一般的に伝えられています。

そのため、

  • アダムとイブは人類最初の「夫婦」
  • そのアダムとイブの話にでてくるのが“りんご”
  • 「いい夫婦の日」(アダムとイブにちなんで)は11月22日

といった繋がりから、11月22日をりんごの日としたというわけですね。

スポンサーリンク

他にもあるりんごに関係する記念日は?

弘前市りんごの日

りんご生産量日本一の青森県の中で、弘前市は県内一の生産量を誇ります。そんな弘前市では、毎月5日「弘前市りんごの日」としています。

これは弘前市が2007年(平成19年)に制定した、「弘前市りんごを食べる日を定める条例」によるもの。この一環で毎月5日をりんごの食べる日としました。

弘前市りんごの日にまつわるイベントとしては、

  • 親子で楽しめる料理教室
  • 「弘前ねぷたまつり」(8月)でのりんごの無料配布
  • 「弘前城菊と紅葉まつり」(10月~11月)でのりんごの無料配布

などが行われています。

沢山のりんご

ひろさきふじの日

弘前市が関係しているりんごの記念日には、10月1日「ひろさきふじの日」があります。

「ひろさきふじ」とは「ふじ」系統のりんごで、「ふじ」よりも早く旬を迎える特徴が。また実が柔らかく蜜入りで甘く、「夢ひかり」というブランド名でも出荷されています。

この「ひろさきふじ」の知名度アップのために作られたのが、「ひろさきふじの日」。つがる弘前農業協同組合・ひろさきふじの会というところが制定しました。

10月1日になったのは、毎年この日に初セリをむかえるからなんですね。

産地と品種でりんごを食べ比べ

秋から冬にかけて出回る「りんご」はおいしく、果物の代表格とも言えます。また味も甘いものから爽やかな酸味があるものや、食感も柔らかいものやしゃきしゃきした品種も。

そんなりんごには、

  • 11月5日の「いいりんごの日」
  • 11月22日の「長野県りんごの日」

と2つの記念日があります。

どちらもりんごのおいしさを知ってほしいために制定されたもの。他にも弘前市ではりんごにまつわる記念日がいくつかありますが、いずれも素敵な記念日ですね。

そんな、りんごにまつわる記念日では、全国いろんな産地のりんごを食べ比べてみませんか?